発電機の選び方
Point1
使用する電気機器の消費電力をそのまま発電機の出力に置き換えて、発電機を選ぶのはトラブルの素。
それぞれの電気機器がどのくらいの「ゆとり」を必要としているのかをチェックして、最適な出力を持つ発電機をお選び下さい。
起動電力とは
「ゆとり」レベルは3段階  ―使用電気機器と発電機の目安―
Honda発電機 定格出力(VA)
(50Hz/60Hz)
使用できる電気機器 消費電力(W) 必要発電量の目安(W以上)
enepo/EU9i 900  ラジカセ 20 20
 カラーテレビ 100 100
 電気ポット 350 350
 コーヒーメーカー 450 450
 インパクトレンチ 350 400
 芝刈機 400 500
 電気カンナ 450 600
 ドリル 550 600
EU16i 1.6k  冷蔵庫 400 1600
 小型クーラー 400 1600
 水銀灯 600 1500
EX22
EB23/EM23
EU24i
2.2k
2.3k
2.4k
 釘打 1000 1300
 深井戸ポンプ 600 2000
 エアーコンプレッサー 500 2000
EB26/EM26
EU26i
EU28is
2.6k
2.6k
2.8k
 ホットプレート+電気オーブン 2600 2600
 チェンソー+ドリル 1750 2600
 クーラー+池用ポンプ 900 2600
ゆとりいらず

小さなゆとり



大きなゆとり
上記の表は発電機選びの際の目安を示しています。
実際の電気機器の「消費電力」「必要発電量」は機器によって異なりますので、使用機器の消費電力をお確かめ下さい。



Point2 複数の電気機器を利用する場合は合計した出力が必要です。
消費電力(W) 必要発電量(W)
 ホットプレート 800〜1500 800〜1500
 冷蔵庫 40〜260 200〜1000
同時に利用する際の必要発電量
1000〜2500W以上



Point3 コードの長さ・太さからくる電圧降下にも留意しましょう。
発電機は、

1.コードの長さ
2.コードの断面積
3.使用される電流

の3つによって、電圧が降下します。
コードの長さ、太さは、使用される電気機器に合わせてお選び下さい。



EUシリーズは「正弦波インバーター」を搭載。
コンピューター関連機器や情報通信機器、測定器など周波数や電圧の変動に敏感な機器にも安心してお使いいただけます。
インバーター発電機



発電機トップへ
前のページへ
ページのトップへ