分類から探す
釣期から探す
釣期
0 魚種
アイゴ
アイゴ
海釣りの対象魚のなかでも毒魚として有名。背ビレ、尻ビレ、腹ビレのトゲに毒を持ち、刺されると数時間、長ければ数週間も激しく痛むことがある。体高があり、扁平な楕円形をしている。体色は基本的に茶褐色に白い斑点が入るが、生息場所などによっても変化する。
アイナメ
アイナメ
普段は岩礁やゴロタの隙間に隠れていて、甲殻類や多毛類を捕食する。そのため、上から落ちてくるエサに強い興味を示す。この習性を利用し、ユラユラとエサを落として誘う「ブラクリ釣り」という方法が考案された。 体色は周囲の環境によって異なり、赤褐色、紫褐色などさまざまである。また、釣り人には近縁種のウサギアイナメなどを含めて「アイナメ」と扱われている。
アオウオ
アオウオ
コイに似るが体は細長く、頭部は尖る。ヒゲはなく、口は長く伸ばすことができる。全体に青黒い体色で、背面はやや濃く腹部は灰白色を帯びる。
アオダイ
アオダイ
体に斑紋等はなく、体色は生時は濃い青紫色で腹部は淡色であるが、死後は暗い青灰色になる。背ビレ軟条数は通常10本で、背ビレと臀ビレの後縁は糸状に伸びない。主上顎骨に鱗がない。
アオハタ
アオハタ
「アオハタ」という名前だが実際は茶褐色で、薄い緑褐色の横帯が入る。
アオブダイ
アオブダイ
成魚になると、前頭部に大きなコブができるのが特徴。また、歯は鳥のクチバシのような形になっていて、噛まれると大ケガをすることもあるので注意したい。この強力な歯で甲殻類や貝類を割って捕食するほか、藻類も好む。
アオリイカ
アオリイカ
日本の沿岸に棲むイカのなかでは大型で、幅の広い胴と半円形のヒレを持つ。このヒレをくねらせて泳いでいるのが観察できる。生きている間の体色は半透明で、釣り上げて死ぬと白濁したようになる。非常に目がよく、真後ろ以外のほぼ全方向を見ることができるとされている。そのため好奇心が強い反面、警戒されると釣りづらい。
アカイサキ
アカイサキ
体色は雌雄で異なる。雌の体色は赤味が強く、背から背ビレにかけて数個の暗色班が並ぶ。雄の体色は黄色味が強く、体側が黄色い虫食い状の斑紋に覆われ背ビレ中央基部に黒色斑がある。
アカエイ
アカエイ
眼の後ろに開いている噴水孔の後縁付近が黄色く、体盤腹面の縁辺も黄色いことで類似のエイと見分けられる。尾はムチ状で強大な毒棘をもち、これに刺されると大変に危険である。砂に潜って動かないことが多いので、ウェーディングの際に気づかずに踏んで刺される事故が頻発している。
アカタチ
アカタチ
体側に橙黄色の小円斑が数多くあることが特徴で、背ビレに黒斑がないことでイッテンアカタチと、口を開けたときに見える上顎の膜に細長い黒斑がないことでスミツキアカタチと区別することができる。
アカハタ
アカハタ
ほかのハタ類と同様に口が大きく、下あごが前に突き出ている。また、体の大きさに対して頭が大きい。体側には濃い赤色の横帯が5本あり、背ビレの上端が黒い。
アカヒレタビラ
アカヒレタビラ
タビラは、側線は完全で1対の短い口ヒゲをもち、肩部に明瞭な暗青色の斑点(タビラ斑)をもち、体側縦帯は腹ビレ起部より後ろから始まるなどの特徴をもつ。タビラは分布、婚姻色や卵型から5亜種に細分されており、本亜種は、稚魚や若魚の背ビレに黒斑がなく、雄の臀ビレ外縁が赤いことでキタノアカヒレタビラを除く3亜種と、東北地方の太平洋側と関東平野に分布することでキタノアカヒレタビラと区別することができる。
アカムツ
アカムツ
体形はムツと似ているが、分類上は別の仲間。鮮やかな赤い体色と大きな眼が特徴的だ。 日本海方面では「ノドグロ」と呼ばれ、口の内側が黒い。小さく鋭い歯を持ち、ハリスを切られることもある。また、暴れると口切れ(口が切れてハリが外れること)が起こりやすいので、慎重な取り込みが求められる。1日に1尾釣れれば上等、とされる高級魚だ。
アカメフグ
アカメフグ
体側に不定形の暗色斑が散在し、体表にこぶ状の小さな突起が密生していて触るとざらつことが特徴。標準和名のアカメフグにはこの突起がない。また、トラフグやクサフグの背面や腹にみられる小棘もない。
アカヤガラ
アカヤガラ
日本に分布する本科魚類は、近縁のアオヤガラ(F. ommersonii)とあわせた2種のみ。アオヤガラとの区別は、尾柄部の側線鱗に鋭い後ろ向きの棘があること、背中の正中線上に鱗があること、生時の体色が赤色であることから容易である。
アコウダイ
アコウダイ
背ビレ棘数は13本で、尾ビレ後縁は浅く切れ込み、眼の下に小棘が2本あるなどが特徴。体色は朱一色で腹側はやや銀色がかり、類似した他種との見分けは非常に困難。市場でも厳密な区別がなされないことが多い。
アナゴ
アナゴ
体はヘビのように細長く、褐色で腹側は白い。体の側線に沿って白い点が並んでいる。口を閉じると、上アゴが下アゴに被さる形になる。 おもなエサは甲殻類や多毛類、小魚や貝類など。多様な小動物を捕食する肉食性である。
アブラハヤ
アブラハヤ
淡い黄褐色や灰褐色の体に、はっきりとした黒い線が入っている。ウロコが小さく、表面がぬるぬるしているのも特徴。一般的にはオスよりもメスのほうが大きく育つ。
アブラボテ
アブラボテ
体高は比較的高く、側偏する。側線は完全で1対の口ヒゲをもつ。肩部の斑点と体側縦帯はない。体は雌雄ともに幼魚のときから黒ずんでいるので他のタナゴと容易に見分けることができる。産卵期の雄は体側が暗黄緑褐色になり、これが重油の色を連想させることからその名がついた。
アマゴ(アマゴ/サツキマス)
アマゴ(アマゴ/サツキマス)
アマゴの姿形はヤマメとよく似ているが、側面に散りばめられた鮮やかな朱点で判別できる。30cmを超えるものは立派な大ものである。一方のサツキマスは、サクラマスのように全身が銀白色に輝くが、朱色の斑点が残るものもある。産卵期には体側に婚姻色が表われる。
アマダイ
アマダイ
角張った頭と大きな目が特徴的。体色はピンクから赤褐色で、尾ビレに黄色い筋が走っている。 捕食の際は、海底のエサを砂ごと吸い込むようにする。 味の評価も、価格面でも、関西では最高級クラスの魚と位置づけられている。
アメマス
アメマス
体色は褐色や銀白色で、乳白色の斑点がある。降海する個体にはオレンジの点が見られることもある。 体形は丸々としており、大型のオスは成熟すると下あごが上に曲がる。動物食で、成長するにつれて魚食性が強くなる。
アユ
アユ
河川にソ上したアユは、良質なコケを食べるためにナワバリを形成し、ほかのアユが近づくと体当たりで追い払う。この習性を利用したのが、オトリアユを使った「友釣り」だ。 近年はほとんどの河川で放流が行なわれている一方、河口堰やダムなどで天然アユがソ上できず、天然アユの減少が深刻な問題になっている。
アユカケ
アユカケ
カジカ(C. pollux)と同属で、頭部と頬部に棘や隆起線をもたないこと、左右の鰓膜が峡部(喉にあたる頭部下面の部分)で幅広く癒合して峡部を横切る皮皺を形成しないことなど共通の形質をもつ。カジカとは、前鰓蓋骨に4本の棘をもち、うち最も上にあるものが大きくて上方に強く曲がることで区別できる。この棘でアユを引っ掛けて食べるとの伝承が、その名の由来になっている。本種の標準和名については「アユカケ」と「カマキリ」の二つが使われているが、昆虫のカマキリとの混同を避けるため、ここでは「アユカケ」とした。
