• 楽しみが広がる
  • 様々な場面で
  • 何が使えるの?
  • 主な特徴
  • 外観とサイズ
  • 主要諸元
  • オプション
  • 動画ギャラリー
どんな電気製品が使えるの?

接続する電気製品を選ぶ際には、消費電力の大きさを考慮することが大切です。
しかも、熱を発生させるもの、モーターを動かすものなど、
製品の種類によっては記載されている『消費電力』と、『使用中に必要な発電量』には差がある場合も。
エネポで使えるアイテムを正しく選んでいただくために、
多種多様な電気製品のうち、ほんの一部ですが具体例をご紹介します。

電気製品 消費電力(W) 電気製品 消費電力(W)
ミニ炊飯器 300 トースター 600
電気ポット 600 コーヒーメーカー 450
液晶テレビ 100 木工用ドリル 250
ドライヤー 600 ミニ冷蔵庫 100
カラオケセット 100 ホットカーペット 550
電動バリカン 10 電動ポリッシャー 100
扇風機 40

ページのトップへ▲

エネポで使える電気製品を選ぶ際のポイント
  • POINT1 ゆとりが大切

    エネポの定格出力が900VAだからといっても、
    消費電力の合計で900Wいっぱいまで製品をつなげることが可能と言い切れるわけではありません。

    例えば重たい物を押す時、一番力が必要なのは押し始めです。
    電動工具や冷蔵庫など、モーターを使う電気製品も同じで、動き始めにたくさんの力(起動電力)が必要です。

    エネポにつなぐ電気製品を選ぶときには、この分のゆとりを考慮にいれる必要があります。

    <『消費電力』と発電機に要求される『発電量のゆとり』の違い>
    電気製品 消費電力(W) 必要とする電気の目安(W)
    それほどゆとりのいらないもの 照明 100 100
    液晶テレビ 100 100
    電気ポット 600 600
    コーヒーメーカー 450 450
    少しゆとりが必要なもの インパクトレンチ 350 400
    芝刈機 400 500
    電気カンナ 450 600
    ジューサー 220 260
    大きなゆとりが必要なもの 冷蔵庫 400 1600
    小型クーラー 400 1600

    ※上記表の数値は、イメージをつかんでいただくための例と目安です。
     実際の電気製品の「消費電力」および「必要発電量」は機器によって異なりますので、事前に各メーカーへご確認ください。

  • POINT2 複数の製品を同時に使う場合は

    複数の電気製品を同時に利用する場合は、上記のゆとりを考慮した上で、それぞれの製品が必要とする発電量の合計が900W以内におさまっているようにしてください。

  • POINT3 コードの長さと太さに注意

    電源コードは、長く、細いほど電圧が下がってしまう傾向があります。
    延長コードは正しく使い、なおかつ利用する電気製品に適したコードを選ぶようにしましょう。

Hondaガスパワー製品のご使用にあたって
  • ■ Honda指定のカセットボンベをご使用ください。
      東邦金属工業(株)と表示のあるカセットこんろ用ボンベ。
  • ■ 外気温5〜40℃にてご使用ください。
      ガスの特性上、外気温5℃未満ではエンジンが始動しないことがあります。
  • ■ 換気の良い屋外でご使用ください。
      屋内での使用は絶対にしないでください。一酸化炭素中毒をまねく危険があります。
  • ■ 使用中以外はカセットボンベを本機から取り外してください。
      製品の取扱説明書をよく読んでからご使用ください。
カセットボンベは必ず中身のガスを使い切ってから捨てましょう。
Hondaの発電機にはご購入時、エンジンオイル、燃料は入っておりません。
別途、ご購入の上、給油してください。
● ご使用前に取扱説明書をよくお読みください。
● 使用上の注意をよく守り、作業時の安全に心がけましょう。