レッスン動画

上達のメソッドをプロが動画で解説三觜喜一プロがゴルファーの悩みを解決!

ダフリやトップのミスはゴルファーの「勘違い」から起こります。ミスを引き起こしている「勘違い」とは? その傾向と修正方法をレクチャー。脳の思考回路をチェンジすればジャストインパクト間違いなし!

2018.04.26

トップには2種類あることを理解しよう

このレッスンのポイントこのレッスンのポイント

  • ポイントアドレスで作った左の軸をブラさずに打つ
    体が左に突っ込むトップ/体が右に残るトップ

    トップのエラーには2種類あり、1つはクラブが上がり際にボールに当たってしまうトップ、そしてもう1つはクラブが下り際にボールに当たってしまうトップです。同じトップですが原因は違うので、まずそこを知ることが大事です。

  • 上がり際に当たるトップのエラーは、ボールを上げようとするあまり、ダウンスイングで体が右に残ったときに起こります。クラブの刃がボールの上っ面に当たって物凄く低い弾道になります。また下り際に当たるトップは、「ダフらずにボールを直接打ちたい」という気持ちが強すぎるときに起こりやすく、体が左に動いてしまってクラブが直接ボールの上に下りてしまいます。

  • このように体が右に残る、左に動く、どちらもトップの原因ですが、大事なのはアドレスの時点で体の左サイドにしっかり軸を作って、その軸でスイングをするということです。コースには傾斜地が多く軸がぶれやすいので、左の股関節に上体を乗せるようなイメージを持ち、こうして作った左の軸を左右にブラさないで打ちましょう。

PROFILE

  • 三觜 喜一(みつはし よしかず)プロ

    ジュニアゴルファーの指導で評価が高く、最近では手塩にかけて育てたジュニア出身の選手がプロゴルファーとして活躍し始めている。アマチュアゴルファーの指導も新宿御苑のタイカンズ他で行っているが、予約が取れないほどの人気ぶり。
レッスン動画一覧へ