アラ
アラ
かつてはスズキ科に分類されていたように体型はスズキに似る。しかし、主鰓蓋骨(エラブタの骨)に3棘があるなどの骨格系の特徴により、現在はハタ科に分類されている。小型魚は体側の背面近くに白色縦線が走り、体側全体の明暗のコントラストが明瞭だが、成長するにつれて一様な暗色になる。前鰓蓋骨にある強大な1棘と背ビレ棘には毒があり、刺されると猛烈に痛みひどく腫れあがるので注意を要する。
イイダコ
イイダコ
足の付け根に楕円形の金の斑紋があることで、ほかの小型タコと見分けることができる。 また、好物の貝類に見えるからか、白い色のものに反応する習性がある。そのため、ラッキョウや白い瀬戸物を使って釣ることができる。
イサキ
イサキ
幼魚のうちは体に黒っぽい縦縞が走る。この模様がイノシシの子供に似ていることから、ウリンボなどと呼ばれる。 エサは小型の甲殻類や動物性プランクトンを好み、吸い込むように捕食する。
イシガキダイ
イシガキダイ
体高があり、体の表面に石垣のような模様がある。この模様は大きくなるに従って細かくなっていく。数十cmにまで育って老成すると模様は消え、口の周辺が白くなる。それゆえクチジロの異名を持つ。
イシガレイ
イシガレイ
体表にはウロコがなく、白い斑点が見られる。背と腹、体の中央に石のような突起物があるのが最大の特徴だ。 好奇心が強く、動くものには敏感に反応する習性がある。また、海底の色に合わせて体色を変えることができる。
イシダイ
イシダイ
幼魚のうちはシマウマのような白と黒の模様が目立つ。メスは成長してもこの縞が残るようだが、オスは模様が消えて口の周囲が黒くなる。 好奇心が旺盛なことでも知られ、稚魚は泳ぐ人に近寄ってきてつついたりすることも。イシガキダイと同様、クチバシのような強い歯を持ち、サザエなどの硬い殻も割って食べることができる。
イシモチ
イシモチ
釣り上げると「グーグー」と音を出すが、鳴いているのではなく、浮き袋を振動させている音である。頭のなかにあって耳のような働きをする「耳石」が非常に大きいため、「イシモチ」の名がついたとされる。
イスズミ
イスズミ
体型はメジナに似ているが、側面に薄い黄色の縦縞が走っている。メジナに混じって釣れることが多いが、より大きく育つため、大ものの引き味には定評がある。
イトウ
イトウ
漢字では魚へんに「鬼」と書き、頑丈なアゴと鋭い歯でさまざまな小動物を捕食する。魚類はもちろん、カエルやヘビ、鳥のヒナを襲うこともある。背中の色は青みがかった褐色で、銀白色の体側には小さな黒い斑点がある。日本最大の淡水魚であるが、近年は個体数が減少し、保護の必要性が叫ばれている。
イトヒキハゼ
イトヒキハゼ
第1背ビレの先端が糸状に伸びており、名の由来となっている。体側に4本の暗色縦帯があり、頬と鰓蓋に多数の青白色斑があり、第1背ビレの前方に黒色斑があることで類似のハゼ類から区別することができる。釣り上げると指に噛みつく習性があり、それに由来した様々な別名がつけられているが、噛まれても痛くはない。
イトヨリダイ
イトヨリダイ
体色はピンクのような淡い赤で、側面に6本の黄色いラインが入っている。イトを撚っているような動きで泳ぐため、この名がついた。ちなみに、英名にもGolden thread(金の糸)という単語が入っている。魚屋などでは近縁種のソコイトヨリと一緒に「イトヨリ」として扱われることが多い。ソコイトヨリは黄色のラインが3本。
イワナ(ニッコウイワナ)
イワナ(ニッコウイワナ)
背中側は緑褐色や灰色で、体の側面に白い斑点が散らばる。この模様は亜種や地域によってかなり差があり、オレンジ色の班が混じるものも。 神経質で人影に敏感な反面、エサの少ない源流部では貪欲に捕食するため、意外に簡単に釣れる魚でもある。
ウグイ
ウグイ
体色は背側が焦茶色で、側面から腹にかけては銀白色。春になると赤と黒の明瞭な婚姻色が現われる。水質汚染に強い魚であり、都市部の河川にも多い。また、田沢湖や猪苗代湖など、強酸性の水域でも生息することが可能だ。
ウサギアイナメ
ウサギアイナメ
日本に分布するアイナメ属魚類のうち、体の側線が5本あるものは、本種のほかアイナメ、スジアイナメ、エゾアイナメ(H. stelleri)の4種である。うち、アイナメ・エゾアイナメとは尾ビレ後縁が丸い(アイナメ等ではまっすぐか浅く湾入する)ことで、スジアイナメとは上から4番目の側線が長くて臀ビレ基部をはるかに越えること(スジアイナメでは短くて臀ビレ起部にはるか達しない)で見分けることができる。また、鱗が小さくて側線有孔鱗数が97~112(スジアイナメでは86~94)であることもスジアイナメとの見分けでは有効。体色は褐色系のものが多いが、緑色がかったものや鮮やかな紅色のものなど変化に富む。
ウスバハギ
ウスバハギ
体型は扁平で薄っぺらく、目の上に細長いトゲがある。ほかのカワハギ科の魚と同じく、小さなオチョボ口がついている。
ウスメバル
ウスメバル
薄い赤褐色の体の背側に、ハッキリとした褐色の模様が入る。近縁種のトゴットメバルに似ているが、この模様がやや大きい。
ウツボ
ウツボ
吻は長く、口は大きく裂けて鋭い歯が並ぶ。体側の地色は黄褐色で、その上に不規則な濃褐色の斑紋がある。臀ビレの縁辺部は白い。
ウナギ
ウナギ
体表はヌルヌルとした粘膜に覆われていて、ヘビのように体をくねらせて泳ぐ。夜行性で、日中は岩のすき間や泥の中に隠れている。夜になると活動を開始し、甲殻類やカエルなどの両生類、小魚などを捕食する。
ウマズヅラハギ
ウマズヅラハギ
体型は扁平で薄っぺらく、目の上に細長いトゲがある。ほかのカワハギ科の魚と同じく、小さなオチョボ口がついている。
ウミタナゴ
ウミタナゴ
淡水魚のタナゴに体型が似ていることからこの名がついた。ウミタナゴには、体色が青みがかっている個体と、やや赤みがかったものがいる。従来は同一種とされてきたが、近年になって前者をマタナゴ、後者をアカタナゴと区別することになった。
ウメイロ
ウメイロ
体は卵形で側偏し、尾ビレは大きくて深く二叉する。生時の体側はブルーに輝き、背ビレ起点前方から尾柄部にかけた幅広い背面と尾ビレは「梅の身色」に染め分けられる。ウメイロモドキに似るが、胸ビレの基部は無斑(ウメイロモドキには黒斑がある)なので区別できる。
ウルメイワシ
ウルメイワシ
群れをなし、口を開けて泳ぎながらプランクトンを捕食する。目が大きく、背は藍色、腹側は銀白色。マイワシやカタクチイワシよりもウロコが細かい。
ウロハゼ
ウロハゼ
ハゼの仲間のなかでは大型の種。マハゼによく似ているが、体型がやや太くて短いのが特徴。下あごが前方に張り出しており、後頭部に小さな黒点がある。
エゾメバル
エゾメバル
背ビレは通常13棘13~15軟条で、鱗の1枚ごとに淡色斑があることが最大の特徴。体形がやや細長く、尾ビレの後縁がわずかに白いことも近似種との識別点になる。体色は赤っぽいものから褐色のものまでさまざま。
