自由研究・くずやさいをそだてよう(低学年向け)

だいどころでのこった、くずやさいをもらって、水につけてみよう。すぐにめが出て、はっぱもついて、どんどんそだつよ!

よういするもの

よういするもの

ちゅうい! くずやさいをつかうときは、おうちの人にきいてからよういしましょう。そだてたやさいのめやはっぱは、たべられるものとたべられないものがあります。たべるときは、おうちの人に聞いてからにしましょう。じっけんは水のこぼれてもいいばしょで行いましょう。

じっけんのやりかた

1 いれものに水を入れて、やさいくずの切ったところを水につけよう。3 日の当たるところにおく。2日に1回、水を新しいものにかえよう。5 10日もたつと、めがのびて、はっぱがはえる。
2 ニンニクは、竹ぐしをさして、ぼこっとしている部分を下にして、水につけよう。4 2、3日でめが出てくるよ。

やってみよう

1 水につけるばしょによって、やさいくずにめが出たり出なかったりするかしらべてみよう。

2 やさいくずが大きいときと、小さいとき、はっぱのそだち方にちがいがあるかくらべてみよう。

まとめてみよう

まとめ

教材提供 : Gakken

おうちの方へ

水につけるだけで、くず野菜が芽を出し葉をのばしていきます。成長も早く、日々変化していく姿に、お子様は目をみはるでしょう。おうちで簡単に準備でき、観察も容易な実験です。

このページのトップ
自由研究 一覧へ戻る