レッスン動画

上達のメソッドをプロが動画で解説吉田一尊プロの新・飛距離アップ法

最新クラブの構造を理解し、「手打ち」や「振り遅れ」といった飛ばない要素を取り除いていけば、誰でも驚くほど飛ばせますし、曲がらなくなります。

2017.03.16

アドレスの「絶対的ルール」

このレッスンのポイントこのレッスンのポイント

  • ポイント1骨盤を体の中心よりやや左に寄せて構える

    ゴルフのアドレスには絶対的なルールがあります。体重を両足に均等にかけて、まっすぐ立った状態で構えるのではなく、腰をやや左に寄せておくことが必要です。なぜかというと、人間の体は右足を軸に立つよりも左足を軸に立ったほうが安定するようにできているからです。従って、ゴルフのアドレスでも左足を軸に立てるように腰を左に寄せておくのです。

  • ポイント2右打ち左打ちにかかわらず
    左足を軸に構える

    ゴルフスイングでは左足を軸にして動くとボールをとらえやすいのですが、これは左打ちのゴルファーも同じです。右打ちの場合は、バックスイングで左足を軸に右股関節が後ろに下がり、ダウンスイングでは左足を軸に骨盤が回ってきますが、左打ちの場合は左足を軸に右足が動いてバックスイング、ダウンスイングでは左足を軸に右足を後ろに引きながらスイングします。これは人間の体の特性によるものであり、それに逆らわないほうが、うまくミートすることができます。右打ち左打ちにかかわらず、左足を軸に構えることが重要なのです。

PROFILE

  • 吉田一尊プロ

    ツアープレーヤーとして活動後、本来のスイング探求心が高じてコーチに転身。日本人の体格にあった飛距離アップ法を研究し、自身も国内ドラコン選手権で4位に入るなどその理論を実証する。現在はティーチング活動と並行してクラブ開発の分野に進出。2014年に立ち上げたブランド『グランディスタ』は高く評価され、クラブデザイナーとしても注目されている。
レッスン動画一覧へ