レッスン動画

上達のメソッドをプロが動画で解説吉田一尊プロの新・飛距離アップ法

最新クラブの構造を理解し、「手打ち」や「振り遅れ」といった飛ばない要素を取り除いていけば、誰でも驚くほど飛ばせますし、曲がらなくなります。

2016.12.15

飛ばせるスイングは
「振る」のではなく「漕ぐ」

このレッスンのポイントこのレッスンのポイント

  • ポイント1グリップエンドを下げて上げるとクラブヘッドが加速する
    ヒザの曲げ伸ばしでグリップエンドを上下に動かす

    スイング中のゴルフクラブは振り子のように動きますが、この振り子を加速させる方法があって、それはクラブヘッドの反対側のグリップエンドを下げて上げることです。振り子(ヘッド)が上がり切る直前にグリップエンドを下げ、インパクトの位置に下り切る直前にグリップエンドを上げることで、振り子は加速します。

  • ポイント2ブランコを「漕ぐ」イメージでヒザを曲げて伸ばしグリップエンドを下げて上げる
    「漕ぐ」という1つの動作と考えるとスムーズにヘッドを加速することができる。

    振り子を加速させる動作は公園のブランコを立ち漕ぎする動作とよく似ています。ブランコが後方に振り上がるとき、頂点まで上がり切る直前にヒザを曲げ、下がってきたときにヒザを伸ばして加速します。ですからこの動きを応用し、バックスイングが上がっている途中で左ヒザを曲げ、インパクトの直前で伸ばします。こうすることでスイング中にグリップエンドが下がって上がり、クラブヘッドを最大限に加速することができます。「曲げて」「伸ばす」という2つの動作と考えるのではなく、「漕ぐ」という1つの動作として行いましょう。

PROFILE

  • 吉田一尊プロ

    ツアープレーヤーとして活動後、本来のスイング探求心が高じてコーチに転身。日本人の体格にあった飛距離アップ法を研究し、自身も国内ドラコン選手権で4位に入るなどその理論を実証する。現在はティーチング活動と並行してクラブ開発の分野に進出。2014年に立ち上げたブランド『グランディスタ』は高く評価され、クラブデザイナーとしても注目されている。
レッスン動画一覧へ