S2000 Digital Owner's Manual
このマニュアルの見方
安全ドライブのための必読ポイント
車を運転する前に
車を運転するときに
安全装備
ドライブを快適にする装備
万一のとき
車の手入れ
車との上手なつきあいかた
サービスデータ

バッテリーあがりのとき


次のようなときは、バッテリーあがりです。
スターターが回らないか、回っても回転が弱くエンジンがかからない。
ライトがいつもより極端に暗かったり、ホーンの音が小さい。

●処置のしかた
安全のため、押しがけはしないでください。
救援車のバッテリーを利用してエンジンを始動させます。

ブースターケーブルを次の順番でつなぎます。
  1本目    
    自車のバッテリーの(+) 端子
    救援車のバッテリーの(+)端子
  2本目    
    救援車のバッテリーの(−)端子
    自車のインテークマニホールド

救援車のエンジンを始動し、回転数を少し高めにします。
自車のエンジンをかけます。
ブースターケーブルをつないだときと逆の順番で外します。
ホンダ販売店や最寄りのガソリンスタンドなどで点検を受けてください。

警告
バッテリーを取り扱うときは次のことを必ず守ってください。
バッテリーから発生する可燃性のガスに引火すると爆発のおそれがあります。
バッテリー液が不足しているときは、エンジンの始動または充電を行わないでください。
火気を近づけないでください。
帯電した体でバッテリーに触れないでください。
換気に十分注意し、換気の悪い場所では充電を行わないでください。
バッテリーを充電するときは、すべてのキャップを外してください。
ブースターケーブルをつなぐときは次のことを必ず守ってください。火花が出て、バッテリーから発生する可燃性のガスに引火すると爆発のおそれがあります。
自車のバッテリーの(−)端子に直接ケーブルをつながないでください。
(+)端子と(−)端子を間違えないでください。
ケーブルの先端どうしを接触させないでください。
バッテリー液は希硫酸です。目や皮ふに着くとその部分が侵されますので十分注意してください。
万一、付着したときはすぐに多量の水ですくなくとも5分間以上洗浄し、飲み込んだときはすぐに多量の飲料水を飲んでください。応急処置後は、専門医の診察を受けてください。

知識
バッテリー液が不足しているときは、使用しないでください。
バッテリー内部の劣化の進行が促進するおそれがあります。
ブースターケーブルのクリップは、エンジン始動時などの振動で外れたりしないように確実に固定してください。
また、ブースターケーブルが冷却ファンやベルトに巻き込まれないように十分気をつけてください。
救援車には、12Vのバッテリーを装着している車を使用してください。

「電気系統が異常のとき」のPDFファイルをダウンロード(672KB)