オイカワ
オイカワ
成魚のオスはメスよりも体型が大きくなり、特に尻ビレが発達している。 また、繁殖期にはオスの体側に青緑とピンクの鮮やかな婚姻色が表われる。 草食寄りの雑食性で、水生昆虫や藻類などさまざまなものを食べる。
オオタナゴ
オオタナゴ
通常は銀白色で、エラの後ろに青い班がある。産卵期のオスは婚姻色で淡いピンクに染まり、下腹部が黒くなって口の先端に追星が見られる。 日本で確認されるようになったのは2000年ごろ。ほかのタナゴ類に影響を及ぼすことが懸念され、現在は要注意外来生物に指定されている。
オオニベ
オオニベ
背・臀ビレの被鱗域は高さの1/3以下で、胸ビレ後端は背ビレ棘条部後端に達しないこと、尾ビレ後縁は二重湾入形地(W字形に中央部が突出する形)であることから、未成魚・成魚は近縁種と区別することができる。仔稚魚については形態による判別は難しいが、出現期が10~12月と固有性が高いことから近縁種との区別が可能である。
オオモンハタ
オオモンハタ
体やウロコなど一面に褐色の網目模様がある。ホウセキハタとよく似ているため、混同されることが多いが、オオモンハタは尻ビレの縁が白くなっている。
オキトラギス
オキトラギス
体側に約8本の横帯(上半分は褐色、下半分は黄色)をもつことが最大の特徴。背ビレの棘条部と軟条部との間に欠刻がなく、棘条部は淡色。唇は赤く、尾ビレ基底の上部に暗色斑をもつことなどで他のトラギス類と区別することができる。
オショロコマ
オショロコマ
イワナの近縁種であり、体色や白い斑点などもよく似ているが、側面にパーマークと朱点があるのが特徴。また、繁殖期には腹側が赤く染まる。
オニカサゴ
オニカサゴ
体色は鮮やかなオレンジ色や朱色で、体表には突起が多い。注意したいのは、毒を持つヒレのトゲ。魚が死んでからも刺されるとかなり痛むので、取り込む際は要注意。釣り上げたら背ビレ、腹ビレ、尻ビレを切り取ってしまう釣り人もいる。水圧の変化に対応できるため、深場で釣っても取り込む直前までかなりのファイトを見せる。
オハグロベラ
オハグロベラ
ベラ類の中では口が大きく、体高が高くて側偏する。側線は体の後半部で急降下し、有孔側線鱗数は22~23。雄の背ビレの第1~3棘間の鰭膜は糸状に伸びる。雌雄で次のように体色が異なる。雄は全体に体色が黒ずみ、鱗の縁が黄色くなって網目模様となり、頬には迷路の様に複雑な黄色い模様が浮き出る。雌は褐色がかった赤、オレンジ、ピンクなどの赤色系の体色で、腹には青や黒の斑点が10数個散る。
カゴカキダイ
カゴカキダイ
体高は高く強く側偏し、プロポーションはチョウチョウウオ類に似ている。かつてはチョウチョウウオ科とされていたが、稚魚期にトリクチス期幼生を経ないことから独立した科とされた。体にはやや後方に傾いた5本の黒色縦帯がある。日本産は1科1属1種。後頭部から背ビレ起部にかけて急激に盛り上がる姿を、肩が異常に盛り上がった江戸時代の駕籠(かご)かきになぞらえて名づけられた。
カサゴ
カサゴ
体色は暗褐色や赤褐色などの入り混じったまだら模様で、生息環境によって個体差がある。
カジカ
カジカ
大卵型と小卵型のいずれも小石の川底を好み、水生昆虫や甲殻類、小魚などを捕食する。頭部が大きく、エラぶたの縁にトゲがある。体色は褐色系だが、地域や環境によってかなりの差異がある。また、オスのほうがメスよりもひと回り大きい。
カスザメ
カスザメ
ハリ掛かり直後のトルクフルなファーストランは、一度味わったら忘れられない。新たな大物ターゲットとしてのポテンシャルを秘める。体はエイ類の様に著しく縦扁しているが、鰓孔が体の側面に開く特徴からサメの仲間と分かる。胸ビレと腹ビレは著しく広く、2基の背ビレはともに体の後方にあり、臀ビレをもたない。同属のコロザメ(S. nebulosa)に似るが、胸ビレの先端の角度が90~100°とコロザメ(120°前後)よりも狭いこと、両眼の後方に開口する両噴水孔の間隔が両眼の間隔より長い(コロザメはわずかに短い)こと、体の背面の正中線上にそって棘の列があること(コロザメにはない)で見分けられる。体表は微小棘に覆われ、表皮はワサビおろしや木工仕上げ用のサメ皮やすりに利用される。
カタクチイワシ
カタクチイワシ
最も大きな特徴は口の形で、下顎が小さくて口(顎)が片方しかないように見えることからその名がついた。また、別名セグロイワシと称せられるとおり、体側の背面は暗青色で腹面は銀白色。全身が薄くて剥がれやすい大きな鱗で覆われている。
カツオ
カツオ
紡錘形で、生きている間は腹側に横縞が、死ぬと縦縞が現われる。エラブタが動かないため、酸素を取り入れるために常に泳ぎ続ける必要があり、時速60km以上のスピードで泳ぐこともできる。
カナガシラ
カナガシラ
硬い骨で頭部が覆われているため「カナガシラ」の名がついた。形状はホウボウにとてもよく似ているが、胸ビレはホウボウよりも小さい。条半分の体色は赤、腹側はシロである。また、背びれには鮮明な赤い斑紋がある。
カネヒラ
カネヒラ
タナゴ類の中では大型となり、体は側偏して体高が高い。他のタナゴより背ビレと臀ビレの軟条が多くて基底が長く、大型になると鰭条も伸びるので鰭が大きく見える。側線は不完全で1対の口ヒゲは短く、肩部の濃青緑色斑は三角形で明瞭、体側後半に青緑色の縦帯が走る。産卵期の雄は背方が青緑色に輝き、頭部側面と体側腹方が淡桃色を呈して美しい。
カマス
カマス
主な種類はアカカマス、ヤマトカマスだが、南日本太平洋側や琉球列島に棲むオニカマスは2mにもなる。オニカマスは人も襲うとされるほどだが、アカカマスなども同様に攻撃的な性格。
カマツカ
カマツカ
体は細長く、前部が縦偏し後部が側偏する。吻は長くとがり、眼は高い位置にある。口は吻端の下方に開き、1対の口ヒゲと多数の乳頭状突起に縁どられる。胸ビレと腹ビレは大きく、水平位にある。肛門は腹ビレのやや後方に位置し、日本産コイ科魚類の中では最も前方にある。スナホリやスナムグリの別名のとおり、驚いたりするとよく砂に潜る。
カミナリイカ
カミナリイカ
コウイカに似るがより大型になり、胴の背面には多数の横縞のほか、唇型の斑紋が散ることが特徴。ただし、唇型の斑紋は小型個体では薄い個体もいるので注意を要する。また生時には、胴の全周にわたる鰭の基部に蛍光グリーンの線が走り、これは斑紋が不明瞭な小型個体の区別点として有効。
カラフトマス
カラフトマス
体側や背ビレ、尾ビレに黒い斑点があるのが特徴。また、河川に戻ってくるころには、銀白色だった体が婚姻色で赤紫に染まる。オスの口は先端が細く伸びて湾曲し、背中が大きく上に張り出す。産卵は、1尾のメスをオスが奪いあうように取り囲んで行なわれる。
カワハギ
カワハギ
名前のとおりザラザラとした丈夫な皮に覆われている。小さなオチョボ口には頑丈な歯が付いていて、貝などの硬いエサも砕くことができる。また、ヒレを器用に動かして水中で静止しながら捕食できるため、釣り人が気づかないうちにエサをとられてしまうことがよくある。そのため、エサ取り名人の異名を持つ。
