レッスン動画

上達のメソッドをプロが動画で解説吉田一尊プロの新・飛距離アップ法

最新クラブの構造を理解し、「手打ち」や「振り遅れ」といった飛ばない要素を取り除いていけば、誰でも驚くほど飛ばせますし、曲がらなくなります。

2017.02.16

振り遅れにならない体の使い方

このレッスンのポイントこのレッスンのポイント

  • ポイント1上半身から切り返すことで
    手元が左に流れるのが振り遅れの原因

    なぜ振り遅れてしまうかというと、ダウンスイングの早い段階で上半身が回ることで体が開いてしまうからです。上半身にくっついている腕がそのままついてきますから、手元が左に流れてしまいます。そうするとクラブがついてこられず、振り遅れてしまうのです。ですから振り遅れないためには上体を開かないことがポイントになります。

  • ポイント2胸を右に向けたまま下半身で切り返し
    腕と下半身の時間差をつくる

    ダウンスイングで上体が開かないようにするには下半身を先行させることです。バックスイングが上がっている間に左足を踏み込み、下半身で先に切り返してしまいましょう。肩甲骨は胴体に乗っているような構造になっているので、胸を右に向けたまま下半身を左に回転すると、肩回りの筋肉が伸びて、上半身と下半身が引っ張り合うような関係性になります。この伸びた筋肉が縮むことで加速できるとともに、上半身と下半身の時間差によって体が開かずにボールをとらえることができます。

PROFILE

  • 吉田一尊プロ

    ツアープレーヤーとして活動後、本来のスイング探求心が高じてコーチに転身。日本人の体格にあった飛距離アップ法を研究し、自身も国内ドラコン選手権で4位に入るなどその理論を実証する。現在はティーチング活動と並行してクラブ開発の分野に進出。2014年に立ち上げたブランド『グランディスタ』は高く評価され、クラブデザイナーとしても注目されている。
レッスン動画一覧へ