• 8つの先進機能

歩行者との衝突を回避支援。

歩行者事故低減ステアリング

■動画は、レジェンドの説明動画となります。

ミリ波レーダーと単眼カメラで、路側帯の歩行者や車線などを検知。
歩行者側の車線を逸脱し、歩行者との衝突が予測された場合に、ディスプレイ内の表示と音で警告。
さらにステアリングを回避方向へ制御することで、ドライバーの回避操作を促します。

ミリ波レーダーと単眼カメラ

機能説明イラスト

(約58KB)

快適にお使いただくために、お伝えしたいこと。

このようなシーンでは、システムが作動しない場合があります。

(1) 歩行者が認識できないとき

歩行者の一部(頭や手足など)が 服装や荷物等によりかくれているとき

歩行者の一部(頭や手足など)が 服装や荷物等によりかくれているとき

歩行者が前かがみやしゃがんだ姿勢など、歩いている体勢でないとき

歩行者が前かがみやしゃがんだ姿勢など、歩いている体勢でないとき

(2) 車線が見えないとき

線が薄くなっている

線が薄くなっている

陰に隠れている

陰に隠れている

(3) 道路形状

車線が実線でない

車線が実線でない

直線路以外

直線路以外

右記下記の状態では
システムが作動しません。

(1) ワイパーを連続で作動させているとき

(2) 方向指示器(ウインカー)を出しているとき

■各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。

■歩行者事故低減ステアリングは、約10km/h~40km/hで走行中に、システムが歩行者側への車線逸脱と歩行者との衝突を予測した場合に、ステアリング操作による回避を支援します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

ご使用の前に、必ず取扱説明書をお読みください。

取扱説明書