カワムツ
カワムツ
動物食性の強い雑食性で、水生昆虫や昆虫、甲殻類などを捕食するが、藻類や水草を食べることもある。エサをとる場所をめぐって、カワムツ同士で争うことがある。 また、近年の研究により、これまで1種とされていたカワムツがA型とB型の2種に分かれることが判明した。
ガンゾウビラメ
ガンゾウビラメ
ヒラメ同様に、目が体側の一方に寄っている。口が大きく、茶褐色の体表に丸い斑紋が点在している。近縁種のタマガンゾウビラメ、テンジクガレイによく似ている。
カンダイ
カンダイ
前頭部がコブ状に張り出すことが最大の特徴で、特に大型の雄でその特徴は顕著となり、下顎も著しく厚みを増して大きくなる。背ビレは12棘9~11軟条。体色は成長に伴って著しく変化する。幼魚の体色は鮮紅色で、体側中央に白色縦帯をもち、背ビレ・腹ビレ・臀ビレの各軟条部に白く縁どられた大黒斑をもつ。成魚になると体色は一様な暗いピンク色となり特徴的な斑紋等はなくなる。
カンパチ
カンパチ
目の上を斜めに走る褐色の帯がある。これを正面から見ると、「八」の字に見えることからカンパチの名が付いたという。背中は黄褐色で、体側の中央に黄色い縦帯が目立つ。 ブリやヒラマサに比べると体型は扁平で、体高がある。
キジハタ
キジハタ
暗褐色の上にオレンジ色の斑紋が広がり、ヒレも黄みを帯びている。 産まれた時にメスだった個体が、大きく成長してからオスに転換する「雌性先熟」という性質を持つ。 また、縄張り意識が強く、人の気配などで驚いても同じ位置に戻ってくることがある。
キタノホッケ
キタノホッケ
日本の釣り魚の中で最も冷たい海にすむもののひとつ。同属のホッケに似るが、体に5~6本の明瞭な暗色横帯がある(ホッケでは暗色横帯はないか、あっても腹側では細くなる)、第3側線は胸ビレ基底後端と臀ビレ起部の中間から始まり臀ビレ基底後端を越えない(胸ビレ先端より前から始まり臀ビレ基底後端を越える)、第4側線は胸ビレ基底下端より前から始まり腹ビレ後端よりわずかに後方に達する(胸ビレ基底下端付近から始まり臀ビレ起部に達する)などで区別できる。英名のAtka mackerelは、アリューシャン列島のアトカ島にちなむ。
キタマクラ
キタマクラ
死者を寝かせる時の「北枕」が由来、という恐ろしい名前を持つ魚。皮に強い毒を持ち、内臓にも弱毒がある。 遊泳速度は遅く、浅い場所をのんびり泳いでいるのが見られるが、硬い歯でイトを噛み切ってしまうので釣り人からは忌み嫌われている。
キチヌ
キチヌ
クロダイに似るが、体色が明るく、腹ビレ・臀ビレ・尾ビレの一部が黄色い。ただし、黄色味の強さには個体差がある。側線上の鱗の数が3.5(大鱗3枚、小鱗1枚)~4.5枚で、クロダイの5.5枚より少ない。
キツネメバル
キツネメバル
本種とタヌキメバル、コウライキツネメバル(S. ijimae)の3種は、同定が困難なメバル・ソイ類の中でも最も見分けが困難な種群である。これら3種の分類については過去80年近くにわたって様々な考えがだされたが、最新の研究では本種とコウライキツネメバルは同種とされ、本種とタヌキメバルの2種にまとまった。これら2種は、眼の下に顕著な小棘はなく、眼隔域はくぼまず平坦で、尾ビレ後縁は丸く、背ビレ棘数は12~13本、有孔側線鱗数は29~34という共通の特徴をもつ。本種とタヌキメバルは、尾ビレ後端の白色帯が非常に狭いかほとんどないこと(タヌキメバルでは白色帯は広い)、体の暗色横帯はやや不明瞭で小暗色点が密に分布すること(体の暗色横帯は明瞭で小暗色点はまばら、稀に体が一様に淡色な個体もいる)、体幅はやや広いこと(体幅はやや狭く、体はよく側偏する)で見分けられる。経済価値が高く、1990年代から北海道、青森県や岩手県で人工種苗生産が行われている。
キハダ
キハダ
体型は紡錘形でやや細長く、体側に黄色い部分がある。胸ビレは長く、その先端は第2背ビレの下に達する。第2背ビレと臀ビレは黄色く、成長に伴って鎌状に長く伸びる。小離鰭も明瞭に黄色い。若魚の体側下部には小白斑が列をなして並ぶ。
キュウセン
キュウセン
体表はぬめりに覆われ、ウロコが大きい。メスは黄褐色で、背中と側面に黒い縦帯が入る。一部は成長するとオスに性転換する。 オスはメスよりも大きくなる傾向があり、黄緑色と紫色が目立つカラフルな体色。 小さな口と硬い歯でエサをちぎるようにして捕食する。
ギンガメアジ
ギンガメアジ
体は側偏して体高が高く、頭部が張り出している。口が大きく、上顎の後端は眼の中央より後ろ。眼は大きく、脂瞼が発達する。鰓蓋上部に明瞭な黒斑があるのが最大の特徴。幼魚の体側には5本の暗色横帯が現れることがある。
キンチャクダイ
キンチャクダイ
観賞魚として高い人気があるキンチャクダイ科の代表種。本科魚類は体高があって強く側偏し、美しく鮮やかな体色をもつことからチョウチョウウオ類に似るが、前鰓蓋骨の下部に強い1棘をもち、稚魚はトリクチス期を経ないことで区別される。体色は一様にオレンジ色で尾ビレで特に鮮やか。体側の全体に青色縦帯をもつことで容易に近縁他種から区別できる。本科魚類の多くは成長に伴って著しく体色と斑紋が変化することが特徴で、それゆえに観賞魚としての価値が高く、本種もその例に漏れない。稚幼魚の体色は黒く、後頭部から胸部にかけて幅広い黄色横帯をもち、背ビレ先端・臀ビレ後部先端・尾ビレは黄色い。巾着(財布)のような形がその名の由来。
キンメダイ
キンメダイ
キンメダイは水圧変化に強いため、深海から海面まで引き上げてもまだまだ元気。バラすと潜って逃げてしまうため、取り込みはタモを使って慎重に心がけたい。
クエ
クエ
ハタ類としては体高はやや低く、体に6~7本の暗色横帯があり前方のものほど傾斜すること、体のどこにも暗色斑がないなどの特徴から類似種と区別できる。しかし、死後や老成魚では体全体が一様に褐色となる。
クサフグ
クサフグ
内臓と皮に猛毒のテトロドトキシンが含まれるため、食用に適さない。 体色は、濃い緑褐色の背中に白い点が散っており、胸ビレの後ろに大きな黒い斑紋がある。 泳ぐスピードは遅く、それぞれのヒレを羽ばたくようにして進む。
クジメ
クジメ
アイナメに似るが、尾ビレの後縁は丸く(アイナメはまっすぐ)、側線は1本(アイナメは5本)であることから区別することができる。体色は茶褐色を基調としつつ棲み場所によって赤褐色や暗褐色などのバリエーションがある。胸ビレ基部の上方には白縁のある黒斑があり、体全体に小白斑が散る。
クチボソ
クチボソ
上向きの小さなオチョボ口が特徴的。また、側線に沿って黒い縦帯が走っている。 雑食性で、アカムシやプランクトン、藻類などを食べて育つ。
クラカケトラギス
クラカケトラギス
近縁種のトラギスは背ビレがふたつに分かれているが、クラカケトラギスはひとつに繋がっていること、頭部に青色の模様がないことで区別できる。 背中は赤褐色で腹が白く、側面に「ウマに鞍をかけたような」黒い模様が見られる。
クルメサヨリ
クルメサヨリ
体は細長く、海に棲むサヨリとよく似ている。口の先端が尖っており、下アゴのほうが上アゴよりもかなり長い。また、下アゴの裏側が黒くなっている。 現在、生息数が減っており、保護の必要性が叫ばれている。
