自由研究

ロックキャンディーをつくろう

砂糖水をコップに入れておいたら、小さな結晶けっしょうがたくさんできていたよ。つぶをよく見るとグラニュー糖やザラメに似ている。グラニュー糖やザラメ、氷砂糖も砂糖の結晶けっしょうなのかな? 結晶けっしょうを観察してみよう。
対象学年
実験
ロックキャンディーをつくろう

用意するもの

用意するもの
①グラニュー糖 3カップ ②水 1カップ ③計量カップ ④なべ(片手なべが便利) ⑤耐熱性たいねつせいのヘラ(または木べら) ⑥耐熱性たいねつせいのコップ ⑦木製スティック(直径3ミリメートル以上×長さ12センチメートル程度) ⑧洗たくバサミ 2個 ⑨ラップ
実験の前に必ず石けんで手をよく洗いましょう。
火を使う時や砂糖を熱湯でとかした溶液ようえきをあつかう時は、やけどに気をつけて、大人の人に手伝ってもらいましょう。
スティックの先がとがっている場合はカットしておきましょう。

実験のやり方

スティックの下半分を水でぬらし、グラニュー糖(分量外)をまぶす。

なべに水1カップを入れて火にかけ、沸騰ふっとうしたらグラニュー糖3カップを加え、かき混ぜながらとうめいになるまで完全にとかす。この時、絶対にこがさないように注意しよう。こげそうになったら火を止めよう。

②をコップに入れる。

スティックの上部を左右から洗たくバサミではさんで③にセットする。スティックがコップの底や内側につかないように固定しよう。

ほこりが入らないようラップをかぶせ、じゃまにならないところで動かさずに2週間ほど置いた後、スティックを取り出す。
※砂糖水の表面が固まっていたら、それをくずしてから取り出そう。
※底の方で固まって取り出しづらい場合は、コップの底をお湯で温めるといいよ。
※もっとボリュームを出したいときはさらに時間を置こう。
やってみよう
  • 砂糖の結晶けっしょうを成長させて氷砂糖を作ってみよう。
監修かんしゅう

L-Kids Lab

東京都文京区にある、就学前から中学生を対象とした子どものための科学体験ラボです。科学遊びをツールとして、生きる力や知恵を引き出したいと思っています。泊まりでの自然教室も長野県を中心に行っています。