レッスン動画

上達のメソッドをプロが動画で解説吉田一尊プロの新・飛距離アップ法

最新クラブの構造を理解し、「手打ち」や「振り遅れ」といった飛ばない要素を取り除いていけば、誰でも驚くほど飛ばせますし、曲がらなくなります。

2016.12.22

腕を振ろうとした時点でスイングは崩壊する

このレッスンのポイントこのレッスンのポイント

  • ポイント1クラブヘッドが腕を追い越すことで、ヘッドスピードが上がり、飛距離が出る
    右手でクラブを振るとクラブヘッドが腕を追い越せない。

    腕を一生懸命振って飛ばそうとする方が多いですが、腕を速く振ってもヘッドが走らないことには飛びません。ヘッドスピードが速くなることでボールは遠くに飛ぶのですが、腕の速度が速くなり過ぎてしまうと、クラブが腕を追い越すことができなくなり加速ができませんし、ボールがつかまりません。これがいわゆる「振り遅れ」ですね。

  • ポイント2左腕を体の右サイドにキープした状態でスイングする
    ダウンスイングで左腕を体の中心よりも右に置いておくとヘッドが加速する。

    振り遅れを防ぐためには腕を振る動作を極力なくすことです。アドレスの時点で胸の上にセットした左腕を体の枠から外さないようにしましょう。それには左腕を体の右サイドにキープする意識が必要です。こうすると腕が左に流れないのでインパクトのポジションに到達するまでに時間がかかり、その間にクラブヘッドが加速しながら戻ってくることができるのです。

PROFILE

  • 吉田一尊プロ

    ツアープレーヤーとして活動後、本来のスイング探求心が高じてコーチに転身。日本人の体格にあった飛距離アップ法を研究し、自身も国内ドラコン選手権で4位に入るなどその理論を実証する。現在はティーチング活動と並行してクラブ開発の分野に進出。2014年に立ち上げたブランド『グランディスタ』は高く評価され、クラブデザイナーとしても注目されている。
レッスン動画一覧へ