事故のリスクは軽減したい・・・

実際に事故が発生した場合、企業には下記のような損失が発生してしまいます。
■直接的な損失 ■間接的な損失
事故防止対策

事故のリスクを回避するには、まず事故を起さないよう事前に対策をしておくことが最も大切です。
最近では事故の結果だけ問うのではなく、その過程(どのようなリスク管理を行なっていたか)を十分に検証するようになっています。
社員のみなさまの安全を守り、社会への責任を果たす。
事故減少をめざす活動は、企業をあげての日常の積み重ねが重要です。

社員への教育/研修 企業ドライバー安全運転研修

社員のみなさまの安全のために、企業のリスクマネージメントのために、地域社会との調和のために
「参加体験型」企業ドライバー安全運転研修を行っております。

交通教育センターのご案内

全国8ヵ所にあるHondaの交通教育センターでは各企業様の実情に合わせた交通安全教育を提供しています。
これまでに1500社を超える企業様の交通安全対策をサポートして参りました。

ドライバーの意識向上 危険予測トレーニング

動画で再現した交通場面のケーススタディを通じて「交通センス=危険予測能力」を身につけるためのトレーニング「危険予測トレーニング」をご紹介しております。

運転アドバイス

「運転姿勢」「シートベルト」「車両感覚」「車庫入れ」「縦列駐車」「交通量の多い交差点での右折」「高速道路での合流」といった項目で安全運転に関するアドバイスを掲載しております。

カーライフアドバイス

より良いカーライフを過ごしていただくためのワンポイントアドバイスをご紹介しております。

保険による対策 Hondaの安全技術

事故防止のための対策をしていても、事故を100%防ぐことはできません。
企業はリスク管理として、事故防止対策とともに、もし事故が起こってしまったときの対策もしておかなければなりません。
その企業にあった保険に加入しておくことにより、実際に事故が起きた際、自動車の所有・使用・管理に伴って発生し得る賠償責任および損害を補填することができます。

Hondaでは、事故の「未然防止」から緊急時の「危険回避」「傷害軽減」「被害拡大防止」まで、すべての段階で安全運転をサポートする技術・装備を開発しています。

業種や会社の規模、業務内容などによって、各保険会社には様々な保険が用意されています。
その企業にあった最適な保険に加入しておきましょう!

Hondaが開発している「クルマの安全を支える技術・装備」をご紹介します。