マメ知識

ゴルフの雑学・マメ知識史上最も尊敬されるゴルファーって誰?

2010.07.22

みなさんは「ボビー・ジョーンズ」という名前を聞いたことがありますか?
知らない?
それは残念!でもゴルフ雑誌にはかつての凛々しい姿がよく登場しますし、マスターズトーナメントの中継では「球聖ボビー・ジョーンズ」としてたびたびその名前が出てくるので、「あ、そういえば…」と思い出した方も多いのではないでしょうか?

もちろんボビー・ジョーンズを知っていようがいまいがスコアには直接関係ありません。
しかし長いゴルフの歴史における最重要人物の一人といっても過言ではないので、ゴルファーならぜひ知っておいて欲しいものです。
というわけで、今回はその人となりを紹介しようと思います。

ボビーは愛称で本名はロバート・タイア・ジョーンズJrといいます。
1902年3月17日にアメリカのジョージア州アトランタで弁護士の家庭に生まれたジョーンズは、少年時代から文武両道に優れ、特にゴルフでは類稀なる才能を発揮します。
9歳のときの地元のジュニア選手権に優勝すると、14歳で全米アマに出場。1923年には21歳で最初のメジャー優勝となる全米オープンのタイトルを手に入れます。
翌年全米アマにも優勝すると、1927年にはアマチュアのまま全英、全米両オープンを制します。

ジョーンズが多くの人々の心をとらえたのは、その強さだけでなくゴルフに対する真摯な姿勢でした。
1925年に行われた全米オープンの第1ラウンドでのこと、あるパー4でティーショットをラフに打ち込んだジョーンズは、そこからグリーンに乗せて2パットでホールアウト。
そこにいた誰もがそのホールのスコアはパーの4だと思ったところ、「アドレスしたとき、ほんの少しボールが動いてしまったので、私のスコアは5です」とラウンド後に自己申告。
この1打がなければ290ストロークで優勝でしたが、勝負の行方は同じ291で上がったウィリー・マクファーレンとのプレイオフに持ち込まれ、ジョーンズは1打及ばず優勝を逃したのです。
後に多くの人々からそのフェアプレイ精神を称えられるとジョーンズは
「当たり前のことをしたからといって、なぜそんなに騒ぐんです?あなたは銀行強盗をしなかったからといって、人を褒めたりしないでしょう?」
と涼しい顔をしていたといいます。

ジョーンズのゴルフキャリアのクライマックスは1930年に訪れます。
28歳のジョーンズはなんと、この1年で全米全英両オープンと全米全英両アマを制するというグランドスラムを達成したのです。
この偉業は、前年に世界中を襲った大恐慌で暗く沈んでいた人々の心に一筋の光を差しました。ニューヨークで行われた凱旋パレードには視界を奪うほどの紙吹雪が舞い散り、街は熱狂する群衆で埋め尽くされたのです。
その人気はアメリカ国内だけにとどまらず、ゴルフの本場イギリスでもジョーンズはゴルファーの模範として人々の尊敬の対象となり、それはいまでも全く変わっていないのです。

誰もが不可能だと考えた、アマチュアゴルファーによる年間グランドスラムという快挙。
しかしジョーンズのその後の行動で人々はさらに驚かされることになります。
というのもジョーンズは年間グランドスラムを機に、28歳の若さであっさりと競技生活を引退してしまったからです。
引退後のジョーンズは弁護士として働きながらマスターズトーナメントの創設に力を注ぐことになります。
その努力の甲斐あって4年後の1934年にオーガスタナショナルCCの完成と共に「第1回オーガスタナショナル招待選手権大会」が開催。1939年に名称が「マスターズ」に変更され現在に至っています。

わずか8年の間に全米オープン4回、全英オープン3回、全米アマ5回、全英アマ1回の合計13のメジャーで優勝したジョーンズ。
数々の名言を残しましたが、自伝『ダウン・ザ・フェアウエイ』で明かした「オールドマンパー」の概念はゴルフの本質を端的に表すものとしていまでも語り継がれています。

ゴルフは目の前の敵と戦うものではなく、仮想のパーおじさん(オールドマンパー)と戦うものである、というのがジョーンズの考えでした。
バーディも出さないが、ボギーも叩かないパーおじさんと1ホール1ホールごとに戦うことこそがゴルフなのです。
極めてシンプルな発想ですが、共感するゴルファーは多く、オールドマンパーの発見はジョーンズ最大の偉業といってもいいかもしれません。

もしこの偉大な先人の言葉にピンときたならば、ぜひ「パーおじさん」あるいは「ボギーおじさん」と戦ってみてください。
きっとみなさんのゴルフになんらかの変化が訪れると思いますよ。


Honda GOLF編集部 小林一人

Honda GOLF編集長のほか、ゴルフジャーナリスト、ゴルフプロデューサー、劇画原作者など、幅広く活動中だが、実はただの器用貧乏という噂。都内の新しいゴルフスタジオをオープンし、片手シングルを目指して黙々と練習中。

Illustration by Takashi Nemoto

「マメ知識」の記事一覧へ