レッスン動画

上達のメソッドをプロが動画で解説三觜喜一プロがゴルファーの悩みを解決!

ダフリやトップのミスはゴルファーの「勘違い」から起こります。ミスを引き起こしている「勘違い」とは? その傾向と修正方法をレクチャー。脳の思考回路をチェンジすればジャストインパクト間違いなし!

2018.05.17

スライスは体の開きで起こる

このレッスンのポイントこのレッスンのポイント

  • ポイント右に目線を残しながらダウンスイングしよう
    クラブをボールにぶつけにいくと右サイドが突っ込んでクラブが外から入る

    アマチュアの悩みの中で最も多いのがスライスだと思いますが、このミスはクラブをボールに当てにいくことで起こります。バックスイングが上がってさあ打つぞ!となったとき、ミートに少しでも不安があるとクラブヘッドをボールに直接ぶつけにいくものです。そうすると体の右サイドが前に突っ込み、クラブが正しい軌道よりも外から下りてきて、アウトサイドインのカット打ちになるのです。

  • このエラーを防ぐために有効なのが目線です。ダウンスイングで目線がボールのほうに動くと、上体が開き、結果としてクラブが外から下りてきてしまいます。そこで目線をあえて右に残して振り下ろすことで、体を開かずにボールをとらえることができるようになります。

NEXT Lesson

Lesson 4 フックする原因と直し方 (2018年5月31日 公開予定)

PROFILE

  • 三觜 喜一(みつはし よしかず)プロ

    ジュニアゴルファーの指導で評価が高く、最近では手塩にかけて育てたジュニア出身の選手がプロゴルファーとして活躍し始めている。アマチュアゴルファーの指導も新宿御苑のタイカンズ他で行っているが、予約が取れないほどの人気ぶり。
レッスン動画一覧へ