花ぐらし > 花を育てる > 春に種子まきする一年草
花ぐらし

花を育てる

春に種子まきする一年草 春に種子をまく一年草は、亜熱帯性のものが多く見られ、暑さに強く、寒さに弱い性質を持つものがほとんどです。
十分に気温が上がった頃を見はからって、タイミングを逃さずに種子まきしましょう。

作業スケジュール

春まき一年草の植えつけ

春の種子まき後に生長して、夏から秋にかけて開花……これが春まき一年草のライフサイクル。寒い時期は活動がとまる品種が多いので、十分に気温が上がった頃にまくことがポイントです。目安としては、4月中旬以降のソメイヨシノが新緑をつけ始めた頃。秋まき一年草の苗を春花壇に植えつけ終わったら、続いて種子まきを始めるといいでしょう。

春まき一年草の植えつけ

水やりは苗の状態に合わせて

種子まき後は、水切れは禁物。土の表面を乾かさないように管理します。ただし、発芽後は多湿にならないように、土や苗の状態を見ながら与えること。あまりに水を与え過ぎると、徒長したり、病気がまん延する原因になります。水やりは表土が乾いてから与えるようにしましょう。

夏の強い日差しと害虫に注意

種子まきが遅れた場合、生育しきっていない苗が急に暑さに当たると、耐えきれずに弱ることがあります。急に日差しが強くなって、温度が上がったら、半日陰に移すか、日除けを施しましょう。また、5〜6月は、病害虫が最も発生しやすい時期。毎日チェックして、早めの対処が大切です。

春まき一年草リスト
品種名 植えつけ 種子まき 花期 草丈
バーベナ 3月中旬〜5月中 3〜4月、9〜10月 4〜11月 10〜30cm
マツバボタン 5月下旬〜6月 4月下旬〜6月上旬 6〜10月 10〜15cm
アゲラタム 4〜6月 3月下旬〜6月中旬 5〜11月 20〜60cm
インパチェンス 5月下旬〜7月上旬 3〜4月 5〜10月 20〜50cm
ケイトウ 4〜6月 5〜8月 7〜10月 20〜70cm
コリウス 4〜10月 4〜5月 4〜11月 20〜60cm
ジニア・リネアリス 5〜8月 4〜7月 6〜10月 20〜30cm
千日草 4〜6月 4〜5月 6〜10月 20〜60cm
トレニア 5〜7月 4〜6月 6〜10月 20〜30cm
ペチュニア 5 〜 7 月 3〜5月、9〜10月 4〜11月 20〜50cm
ニチニチソウ 5月下旬〜7月 4月下旬〜5月中旬 7〜10月 20〜60cm
ベゴニア・センパフローレンス 4〜11月、5〜6月 5月 4〜11月 15〜30cm
オダマキ(セイヨウオダマキ) 5月 4〜5月 5〜6月 30〜40cm
マリーゴールド 3〜9月上旬 4〜8月 3〜11月 20〜45cm
メランポジウム 5〜7月 5〜6月 6〜8月 20〜40cm
ナスタチウム 4〜5月 4〜5月、9〜10月 5〜6月、9〜10月 30〜50cm
ホウセンカ 6〜7月 5月中旬〜6月 6〜9月 20〜100cm
ニコチアナ 5〜6月 4月中旬〜5月上旬 5〜11月 30〜50cm
朝顔 6月 5月 7〜10月 20〜500cm
アスター 4〜6月 4月 7〜9月 30〜80cm
オシロイバナ 5月下旬〜6月 4〜5月 7〜10月 50〜100cm
カンパニュラ メディウム 9月下旬〜10月 5〜6月 5〜7月 40〜80cm
キバナコスモス 5〜9月 4〜8月 7〜10月 30〜100cm
クレオメ 6月上旬 5月 6〜10月 40〜100cm
コキア 6月 4月下旬〜5月中旬 7〜9月 50〜100cm
コスモス 6〜9月 6〜7月 6〜11月 40〜100cm
ブルーサルビア 4〜9月 4月下旬〜5月上旬 5〜10月 50〜80cm
ひまわり 5〜6月 4月中旬〜6月 7〜8月 30〜300cm
ルコウソウ 6月 5月中旬〜6月上旬 7〜10月 100〜200cm
前のページへ戻る
もっと探す
耕うん機トップへ