検索

芝生の庭のカワイイ相棒

Miimoは自動で芝刈りをしてくれるロボット芝刈機。美しい芝生の庭を維持するのに欠かせない芝刈り作業を自動で行なってくれます。日々の芝刈りはMiimoにお任せして、芝生の庭があるガーデンライフを堪能しましょう!

芝生の庭を楽しもう!

青々と大地を染める芝生の庭は、その美しさや開放感に加え、フワフワの感触や草の匂いなど五感を 刺激する今注目のガーデンスタイルです。国内外の素敵な芝生の庭の実例をご紹介します。

芝生の緑でゆったりとしたイメージ演出

撮影/山崎亮子
花咲く花壇に囲まれた芝生の庭は北海道の個人邸。中央に緑の美しい空間があることで、周りの花壇が美しく引き立ち、ゆったりとした雰囲気が演出できます。広場は子ども達やペットの遊び場にも最適。
撮影/山崎亮子
芝生を囲む花壇では季節の花が咲き集います。

芝生の庭を人が集うアウトドアリビングに

Photo/Monkey Business Images/Shutterstock.com
芝生の庭は家族や友人が集う屋外のリビングとしても活躍します。芝生は地温の上昇を防ぎ、タイル敷きなどより涼しく過ごせます。気候の良い季節には、バーベキューパーティーやガーデンパーティーを開いてみては。特に何もしなくても、芝生の上に寝転ぶだけで極上のリラクゼーションタイム!
Photo/Monkey Business Images/Shutterstock.com
芝生の庭でガーデンピクニック。

芝生で作るグリーンカーペット

目の詰まったビロードのような芝生の小道が家へと導く英国の庭。レッドカーペットならぬ芝生のグリーンカーペットのおかげで、両脇の花壇の花もより美しく品よく映えます。芝生は「広場」としてだけでなく、小道としても、花壇の緩衝帯としても有効です。
花壇と通路の間に芝生を緩衝地帯とした例。

注目される芝生の有効性

Photo/2xSamara.com/Shutterstock.com

芝生の庭で活動量UP!&ストレス低減効果

芝生を取り入れた小学校では、児童が屋外で身体を動かす機会が増え、身体活動量が増加したことが報告されています。芝生があることで、転んでも痛くないため思い切り走り回れるという心理が働いているようです。また、芝生化後、多愁訴や睡眠障害などのストレス反応の低下もみられました。芝生校庭には緑のリラックス効果に加え、運動によるストレス解消効果もあり、学校での芝生の導入が進められています。さらに、校庭の土が舞い上がるのも防ぎ、喘息発作の抑制効果も期待されています。

足裏感覚刺激による芝生のリハビリ効果

この庭は整形外科の屋上ガーデン。庭は患者さんのリハビリにも利用されています。平衡感覚の低下は他の運動機能と比較し、加齢によって著しく低下してしまい、高齢者の転倒は寝たきりにもつながってしまいます。そこで注目されているのが芝生。近年の研究によると芝生を裸足で歩いて足裏感覚を刺激することで、バランス感覚が改善されることがわかってきました。さらに芝生を裸足で歩くと、足首の柔軟性や足指の筋力が高まり、転倒防止に繋がるとして、芝生ガーデンはリハビリやエクササイズの場としても活用価値が高まっています。
ワシミ整形外科(愛知県・岡崎市)、庭設計・施工/かたくり工房

芝生を張ってみよう!

Photo/U.J. Alexander/Shutterstock.com
芝生をつくる方法は主に種まきか既に草が生えたマット状の切り芝を張るかの2つ。種まきはコストは抑えられますが、均等にまくのが難しく完成までに時間もかかります。マット状の芝はロールタイプのものもあり、仕上がりが早いのがメリットです。

芝マットの張り方

1.土を30cmほど耕して水はけがよくなるよう川砂や芝生の専用用土を混ぜて整地し、足でしっかり踏み固めます。

2.芝マットを敷いていきます。目地の位置を写真のように前後でずらします。目地が前後で揃っていると、そこが水の通り道となり降雨後などに土が割れてしまいます。

3.芝を並べ終わったら上から圧力をかけて地面と密着させます。芝生の上に板などを置いて踏むと均等に圧をかけることができます。

4.葉が隠れない程度に砂や「目土(芝専用の土)」を目地の間にしっかりすき込みます。こうすることで細かな凹凸や隙間を埋めることができます。

5.最後にたっぷり水やりをして芝張り完了。張ってから2週間程度は乾燥に注意して水やりを行うようにしましょう。

美しい芝生のための一年間の手入れ

休眠していた芝生が生育を始めます。生育状態を見て芝刈りを開始します。肥料も施しましょう。

夏に旺盛に生育する暖地型の芝は少なくとも1週間に一度は芝刈りが必要です。降雨が少ない時には水まきもしましょう。

生育状態を見て芝刈りをします。

種類によって地上部が枯れて休眠するか、生育が鈍くなります。冬場は基本的に芝刈りや施肥は必要ありません。

美しい芝生のコツは芝刈りにあり!

Photo/Kateryna Larina/Shutterstock.com

メンテナンスはロボット芝刈機「Miimo」にお任せ!

芝生を美しく保つには、冬を除いてほぼ一年中芝刈りが必要です。特に芝刈りの回数が必要になるのは夏ですが、炎天下での芝刈りはなかなかキツイ仕事。そこで活躍するのが自動芝刈りロボットMiimo。プログラムを設定しておけば、決まった時間に勝手に芝刈りをしてくれるので、芝刈りに要していた時間を有効に使えます。

Miimoのすごいところ!

開始も終了も自動

Miimoは芝刈りを行うエリアや作業時間、間隔などのプログラムを最初に設定するだけで、24時間365日、開始も終了も自動。プログラムの変更はパネルで簡単にできます。さらに、充電残量が少なくなれば、自動的にステーションに戻って充電してくれるので、芝刈りはMiimoにすっかりお任せしてOK。Miimoがあれば頻繁に芝刈りが可能なため、毎回排出される芝の量はごくわずか。芝を集めて捨てる手間もありません。
背中の自動パネルでプログラムを設定。
作業範囲はエリアワイヤーを張るだけ。

芝生の草丈も調整することができます。人がよく踏む場所などは新芽が傷みやすいので、少し高めに設定しておくとよいでしょう。
作業範囲はエリアワイヤーを張るだけ。

安全

Miimoは障害物にぶつかったり、持ち上げられたときには自動的にモーターが停止するため、刃で怪我をすることがありません。また、特殊な構造により石飛を軽減するので、子どもやペットのいる庭でも安心して使えます。

静か

芝刈機はバリバリという草を刈る音やモーター音が気になる場合がありますが、Miimoはリチウムイオンバッテリーでモーターを動かすため動作音が至って静かです。

傾斜もOK!

Miimoは25度までの傾斜地を力強く登ります。また、15度以下の勾配なら真っ直ぐに進むことができます。

防水・防滴性能

Miimoは防水・防滴性能に優れ、雨に濡れて故障することもありません。雨や草花への水やりで、水がかかることを気にしなくても大丈夫。雨天でも移動の必要はありません。

かわいい!

Miimoを正面から見ると、笑っているように見えませんか。雨の日も風の日も、いつも笑顔で働きもののMiimoは、思わず愛情が湧くかわいいロボットです。