自由研究

音としんどうの関係

物がふるえると、いろいろな音がするよ。
どんなしんどうが、どんな音になるのか、いろいろ調べてみよう。
空き箱と輪ゴムを使った楽器もつくってみよう。
対象学年
じっけん
音としんどうの関係

用意するもの

用意するもの
はさみで切るときにケガをしないように注意しましょう。
あまり力強く行うと、われたり、こわれたりしてしまうことがあるので、ちょうどいい力で行いましょう。
音を出すときは、まわりの人にも気をつかい、あまりうるさくならないようにしましょう。

じっけんのやりかた

どんなしんどうが、どんな音になるかな?

プラスチックのものさしのしんどうの音。

プラスチックのものさしのしんどう
①つくえのはしに、ものさしが半分くらい出るようにして、しっかりとおさえる。
②出ているものさしのはしの部分を指でそっとはじいてみよう。
③出ている部分の長さをいろいろ変えてはじいてみよう。
※わりばしや竹ぐしでもやってみよう。

こすり合わせたときのしんどうの音

こすり合わせたときのしんどう
①図のようにペットボトルの胴体の部分を、はば2cm長さ10cmくらいに切り取る。
※切るときや、切り口には気をつけよう。
②キャップのギザギザの部分に切り取ったものをこすってみよう。
③こすりつける速さを変えたり、持つ位置を変えたりしてみよう。

ゴムのしんどうの音

ゴムのしんどう
①箱に輪ゴムをかける。
※全部ふさがっている箱を使う場合は上を切り取ろう。
②指でそっとはじいてみよう。
③輪ゴムを引っぱったりゆるめたり、輪ゴムの太さを変えたりしてはじいてみよう。

声のしんどう

声のしんどう
①口の前にプラスチックのコップを持ってくる。
②高い声や低い声を出してみよう。
※あまり大きな声を出さなくてもいいよ。
やってみよう
  • しんどうを利用して、かんたんな楽器をつくってみよう。
監修かんしゅう

L-Kids Lab

東京都文京区にある、就学前から中学生を対象とした子どものための科学体験ラボです。科学遊びをツールとして、生きる力や知恵を引き出したいと思っています。泊まりでの自然教室も長野県を中心に行っています。