クロガシラガレイ
クロガシラガレイ
体は楕円形で眼上に鱗がなく、側線は胸ビレ上方で上方に湾曲する。尾ビレは一様に黒く後縁は白く縁どられる。背ビレと臀ビレの有眼側・無眼側に数本の黒色帯がある。ただし、帯の濃淡や数には個体差がある。別名のウスゲショウは、似た他種よりもヒレの帯が薄いとされることによる。近縁他種の中では、クロガレイ(P. obscurus)がよく似ており市場や流通で混同されることが多いが、側線の湾曲が本種の方が高くて台形に近い形になること、尾ビレ後縁に白い縁どりがあること(クロガレイにはない)で見分けられる。背ビレは56~73軟条、臀ビレは42~56軟条、有孔側線鱗数は71~108。主に刺網により漁獲量され水揚量は多く、大型となる水産上重要なカレイ。
クロシビカマス
クロシビカマス
体は細長くて側偏し、体色は全体に黒褐色。大きな口と大きな眼をもち、両顎には大きく鋭い歯が並ぶ。背ビレの基部は長く、背ビレと臀ビレの後ろに小離鰭をもつ。側線は胸ビレの上方で強く湾曲する。
クロソイ
クロソイ
全体的に黒っぽく、背ビレなどのトゲが鋭い。体型はキツネメバルやタヌキメバルに似ているが、クロソイは目の下に明確なトゲがある。
クロダイ
クロダイ
クロダイは性転換する魚として知られる。性別のはっきりしない時期や両性魚の時期を経て、成長すると一部を除いてメスになる。警戒心が強く、釣り人には人気のターゲット。二枚貝類、甲殻類、多毛類をおもに捕食するため、釣りエサにも同じものを使う。ただし海藻や小魚を食べる場合があり、コーンやスイカをエサにしてねらうこともある。
クロマグロ
クロマグロ
マグロ類中で最も低温に適応しており、水温5℃の海域で獲られた記録がある。胸ビレは短く、その先端は第2背ビレ起部に達しないことで他のマグロ類と区別できる。幼魚はヨコワとも呼ばれるように体側に10数本の白色横帯をもつ。
クロムツ
クロムツ
同属のムツとよく似るが、体色は黒っぽい。生活史などで分かっていない部分も多い。鋭い歯を持つ魚で、幼魚は陸っぱりのルアーフィッシングなどでも釣れる。
クロメヌケ
クロメヌケ
赤い魚体のメヌケ・アコウダイ類の中にあって、北海道限定の鮮やかな黄色い魚体は異色の存在。産卵期には黄色味が薄れて青味がかった黒褐色の部分が現れることからアオゾイとも呼ばれる。学名のうち種小名の glaucus はラテン後で「青灰色」を表し、洋の東西で同じ特徴に基づいた名があてられていることは興味深い。メヌケ類の同定は難しいが、この特異な体色とともに14棘14~17軟条の背ビレをもつことで区別は容易。その他の特徴としては、眼の下に顕著な小棘はなく、後頭部にも棘がないこと、主上顎骨に鱗がないことでも近縁他種と見分けられる。
ケムシカジカ
ケムシカジカ
大型で食味がよいカジカとして地域的には人気の釣りもの。一見オコゼ類に見えるので警戒心を抱かせるが、毒棘はない。注意すべきは細かくて鋭い歯が並ぶ口で、噛まれると怪我をする。生命力が強く死んだ様に動かなくなっても噛みつくことがある。ケムシカジカ科の代表種で、日本産の同科魚類は本種をあわせても4種のみの小グループである。同科魚類は、体はやや細長くやや側扁し、体表は小瘤状突起に密に覆われ、腹ビレに棘条がなく、尾ビレは丸いなどの特徴をもつ。本種は頭がやや縦扁し、背面に多くの骨質突起があり、頭部、背ビレ棘先端、胸ビレ基部上端、側線上に皮弁がある。同科の他種とは、背ビレ棘条部の基底が長く、背ビレ棘条数が16~19と最も多いことで区別できる。体はオリーブ色がかった灰褐色だが、赤色、黄色、ピンク色など変異に富む。かつてトウベツカジカと呼ばれていたが、北海道当別村(現北斗市)で多く水揚げされていたことにちなむ。
ケンサキイカ
ケンサキイカ
胴の先端が尖っていて剣のように見えるため、この名がついた。また小型のものは丸みを帯びた体型のため、関東では一般的に「マルイカ」と呼ばれている。大型になると「ベンケイ」と呼ばれることも。 肉食性で、稚イカの時期を除き、弱った魚などを捕食することが多い。甲殻類や小型のイカなどを食べる場合もある。
コイ
コイ
口の横に2対のヒゲがある。ミミズや甲殻類、水草や貝類のほか、昆虫や小魚など、ほとんどのものを食べてしまう雑食性の魚。 口には歯がないが、喉の奥に咽頭歯という器官があり、硬いエサはここで砕いて飲み込む。 また、音に敏感である。
コショウダイ
コショウダイ
体型はタイ類に似て体高が高く側偏する。唇が厚く、銀色の体色に暗灰色の太い斜めの帯が2本走り、体の後半部には名の由来となった小黒斑が散る。
コマイ
コマイ
タラ類は互いによく似ているが、上顎が下顎より前に突出することでスケトウダラと区別され、側線有孔鱗が第2背ビレ直下まで連続する(マダラでは第3背ビレ直下まで連続する)こと、頭が小さく体型はやせ型であること、下顎のヒゲは短く眼径の半分以下(マダラでは眼径と同じか長い)ことでマダラと区別される。
ゴマサバ
ゴマサバ
細長い紡錘形で、体の断面は円形に近い。青緑色の背中にサバ類独特の曲線模様が入っており、腹側にゴマのような黒い斑点が入る。 マサバよりも脂肪が少ない一方、年間を通してあまり味が落ちない。
コロダイ
コロダイ
体型はタイ類に似て体高が高く側偏する。よく似た体型でともに大型となるイサキ科のコショウダイ属各種(日本産11種)とは、背鰭棘数が9~10本と少ないことで(コショウダイ属は11本以上)区別することができる。体型と色斑は成長に伴って大きく変化する。成魚は、銀色の体色で背面はやや黒く、対側面と各鰭には瞳孔より小さなオレンジ色の斑紋がちりばめられ、斑紋は腹にかけて細かくなる。稚魚は体型がやや細長くて後頭部が隆起し、尾鰭と背鰭始部が伸長する。体色は鮮やかな黄色と幅広い黒色縦帯のコントラストが美しく、観賞魚にもなる。
ゴンズイ
ゴンズイ
胸ビレと背ビレのトゲに毒があるため、釣り上げたら扱いに注意。死んだあとも毒性は消えず、刺されると激痛が走る。持ち帰らない場合も、陸上に捨てたりしてはならない。海中ではフェロモンを出して群れをなす。ボール状に密集しているので、これを「ゴンズイ玉」と呼んでいる。
サクラダイ
サクラダイ
日本固有種にして属名にサクラを名乗る。海外の水族館やアクアリストから「ザ、ニッポン」と賞賛される美しい小魚。釣り人からは見向きもされないが、国外では高い人気を誇る。背ビレ第2~4軟条のうち1~3本が糸状に伸長し、尾ビレは深い湾入型で上下先端は伸長する。雌雄で体色が異なり、かつて雌は別種とされてオウゴンサクラダイと名づけられていた。雄は赤い体に2~3列の白斑が散り、雌の体は一様に濃いオレンジ色で背ビレ棘条部後半に大きな黒色班をもつ。また、雄の背ビレ第3棘は糸状に伸びる。大変に美しい学名をもつ魚のひとつで、前述のとおり属名は桜。そして、種名は真珠を意味しており雄の体側にちりばめられた白斑にちなむ。
サクラマス
サクラマス
