レッスン動画

上達のメソッドをプロが動画で解説吉田一尊プロの新・飛距離アップ法

最新クラブの構造を理解し、「手打ち」や「振り遅れ」といった飛ばない要素を取り除いていけば、誰でも驚くほど飛ばせますし、曲がらなくなります。

2017.03.30

誰も言わないシャフトのしならせ方

このレッスンのポイントこのレッスンのポイント

  • ポイント1シャフトは「硬くて動かないもの」ではなく
    ゴムやばね、ひもといった「変型するもの」と考える

    シャフトは棒のように見えますが、スイング中は、しなったりねじれたりするので、まっすぐ動かそうとしてもなかなかできません。ですから棒というよりはゴムやばね、ひもといった変形するものと考えたほうがうまく使うことができます。シャフトは硬くて動かないものではなく、それ自体が動くものと考えることで、クラブヘッドをアドレスの位置、ボールのある場所に戻すことができます。

  • ポイント2グリップをしっかりと握って固定し
    握っている手の力をスイング中変えない

    シャフトをしならせるためには、グリップがしっかり固定されている必要があります。グリップが緩んでいるとシャフトはしならず、手首がしなって、クラブがぐらぐら動いているだけの状態です。ですからグリップはしっかりと握ってクラブを固定し、握っている手の力をスイング中に変えないでください。そうすることで、切り返しでシャフトが大きくしなり、そのしなり戻りでクラブヘッドを加速させることができます。

PROFILE

  • 吉田一尊プロ

    ツアープレーヤーとして活動後、本来のスイング探求心が高じてコーチに転身。日本人の体格にあった飛距離アップ法を研究し、自身も国内ドラコン選手権で4位に入るなどその理論を実証する。現在はティーチング活動と並行してクラブ開発の分野に進出。2014年に立ち上げたブランド『グランディスタ』は高く評価され、クラブデザイナーとしても注目されている。
レッスン動画一覧へ