レッスン動画

上達のメソッドをプロが動画で解説三觜喜一プロのスコアアップ術

プロゴルファー育成で定評のある、三觜喜一プロによるスコアアップ術。
斜面やバンカーといった状況に適切に対応するとともに、クラブの特性を理解してプレーすることがスコアメークへの近道です!

2018.01.25

バンカーショットの注意点

このレッスンのポイントこのレッスンのポイント

  • ポイント球を浮かせるアプローチと打ち方は同じ
    左足下がり斜面の状態を作り出します

    バンカーショットを特別なショットだと考えていませんか? 芝ではなく砂の上から打つから、あるいはルールでクラブのソールを砂に触れてはいけないからでしょうか、そう思い込んでいるアマチュアは非常に多いようなのですが勘違いです。必要以上に打ち込んだり、意識的にダフらせたりするとミスになるので注意しましょう。ではどう打てばいいかというと、通常の球を浮かせるアプローチショットと同じです。アドレスでフェースを開いておき、シャフトを軸回転させながら打ちます。

  • バンカーショットは足場が不安定なので、砂に足を埋めて姿勢を安定させますが、その際に左足をやや深く埋めて左足下がりの状態を作り出すと、鋭角にクラブを入れやすくなります。また横から払い打つとトップなどのミスが出やすくなりますので、それを防ぐために、空からクラブヘッドが引っ張られているようなイメージでテークバックするといいでしょう。早めにコッキングしてクラブヘッドを持ち上げると、上から打ち込みやすくなります。

PROFILE

  • 三觜 喜一(みつはし よしかず)プロ

    2017年現在、最も注目されているといっても過言ではないプロコーチ。ジュニアゴルファーの指導で評価が高く、最近では手塩にかけて育てたジュニア出身の選手がプロゴルファーとして活躍し始めている。アマチュアゴルファーの指導も新宿御苑のタイカンズ他で行っているが、予約が取れないほどの人気ぶり。
レッスン動画一覧へ