自由研究

曲がる光のふしぎ

スプーンでジュースや水をまぜると、コップの中のスプーンがずれて見えることがあるよ。
本当はまっすぐなのに、どうしてずれて見えるのだろう?
対象学年
じっけん
フレッシュチーズをつくろう

用意するもの

用意するもの
水や絵の具などをこぼさないようにしましょう。
かい中電とうの光を直せつ見ないようにしましょう。

じっけんのやりかた

画用紙切る
色画用紙を、かい中電とうに2周くらいまきつけられる大きさに切る。長さは、かい中電とうが小さいサイズならそれと同じくらい、大きめのものならかい中電とうの長さの半分くらいにしよう。

ライトの部分がかくれるようにして、画用紙をかい中電とうに少しきつめにまき、セロハンテープでしっかりととめる。

先をつぶす
まきつけた画用紙の先の方をつぶして、細い光のおびが出るようにしよう。

水そうの中に、水を八分目くらい入れる。

水そうの水に、白色の絵の具(または牛にゅうやぼくじゅう)を少しまぜる。光が進む様子が分かるように、色がうすすぎたら絵の具を少しずつ足して調整しよう。

水槽に光あてる
水そうの水にかい中電とうの光をあてよう。上から、ななめから、横からなど、いろいろな場所からあててみよう。水そうの向こうがわがすけて光が見えづらい場合は、画用紙などの紙で外がわをおおうと見やすいよ。

分度器ではかる
かい中電とうの光が、まっすぐに進まずに下がわにおれ曲がるよ。光がどれくらい曲がっているか、分度器で角度をはかってみよう。
やってみよう
  • 水の外から光をななめにあてると、水面でおれ曲がって進む。では、えき体の中で光を曲げるにはどうすればいいか調べてみよう。
監修かんしゅう

L-Kids Lab

東京都文京区にある、就学前から中学生を対象とした子どものための科学体験ラボです。科学遊びをツールとして、生きる力や知恵を引き出したいと思っています。泊まりでの自然教室も長野県を中心に行っています。