検索

事業・活動

主要事業

二 輪

世界の多くの人々に愛されるコミューターモデルから、操る喜びをダイナミックに味わえるスポーツモデルまで。幅広いラインアップをそろえ、バイクの便利さ、楽しさを世界中のお客様にお届けしています。
コミューターモデルの代名詞として超ロングセラーを続ける「スーパーカブ」は、2017年中に世界生産累計1億台を達成する見込みです。また、これからのスーパースポーツモデルのあり方を提示した新型「CBR1000RR」、アドベンチャーモデルの力強さとコミューターモデルの利便性を高次元で融合させた「X-ADV」など、個性豊かなモデルを次々と発売。二輪車のトップメーカーとして業界をリードし、さらなる移動の喜びを追求し続けています。

製品ページはこちら〉〉

四 輪

北米の専用工場で生産が始まった新型「NSX」。最新の技術を投入し、熟練した従業員のみで組み立てる最高性能・最高品質のクルマづくりを可能にしたのは、34年にわたる北米生産の歴史と、「クルマを操る楽しさをいまの時代だからこそ伝えたい」という想いでした。
世界中のお客様に満足いただけるよう、グローバルモデルでベストセラーの「シビック」「HR-V/ヴェゼル」から、北米のピックアップトラック「リッジライン」、そして日本独自のカテゴリーである軽自動車の「N-BOX」まで、フルラインアップを有するHonda。米国と中国を中心に展開しているHondaのラグジュアリーブランド「Acura」では、「プレシジョン・クラフテッド・パフォーマンス」のブランドスローガンにふさわしいモデルをそろえています。

製品ページはこちら〉〉

Hondaは、汎用エンジンをはじめ、それらを搭載した耕うん機、発電機、除雪機、芝刈機、ポンプや船外機などの多彩な商品を、延べ150以上の国や地域のお客様に年間600万台お届けしています。また、暮らしのさまざまな場面で役立つ電動化製品の開発・商品化も進め、ロボット芝刈機「ミーモ」、ハンディタイプ蓄電機「リベイド E500」などの新しい価値を提案。Hondaのロボティクス研究で培った歩行理論をもとに開発された歩行訓練機器「Honda歩行アシスト」の法人向けリース販売も行っています。
これからも、身近で役に立つ製品を世界中の方々にお届けするとともに、エンジン技術や電動化技術の可能性を最大限に活かし、追求することで、「役立つ喜び」を広げていきます。

製品ページはこちら〉〉

事業創造

パーソナルな移動の新たな提案として2015年末、Hondaが世に送り出した「HondaJet」。主翼上面のエンジン配置などの独自技術により、上質な空の移動体験を提供しています。すでに販売され好評を得ている北米、中南米、欧州に加え、2017年5月からは東南アジアでも受注を開始しました。
一方で、航空機ターボファンエンジン「HF120」を、航空業界第1位のゼネラル・エレクトリック社(GE)と共同開発。航空エンジン事業子会社ホンダ エアロ インクが生産し、GE社との合弁会社 GE Honda エアロ エンジンズ社を通じて販売が進められています。軽量・コンパクト・高効率・高推力なこのジェットエンジンは、その性能優位性を訴求し、「HondaJet」を皮切りにほかの航空機メーカーへ販売を広げていきます。

HondaJetページはこちら〉〉

環境・安全・社会活動

モータースポーツ

ロボティクス