自由研究

カタツムリのうんち

うんちを見るとからだのようすがわかるってほんとう? 何がわかるのかな?
カタツムリは食べたものによって、うんちの色がちがうんだって!
よそうをして、しらべてみよう!
対象学年
かんさつ
カタツムリのうんち

用意するもの

用意するもの
①カタツムリ3ひき ②いろいろな色の野さい ③しいくケース(とうめいなフタつき容器ようき)3つ ④きりふき
しいくケースは風のよく通る日かげにおきましょう。
ときどき、きりふきで水をかけましょう。
カタツムリをさわったあとは、かならずせっけんで手をあらいましょう。
カタツムリのケースをあらった水は、台所でながさないようにしましょう。

じっけんのやりかた

カタツムリを3びきよういし、しいくケースに入れ、それぞれにばんごうをつけよう(1つのケースには1ぴきのカタツムリを入れよう)。
カタツムリを3びきよういし、しいくケースに入れ、それぞれにばんごうをつけよう(1つのケースには1ぴきのカタツムリを入れよう)。

何色の野さいを食べたら、何色のうんちをするかな? よそうをして、あたえる野さいをきめよう。たとえば、にんじん→オレンジ色うんち、ダイコン→白色うんち、赤ミニトマト→赤色うんち、ホウレンソウ→みどり色うんち、黄パプリカ→黄色うんち、ナス→むらさき色うんちと、よそうしたら、いちどに1つずつの野さいをあたえて、うんちの色をかんさつしよう。次の野さいをあたえる前に、しいくケースを水であらおう。
何色の野さいを食べたら、何色のうんちをするかな? よそうをして、あたえる野さいをきめよう。
たとえば、
にんじん→オレンジ色うんち、ダイコン→白色うんち、赤ミニトマト→赤色うんち、ホウレンソウ→みどり色うんち、黄パプリカ→黄色うんち、ナス→むらさき色うんち
と、よそうしたら、いちどに1つずつの野さいをあたえて、うんちの色をかんさつしよう。次の野さいをあたえる前に、しいくケースを水であらおう。

1日目…何もあたえない。
1日目…何もあたえない。

2日目の朝…しいくケースをあらってから、ダイコンをあたえよう。
2日目の朝…しいくケースをあらってから、ダイコンをあたえよう。

3日目の朝…ダイコンをとりだして、次の日の朝まで何もあたえない。その日にしたうんちの色をかんさつして、きろくする。きろくする時はサイズがわかるもの(じょうぎや1円玉など)をいっしょに写すといいよ
3日目の朝…ダイコンをとりだして、次の日の朝まで何もあたえない。その日にしたうんちの色をかんさつして、きろくする。きろくする時はサイズがわかるもの(じょうぎや1円玉など)をいっしょに写すといいよ

しらべたい野さいの数だけつづけよう。ほうほうは3〜5をくりかえす。カタツムリは、「かんそう」「あつすぎる」「さむすぎる」がにがて。ときどき、きりふきしながら、15〜30どでかんさつしよう。
しらべたい野さいの数だけつづけよう。ほうほうは3〜5をくりかえす。カタツムリは、「かんそう」「あつすぎる」「さむすぎる」がにがて。ときどき、きりふきしながら、15〜30どでかんさつしよう。
やってみよう
  • カタツムリは、食もつせんいを消化しょうかできるので、しんぶんしやティッシュペーパーも食べるよ。ティッシュペーパーに食べになどで色をつけてあたえてみよう。うんちの色はどうなるかな?
はってん

自分のうんちをかんさつしよう!

トイレでうんちをしたら、どんなうんちが出ているか見てみよう。
1~2しゅうかんほど、食べたものと、うんちのようすをきろくしてみると、自分の体のことがわかるようになるよ。

きろくすること:ひづけ(ようび)、てんき、うんちが出た時間、うんちのようす(色・かたさ・じょうたいなど気づいたこと)、何時に何をどのくらい食べたか、自分のけんこうじょうたいや気分も書いておこう。気づいたこと、ぎもんなどを書いてまとめよう。
おうちの方へ

健康なヒトのうんちが茶色っぽいわけ

胆のうは、食物の脂肪を分解して、腸で吸収できるようにするほか、血液の中の古くなった血球などを肝臓で分解して、胆汁として排泄するはたらきがあります。胆汁のビリルビンが腸内細菌によって、代謝されてウロビリノーゲンとなり、最終的に小腸で吸収されず酸化されたウロビリノーゲンがステルコビリンとなって、うんちの色を決定します。摂取した食物によって、色調は変わりますが、一般に動物性タンパクを多く食する褐色がかり、反対に穀物、豆類、野菜類を多く摂取すると黄色がかります。この物質はうんちの酸・アルカリ度に対応して、酸性なら黄色味を帯びたオレンジ色、アルカリ性なら黒ずんだ茶褐色になります。
健康なヒトのうんちが茶色っぽいわけ
古くなった赤血球(ヘモグロビン)が茶色い色素に変化
<うんちの色:参考>
黄色味を帯びたオレンジ色(酸性)…野菜、果物の取り過ぎ
黒ずんだ茶褐色(アルカリ性)…動物性の取り過ぎ
その他…身体に異変の可能性

理想的な色は黄褐色~茶色とされています。匂いの原因物質は、インドール、スカトール、硫化水素などの混合したものです。
監修かんしゅう

L-Kids Lab

東京都文京区にある、就学前から中学生を対象とした子どものための科学体験ラボです。科学遊びをツールとして、生きる力や知恵を引き出したいと思っています。泊まりでの自然教室も長野県を中心に行っています。