ヤマメよりも明らかに体型が大きく、全身が銀白色に輝く。背側に小さな黒点が散らばり、産卵期には薄いピンク色の模様が浮かび上がる。またオスは上アゴの先端が下に曲がる。幼魚のころはプランクトンや水性昆虫、落下昆虫などを食べる。降海後はおもに小魚を捕食するが、ソ上を開始してからはほとんどエサを食べない。
ササノハベラ
ササノハベラ
従来ササノハベラとされた種は、1997年にホシササノハベラとアカササノハベラの2種に分かれた。両者の区別点は次の2点。眼下縁から始まる暗色縦線が、前者では直走して胸ビレ基部に達しないのに対し、後者では下方にカーブして胸ビレ基部に達すること。成魚の体側は、前者では背部に白色斑があるのに対して後者では明瞭な白斑がないこと。また、両種ともに雌雄で体色が異なり、前者の雌は背ビレと臀ビレが黄色く、後者の雄の体色は前半が黄色系、後半が赤色系に染め分けられる。
サッパ
サッパ
体は著しく側偏して特に腹は薄く、腹縁には稜鱗という中央部が鋭角に曲がった鱗が並ぶ。体側は銀白色に輝き、背面は暗青緑色。腹ビレは8軟条で、臀ビレの最後の2軟条は伸長する。
サヨリ
サヨリ
口の先が尖っており、特に下アゴが前方に突き出して、頭長よりも長く伸びている。また、下アゴの先端が朱色になる。 群れで表層を泳ぎながら、動物プランクトンや藻の切れ端などを食べている。
サワラ
サワラ
サワラ属魚類は日本近海から5種が知られているが、体側に多くの暗色斑があること、第1背ビレが19~21棘であることで他の4種から区別することができる。
シイラ
シイラ
体は細長く体高は頭部で最も高くなり、著しく側偏する。背ビレ基底は著しく長く、眼の上方から尾柄部まで連続する。体色は、背部は濃青色で腹部は黄褐色で体側にブルーの小斑点が散在するが、体色は釣り上げると刻々と変化する。
シマアジ
シマアジ
体高があり、薄くて長い楕円形をしている。背中が青緑で腹は銀白色。若いうちは体の中央に黄色の縦線が走っているが、成長するにつれて消えていく。 胸ビレの上に黒い斑点がひとつあり、尾の近くにゼンゴと呼ばれる硬いウロコが並んでいる。 ハリに掛かると強烈な引きを見せるが、唇が薄くて壊れやすいので取り込むのが難しい。
シマガツオ
シマガツオ
体は卵形で著しく側偏し、深く湾入した尾ビレをもつ。張り出した頭部と大きな眼が特徴。体色は全体に明るい銀色で、死後時間が経過すると黒ずむ。
シマゾイ
シマゾイ
最大の特徴は、体の上半部が暗色で背ビレ基底部と側線上にそれぞれクリーム色の縦帯が走ることで、この2本の縦帯が名の由来となっている。多くのメバル類やソイ類は体型が似ているうえに色彩変異が大きくて同定が困難だが、本種はこの特徴から容易に見分けることができる。また、眼の下に顕著な小棘はなく、眼隔域がくぼみ、尾ビレ後縁は丸く、背ビレ棘数は13~14本などの特徴をもつ。体色が全体に黄色味を帯びることから、別名キゾイと呼ばれる。
ショウサイフグ
ショウサイフグ
東京方面では庶民的なフグとして知られ、釣りの対象としても人気。 皮と内臓に毒があるため、調理をするには免許が必要。沖釣りでは混ざって掛かるほかのフグと判別する必要もあるため、船宿で下ごしらえをしてもらうのが前提。
シリヤケイカ
シリヤケイカ
コウイカ類は互いによく似るが、コウイカやカミナリイカにみられる甲の先端部の針状の突起がない。生時は黒褐色の胴の背面に多数の小白点が散る特徴的な体色から区別は容易である。胴の全周にわたる鰭の基部に白い線が走る。胴の腹面後端近くに尾腺が開口しており、そこから茶褐色の粘液を分泌し、胴の先端に焼けたような色がつくことからその名がついた。
シロギス
シロギス
海釣りの代表的な人気魚種で、ハリに掛かると小気味よい引き味で楽しませてくれる。 普段は海底のすぐ上を泳ぎながら、多毛類や甲殻類を捕食する。エサは砂と一緒に吸い込むようにして食べる。 群れで活動しているので、1尾釣れると同じ場所で連続することが多い。ただし警戒心も強く、船影を嫌い、オモリの着水音などにも敏感に反応する。
シロザケ
シロザケ
海で生活している時期は体が銀白色に輝く。産卵が近づくと皮が厚くなって全体的に黒ずみ、やがて赤や緑色などのまだら模様が生じる。特にオスの変化が顕著で、上アゴが伸びて「鼻曲がり」となり、背中が張り出す。
シロヒレタビラ
シロヒレタビラ
タビラは、側線は完全で1対の短い口ヒゲをもち、肩部に明瞭な暗青色の斑点(タビラ斑)をもち、体側縦帯は腹ビレ起部より後ろから始まるなどの特徴をもつ。タビラは分布、婚姻色や卵型から5亜種に細分されており、本亜種は、稚魚や若魚の背ビレに黒斑がなく、雄の臀ビレ外縁が白いことで他の4亜種と区別することができる。腹ビレにも白色部があり、いずれも白色部の内側は黒色。
ジンドウイカ
ジンドウイカ
最大でも胴長12cm、体重50gどまりの小型のイカで、ケンサキイカやヤリイカの幼体と似る。先が尖らない太短い胴の半分ほどに四角くて角に丸みがある鰭がつき、腕は太く(特に第2、3腕)、胴に比べて大きいなどの特徴から区別することができる。
スケトウダラ
スケトウダラ
3つの背ビレと2つの臀ビレをもち、下顎には短いヒゲをもつ。近縁のマダラ(Gadus macrocephalus)やコマイ(Eleginus graciris)とは、下顎が上顎よりも突出することで区別できる。重要な水産資源で、底びき網・刺網・延縄などにより日本海北部や北海道周辺で大量に漁獲される。しかし、近年は日本周辺の漁獲量が減少しており、乱獲のほか海水温の上昇などの海況変化との関連が指摘されている。
スズキ
スズキ
肉食性で、若魚のうちは甲殻類や多毛類などを捕食。スズキクラスになると魚食性が強まる。昼夜を問わず捕食行動をとるが、夜間の方が釣りやすいとされており、曇や雨の日、海が荒れた時などは日中でも釣りやすくなる。全国的になじみ深い魚であり、湾奥の工業地帯など、水質の悪い水域でも生息できる。
スズメダイ
スズメダイ
スズメダイ類の中では最も低温に適応しており、秋田県でも越冬する。体は卵型で側偏し、体色はほぼ一様でくすんだ褐色。生時には背ビレ後端基部に明瞭な白斑がある。
スナガレイ
スナガレイ
体は菱形で、有眼側に砂粒状の黒点や白点があることが名の由来。眼の上に鱗がなく、頭部背縁は上眼の前縁上で強くくぼむ。背ビレと臀ビレの有眼側・無眼側のどちらにも黒色帯がなく、生時には無眼側の背ビレ・臀ビレ基底付近にくっきりとした黄色帯がある。背ビレは52~67軟条、臀ビレは42~50軟条。側線は胸ビレ上方で上方に湾曲し、有孔側線鱗数は64~73。
スマ
スマ
最大の特徴は胸鰭下方の腹部に数個ある黒斑点で、これがお灸(ヤイト)の痕のように見えることから「ヤイト」という通称で広く呼ばれている。この黒斑の大きさや数には個体差があり、特に大型個体では小さく目立たない。そこで、第1背鰭基部から尾柄部にかけての背面にあるサバに似た背模様の存在を併せて確認するとよい。本種の背模様は虫食い状から虫食いが連なった線状で、線状の場合は前方斜め下に流れる傾向がある。
スミイカ
スミイカ
標準和名コウイカの名のとおり、硬い石灰質の甲を持つ。また関東の釣り人はスミイカと呼ぶが、それは大量のスミを吐くため。船上で不用意に扱うと、全身スミまみれになることも……。
