サイトリニューアルのお知らせ

「Hello! 野菜」をご覧いただき、誠にありがとうございます。

「Hello! 野菜」Webサイトは、リニューアルいたしました!
ご覧いただいているページはこのままお楽しみいただけますが、
この機会にリニューアルした「Hello! 野菜」Webサイトへも、ぜひお越しください!

※リニューアル後のサイトへは、右側のナビゲーションからも移動できます。


光と野菜の関係

野菜と日当たりの条件
日当たりの良いところを好むもの

日当たりが悪くても耐えるもの

日当たりの悪いところを好むもの

キュウリ

カリフラワー

ナス

ハクサイ

トマト

マメ類

トウモロコ

ピーマン

ニンジン

サツマイモ

ダイコン



ゴボウ



キャベツ



セロリー



タマネギ




サトイモ

イチゴ

ショウガ

シュンギク

ネギ

ホウレンソウ

アスパラガス

パセリ

サラダナ

レタス


ミツバ

フキ

ミョウガ

ワラビ

セリ






大切な太陽光線。

普通、植物は根や葉っぱに吸収された水と炭酸ガスを材料にし、葉緑体を媒体として光エネルギーを利用して炭水化物を作ります。いってみれば澱粉生産工場の役割をしています。従って光と野菜との関係は、光の強さに応じた光合成の働き方にあるといえます。
1日1日の光の強さは、晴雨曇天などお天気しだい。1年のうちでは夏は光が強く、春、秋の順で冬がもっとも弱いことになります。悪天候が続いて光が不足してくると、炭酸同化作用は弱まり、軟弱気味の育ち方になります。大部分の野菜は光が強いほど育ちが優れますが、野菜の種類によってはやや日当りが悪くても育ちがそれほど劣えないもの、また日陰を好むものもあります。このほか全く日の当たらないところで若芽や新緑をのばし、「もやし」のようにして収穫するものもあります。いずれにしても光の強さに応じて、作る時期や作る場所を選ぶことが大切です。

日当たりの良いところを好む野菜。

春から夏にかけ、あるいは夏から秋にかけて栽培する大部分の野菜は、日当たりの良いところを好み、お天気が良く強い光の当たることを要求します。キュウリ、ナス、トマト、ピーマン等の果菜類。トウモロコシやマメ類。ニンジン、ダイコン、ゴボウ等の根菜類。ハクサイ、キャベツ等の葉菜類などといった野菜がこの条件に相当します。

日当たりがやや悪くても育つ野菜。

日当たりも大切ですが、他の条件の方がより育ちに影響する野菜もあります。こういう野菜は真夏の日当たりの良い時よりも、春や秋の方が育ちが優れます。温度と水分をより重要な条件とし、秋から冬にかけて栽培するサトイモやショウガ。また春先に旬のあるほとんどの野菜がこれに相当します。

日陰を好む野菜。

ミツバ、フキ、ワラビ、セリなどといったように、弱い光線や、日陰を好む野菜もあります。これらの野菜は住居や立木の陰で良く育ちます。このほか、むろ(傍点)(暗所)などの暗いところを好むウド、モヤシショウガ、切りミツバ等の野菜もあります。

野菜と日長の関係。

植物の成長は日の当たっている時期、つまり日長の長短に反応を示します。日長とは、日の出から日の入りまでの長さで、季節により異なります。夏至が最も長く、冬至が最も短かい。また春分の日、秋分の日は昼夜が同じ12時間になります。この12時間前後の日長を境いにして、短い日長の時に正常に開花し、それ以上では開花が遅れたり開花しないものを短日植物。反対に日長が12時間より長い時に正常に開花し、それ以下の時は開花が遅れたり、開花しないものを長日植物といいます。このほか日長の長短に開花があまり影響されないで、長短いずれの日長条件下でも開花するものを中間性植物といいます。

日長は開花以外の育ち方にも関係がある。

たとえばイチゴは冬の間葉が地面に這った状態になって、「休眠」といって葉が増加しません。秋冬の短い日の長さに感じて、一時休むわけです。また、タマネギの球の肥大の早い遅いは日の長さに関係があります。白タマネギ、偏平な黄タマネギは早生(わせ)で、日の長さの短い時期から肥り始めます。しかし晩生(おくて)の甲高(球形に近い)タマネギは5〜6月の日の長さが長くなる時に球が肥大します。

ホウレンソウが1年中たべられるわけ。

ホウレンソウは長日植物ですが、秋にまき、短い日長と低温下でも葉数が増え、株もよく肥大するという性質をもっています。緯度の高いところで長い時間かかって育てられた北欧のホウレンソウの品種は、日の長さが長いときに葉数が増えたり、株の肥大が良いように仕上っています。日本では、春から夏にかけてのホウレンソウの作り方はたいへん難しかったのですが、北欧の品種を日本に持ってきて、品種改良を行いました。その結果春〜夏まきのホウレンソウ作りができるようになり、1年中たべられるようになりました。
このように日の長さは、品種のえらび方、作る時期の決め方に関係します。また、シソなどのように人工的に電灯をつけ日の長さを長くして、秋遅くまで収穫をつづける栽培法もあります。


日当たり




▲ページのはじめへ