ホーム > 野菜を元気に育てるコツ > 支柱の立てかた

野菜を元気に育てるコツ 実践編 野菜づくりの基本作業を、プランニング編と実践編にわけて解説します。

一覧へ戻る

支柱の立てかた

背が高くなる野菜には支柱を添えよう

直立式

野菜のの脇にさす、1本仕立ての支柱です。植えつけたばかりの苗にとりあえず添えるときや、小さなで1株ずつ支柱を立てる場合に使う方法です。

こんなときに。こんな野菜に

植えつけ直後の苗に。トマトピーマン

直立式
植えつけ直後の苗に添える

植えつけ直後の苗に添える

植えつけた苗の株元から、10〜15cm離した位置にさす仮の支柱。長さは60〜80cmほど。

少数の株に添える

少数の株に添える

1株ずつ多種類を育てるときなどに。さす深さは20〜30cmほど。まっすぐさすのがコツ。

合掌式

支柱を斜めに交差させるようにさし、横に1本渡して固定する立てかたです。長さ210〜240cm、太さ10〜20mmほどの支柱がよく使われます。さらに、たすきに1本支柱を加えると、頑丈になります。

こんな野菜に

トマトキュウリインゲンマメ

合掌式

合掌式支柱の立てかた

1
1
の両サイドに支柱を斜めに立てて交差させ、深さ20〜30cmほど土にさす。約50〜60cm間隔をあけて、畝の長さに合わせて数組を立てる。
2
2
交差させた位置の高さを揃え、横に1本支柱を渡す。
3
3
支柱が交差している場所は、すべてヒモで結んでしっかり固定して完成。

スクリーン式

1本ずつ立てた支柱を柱にして、ツルもの用ネットを張ったタイプです。長さ210〜240cm、太さ15〜20mmほどの支柱がよく使われます。

こんな野菜に

キュウリインゲンマメエンドウ

スクリーン式

スクリーン式支柱の立てかた

1
1
支柱をまっすぐに、深さ20〜30cmほど土にさす。高さを揃え、約50〜60cm間隔をあけて、の長さに合わせて数本を立てる。
2
2
ツルもの用ネットを広げ、立てた支柱の頂部左右にヒモで結ぶ。最後に頂部中央を結ぶ。
3
3
ツルものネットをピンと張りながら、高さの中程、下部もヒモで結び留めて完成。

あんどん式

野菜のを囲むように支柱を立て、巻き付けたヒモに、伸びるツルや茎を結び留めながら育てます。長さ210〜240cm、太さ15〜20mmほどの支柱がよく使われます。

こんな野菜に

エンドウ

あんどん式

あんどん式支柱の立てかた

1
1
40〜50cmの等間隔になるように、6本の支柱の隅に立てる。
2
2
地表から15cmほどの高さのところにヒモを結んで、支柱の外周にヒモを回し、その都度結び留める。
3
3
下の段と30cmほど間隔をとった位置から、同様にヒモを結びながら2段目をつくる。3〜5段ほど結んで完成。

支柱への誘引の仕方

しっかり支柱を立てたら、野菜の茎と支柱をつなげましょう。

1
1
野菜の茎にヒモをかけて数回ねじる。
2
2
ヒモを支柱に回して結ぶ。
3
3
さらにヒモを回して、しっかりと結び留める。
ページのトップへ

プランニング編 菜園計画を立てよう  育てる野菜の特徴を知ろう  適期を守ろう  科を意識しよう 
おすすめプラン 10m2菜園プラン  20m2菜園プラン 
実践編 タネのまきかた  苗の植えかた  被覆資材の種類と張りかた 
  支柱の立てかた  病気や害虫に侵されない育てかた  暑さ、寒さへの備えかた 
耕うん機トップへ