スルメイカ
スルメイカ
肉食性で、上方へ逃げる小魚などを追いかけて、抱きつくように捕食する。イカの仲間のなかでも特に活発で、獰猛な性質を持ち、時には自分と同じくらいの大きさの魚も食べてしまう。
ソウギョ
ソウギョ
コイに似るが体は細長く、頭部前端はまるみを帯びる。ヒゲはなく、薄くて櫛状の歯をもつ。体は全体に黄褐色で、背面はやや青灰色、腹部は灰白色を帯びる。鱗の縁辺が暗色にふちどられており、全体として網目状に見える。
ソウハチ
ソウハチ
カレイの仲間としては口が大きく、歯は有眼側・無眼側ともによく発達する。有眼側には顕著な模様はなく、尾ビレ後端は中央部が突出する。上眼は頭部背縁にあり、眼の上に鱗がない。背ビレ起部は上眼の後半部にある。胸ビレ中央部軟条の先端は分岐する。背ビレは64~79軟条、臀ビレは45~61軟条、有孔側線鱗数は70~86。底引き網や刺網で多く漁獲される重要な水産物で、加工品は全国に流通している。
タイリクバラタナゴ
タイリクバラタナゴ
外来種だが、現在ではタナゴというと本亜種を差すことが多い。 通常は銀色で、体の側面に短い青緑の線が入っている。オスは産卵期になると全体的に黒っぽくなり、エラブタの後ろがピンクに染まる。 水質の悪化やコンクリート護岸の増加により、関東地方では個体数が減少している。
タカノハダイ
タカノハダイ
体つきは背中がせり出したようなタイ型で、体表には茶褐色の横縞が斜めに9本入っている。 ヒレは黄褐色で、尾ビレはいくつもの白い斑点がある。
タカベ
タカベ
体型はやや細長い楕円形。背中は濃い青色で、腹側は銀白色。また背中から尾ビレにかけて鮮やかな黄色の帯が1本走っているのが最大の特徴。 動物プランクトンをおもに捕食している。
タチウオ
タチウオ
全身が銀色に輝き、触っただけで切れるほど鋭い歯を持つ。 稚魚や幼魚のころは甲殻類の幼生や小魚などを捕食。成魚になると、鋭い小魚を捕らえ、時にはイカや甲殻類などもねらう。 なお、釣り人はタチウオの体高を指の本数で測る。「指3本」といえば、魚体の幅が3つの指の幅と同じである、ということ。
ダツ
ダツ
体型は細長く、サヨリなどに似ているが、ダツは上下のアゴが前方に長く伸びる。内側には鋭い歯が生えている。 エサを捕る際、小魚のウロコが反射するキラメキを目印にするようで、光に突進する性質がある。そのため、夜間にダツのいる海をライトで照らすと人間に向かって飛び出し、過去には死傷者も出ている。
タマガンゾウビラメ
タマガンゾウビラメ
最大でも25cmどまりの小型のヒラメの仲間。背ビレ前部の鰭条は短く、糸状に伸びないこと、有眼側の側線の上方に3個、下方に2個の眼状斑があること、臀ビレは53~57軟条であることから近縁種と区別できる。
チカ
チカ
同属のワカサギ(H. nipponensis)に似るが、鱗が細かく体側の縦列鱗数が62~68(ワカサギは60以下)であることで区別できる。腹ビレが背ビレ基点直下からやや後方(基点直下またはやや前方)から始まる個体が多いことも参考となる。
チカメキントキ
チカメキントキ
横から見ると卵型で、扁平な体型。目とヒレが大きく、特に長い腹ビレが目立つ。背ビレの条は後ろにいくほど伸びている。 大型になるほど水深のある場所を好む。
ツムブリ
ツムブリ
背中は暗い青緑や藍色で、側面の中央に水色の縦帯が2本入っている。ブリやヒラマサ、カンパチなどに似ているが、頭部が小さく、口が細長く尖っている。また、尾ビレの前側に離鰭(りき)と呼ばれる小さなヒレがある。
テナガエビ
テナガエビイ
最大の特徴は、時に体長よりも長く発達する1対の脚。エサをつかんだり、ほかのエビと争う時に使う。ザリガニやカニとは異なり、前から2番目の脚が伸びている。 釣りの対象となっているものには、おもにテナガエビ、ヒラテテナガエビ、ミナミテナガエビの3種類がある。
トウゴロウイワシ
トウゴロウイワシ
小型の甲殻類など、動物プランクトンを主食とする。イワシに似ているが、実際はボラやダツに近い種類である。
トラギス
トラギス
吻から頭部側面に5~6本の青色横線があり、下顎腹面に多数の黒斑をもつことが特徴。体色は赤褐色で、その中央部に白色の斑列が並ぶ。背ビレ棘条部と軟条部との間に深い欠刻がある。
ナマズ
ナマズ
夜行性の魚。昼間は流れの緩やかな場所にいて、水底の岩や水草の陰などに身を潜めている。 夜になると発達した口ヒゲでエサを探し貪欲に捕食する。エサになるのはおもにドジョウやタナゴなどの小魚、甲殻類、カエルなどの小動物である。
ナンヨウカイワリ
ナンヨウカイワリ
いわゆるヒラアジの仲間だが、体側に黄色の斑があるのですぐ分かる。 ハリに掛かると強い引き味で釣り人を楽しませてくれる。
ニゴイ
ニゴイ
体型は細長く、鼻先が前方に伸びていて、1対のヒゲがある。そのほかに口が下向きについていること、尾ビレの切れ込みが深いといった特徴がある。また、水質の悪化に強いため、都市部の河川にも多い。従来は1種だと考えられていたが、本州西部と四国にいるものは近縁種のコウライニゴイだと考えられている。
ニザダイ
ニザダイ
葉っぱのような体は小さなウロコに覆われ、口が前方に突き出している。若魚のころは体高が高く、尾ビレが白くなっている。 また、尾ビレの前に4~5個の黒い点があり、硬い骨質板が突き出ている。
ニジマス
ニジマス
日本に初めてニジマスが持ち込まれたのは1877年。基本的には冷水性の魚だが、25℃前後の高水温にも適応できるため、養殖が盛んに行なわれている。 エラから尾ビレにかけて朱色の縦帯が通っており、ほぼ全身に小さな黒点が散りばめられている。幼魚のころはパーマークがあってヤマメに似ている。
ニベ
ニベ
体側の側線上方の各鱗には1枚ずつに黒斑があり、黒斑列は後方上から前方下に向かう斜線となって尾柄部まできれいに並ぶ。よく似たシログチ(イシモチ)とは、鰓蓋の上にやや大きな黒斑がないことで区別することができる。
ヌマチチブ
ヌマチチブ
チチブとともにマハゼ釣りの定番ゲストで、両種は酷似しておりしばしば混同される。チチブと見分けるポイントは次のとおり。①第1背ビレが幼魚時には雌雄とも伸びず、成魚は雄のみ糸状に伸びるが、糸状部は短い(チチブでは幼魚の時から雌雄ともに伸びる)。②生時、頭側に比較的大きな白点(産卵期の雄では青みがかる)が散在する(白点が密在する)。③生時の若魚では、第1背ビレの基底から離れた上方の位置に暗赤色縦帯がみられる(暗赤色縦帯は下方にしかない)。④生時、胸ビレ基部に薄茶色の横帯があり、その中に枝分かれしたり途切れたりする橙色線がある(胸ビレ基部には黄色・橙色または青味を帯びた黄色の帯があるが、その中に橙色線はない)。なお、屋久島・種子島~琉球列島には酷似した同属のナガノゴリ(T. kuroiwae)が分布するが、本種とチチブはそのエリアに分布しない。高知県四万十川では、がらびき漁で漁獲され、佃煮にされる。
ネンブツダイ
ネンブツダイ
体型は平べったく、体長の割りに頭部と口が大きい。薄いピンクに輝き、目のあたりから背中にかけて、何本かの黒い縦帯が走っている。また、尾ビレの付け根にも黒い斑点が入る。
