ホーム > おすすめ野菜広場 > 菜園の広さから探す

おすすめ野菜広場 家庭菜園向きの人気野菜のつくりかたをご紹介。さあ、あなたはどの野菜をつくりますか?

一覧へ戻る

菜園の広さから探す

種類を選べば、野菜づくりはどんな広さでも可能です。ひとの野菜が占める面積は、野菜ごとにある程度決まっています。

広いスペースが必要な野菜

ツルや葉が伸びて大株に育つ野菜は、たっぷりスペースをとって伸び伸び育てましょう。

トマト
植えつけ:4月下旬〜5月下旬

広い範囲に根を張るので、50〜60cm四方が必要。草丈2m以上になり、支柱を立てて誘引します。

キュウリ
植えつけ:4月下旬〜5月中旬

1株で40〜50cm四方を確保し、支柱を立てて立体栽培します。支柱の高さまで草丈を伸ばします。

スイカ
植えつけ:5月上旬〜5月下旬

ツルや葉が大きく広がるので、最低でも2m四方はほしいところ。ミニ品種を選んであんどん仕立てにすれば1m四方でOK。

サツマイモ
植えつけ:5月中旬〜6月中旬

畝幅60〜70cm、株間30〜40cmで植えつけますが、ツルや葉はもっと大きく広がります。節から伸びた根がイモになるので、面積をたっぷりとってください。

場所をとらない野菜

庭のひと隅や30cm四方の狭いスペースでもつくれる野菜です。

ホウレンソウ
春まき:3月中旬〜5月上旬 秋まき:9月上旬〜10月下旬

タネはすじまきがおすすめ。1株で5〜10cm四方で計算すると、収穫量が見積もれます。

コマツナ
タネまき:3月下旬〜10月下旬

1株5〜10cm四方程度なので、の長さが30cmもあればたっぷり収穫できます。

カブ
春まき:3月中旬〜5月下旬 秋まき:8月下旬〜10月上旬

小カブは15cm四方で計算。タネはすじまき間引きで適切な間隔をつくります。

イチゴ
植えつけ:10月上旬〜10月下旬

はさほど大きくならないので、条間株間とも30cm間隔で植えつけます。

*作業や管理は、関東地方以西平野部を基準にしています。

ページのトップへ

条件や目的から探す タネまき時期  収穫までの日数  育てやすさ  科 
菜園の広さ  菜園の日当たり、風通し  家族が喜ぶ野菜  食べる以外での楽しみ 
春夏野菜 トマト  キュウリ  ピーマン  ナス  エダマメ 
  トウモロコシ  スイカ  サツマイモ  ジャガイモ  カボチャ 
  インゲンマメ   
秋冬野菜 ホウレンソウ  コマツナ  ブロッコリー  ネギ  タマネギ 
  キャベツ  ハクサイ  ニンジン  ダイコン  カブ 
  イチゴ  エンドウ  レタス   
耕うん機トップへ