ハオコゼ
ハオコゼ
体は側偏し額がやや張り出す。背ビレ棘数は14~15で第2・3棘が最も長く、第5~9棘の間に黒色斑がある。これらの棘には毒があり、刺されると危険。腹ビレは1棘4軟条。体色は様々で赤あるいは茶褐色を基調とする。
ハガツオ
ハガツオ
紡錘形の体はやや細長く、やや側偏する。第1背ビレと第2背ビレはよく接近する。体はすべて小鱗で覆われ、カツオやソウダガツオ類のような無鱗域はない。体側上半部に細かい縦縞模様があり、これが「スジガツオ」などの別名の由来となっている。また、釣り上げた直後の興奮時には体側背部~中央部に10数本の白色横帯が明瞭に浮き出る。両顎歯は円錐形でよく発達し、その名の由来となっている。
ハクレン
ハクレン
眼の上縁は吻端よりも下にあり、鱗は細かい。臀ビレの起部は背ビレ基底後端よりも後ろにある。喉部から臀ビレ後端までの腹縁はキール状に突出した隆起縁を形成する。本属魚類では同じ原産地のコクレン(H. nobilis)も国内に移植されて利根川・江戸川水系に定着しているが、数は非常に少なく近年では幻の魚といえる。コクレンとは、体は一様に銀白色であること(コクレンでは体に小黒褐色斑点が散在する)、腹縁のキール状になっている範囲が広い(コクレンでは腹ビレ起部から臀ビレ後端までと狭い)ことから区別できる。
ハコフグ
ハコフグ
フグの仲間ではあるが、皮膚以外には毒がない。 全身が骨盤でできた箱に覆われいて、断面は四角くくなっている。黄褐色の体に網目模様が入っており、成魚のオスは背側が鮮やかな青色。 独特な体型や、ヒレだけで泳ぐ可愛らしさから、観賞魚として飼われることもある。
ハス
ハス
オイカワを大きくしたような見た目だが、コイ科には珍しく魚食性が強い。への字型の口が特徴的。
ハゼクチ
ハゼクチ
釣り人垂涎の国内最大のハゼで、同属のマハゼ(A. flavimanus)に似るが体はより細長くはるかに大型になる。マハゼとは、尾ビレに点列がなく一様に暗色であること(マハゼは点列がある)、第2背ビレの軟条数が18~20であること(軟条数は10~15)から見分けられる。また、体色が薄くて暗色の斑紋をもたないこともマハゼとの区別点となる。国内では有明海と八代海のみに分布するが、国外では朝鮮半島西岸、渤海と黄海・東シナ海にも分布する大陸遺存種(日本が大陸と陸続きだった頃の日本~大陸の共通分布種)である。福岡県・佐賀県で漁獲対象となっている。若い個体は河口付近で操業される潮待ち網(小型の定置網)、成熟個体は河口沖の延縄や篭、干潟の手づかみ漁で獲られ、高値で取引される。1997年の諫早湾締め切り以降は周辺で漁獲量が激減し、有明海全域でも少なくなっているという。
ハナダイ
ハナダイ
マダイによく似ているが、エラブタの縁が血のような赤色をしていること、また尾ビレの縁が黒くならないことで判別できる。マダイほど大きくはならない。 小エビなどの甲殻類や多毛類を好み、捕食するとすぐに反転する習性がある。 オスの成魚は前頭部が張り出すので「デコタイ」とも呼ばれる。
ハマフエフキ
ハマフエフキ
タイ類に似て体高が高く側偏するが、その名のとおり笛を吹くように吻を突き出したキツネ面が特徴。本種が属するフエフキダイ属(日本産19種)は、頬に鱗がなく、口内が赤いという特徴をもつ。地方名の「クチビ」は「口火」または「口美」であり、この口内の特徴にもとづく。体側の暗色斑がなく、体側の各鱗は淡青色に輝き暗色斑はない。尾鰭両葉の先端は尖り、吻部と頬部に2~3本の淡青色の斜帯があることで同属の他種から見分けられる。
バラハタ
バラハタ
尾ビレの両端、背ビレと尻ビレの後ろ側が細く尖って伸びている。 成魚は朱色や赤褐色で、全身とヒレに赤い斑点がある。一方、幼魚は白や緑など多様な色をしており、目元から尾ビレにかけて太くて黒い帯が走っている。
ヒガイ
ヒガイ
体は光沢のある灰色や黄褐色で、側面の中央に黒い帯が走る。産卵期のオスは全体が黒ずんで目が赤くなり、エラブタのあたりがピンク色に染まる。 雑食性で、水生昆虫や小さな巻貝、石に付着する藻類などを食べる。 なお、近縁種には琵琶湖固有種のアブラヒガイとビワヒガイがいる。前者は絶滅の恐れがある一方、後者は放流などによって東北、関東地方などに生息域を広げている。
ヒメコダイ
ヒメコダイ
体つきは円筒形で全身が赤く、側面に濃い赤の斑紋がある。背ビレと尾ビレは黄色がかっており、尾ビレの縁がやや深く湾曲している。
ヒメジ
ヒメジ
下アゴに黄色い2本のアゴヒゲがあるのが最大の特徴。ヒゲは感覚器になっていて、エサを探るのに使う。 体型は細長く、基本的には淡い赤色だが、個体差がある。濃い赤色の横帯が出たり、赤白のまだら模様になるものもいる。また、夜と昼とで体色が変化する。
ヒメダイ
ヒメダイ
体は前後に細長い紡錘形で側偏し、大きな尾ビレは深く二叉する。背ビレは棘条と軟条との間でわずかに低くなるがほぼ四角形になる。背ビレと尾ビレの最後の軟条は糸状に伸びる。生時の体色はマダイのようなピンク色だが、死後は紫褐色になる。舌の上に歯があることで他のヒメダイ属魚類と区別することができる。
ヒメマス
ヒメマス
北アメリカ北部などに生息するベニザケと同じ種で、その陸封型である。ベニザケはまれに日本の河川にもソ上するほか、ヒメマスの稚魚を放流してベニザケを回帰させる試みなどが行なわれている。頭から背面にかけては青緑色で、背中と尾ビレに黒点が入るものもいる。
ヒラスズキ
ヒラスズキ
スズキとよく似ているが、体高がさらに高くて平たいことで判別できる。体色も、スズキに比べて銀白色の輝きがやや強い。 小魚や甲殻類を捕食する肉食性の魚である。
ヒラソウダ
ヒラソウダ
マルソウダと合わせて「ソウダガツオ」と呼ばれることが多い。体の断面が楕円形であること(マルソウダは円形)、ウロコのある箇所が第1・第2背ビレのあいだで急激に細くなること、といった点で判別できる。
ヒラマサ
ヒラマサ
アジ科魚類の最大種。ブリによく似ている。胸ビレが腹ビレより短い点、上アゴの後ろ端が丸くなっている点、体の中央を走る黄色の帯がはっきりしている点などで区別できる。また数cmの稚魚のころは成魚と模様が違い、側面に10本程度の横縞が入っている。魚食性で、小魚やアミ類などを捕食する。
ヒラメ
ヒラメ
カレイ類に比べて口が大きく、鋭くて立派な歯が生えている。日中は海底の砂に潜って顔だけを出していたり、体を海底と同じ色に変化させてじっとしている。 海底に棲む魚だが、エサを捕る際には全身を使って中層まで泳ぎ上がったり、小魚を追って長距離を移動することもできる。
ブダイ
ブダイ
名前の由来には「武鯛」=ウロコが鎧のようである、「舞鯛」=舞うように泳ぐ、「醜鯛」=姿が不恰好、といった諸説がある。 オスは全体的に暗い緑褐色で、頭部や尾ビレが赤い。一方、メスは濃淡のある赤褐色である。
フナ
フナ
一般に「マブナ」と呼ばれることもあるが、これはゲンゴロウブナ(ヘラブナ)とほかのフナを区別するための総称。 キンブナは名前のとおりやや黄色がかった体色で、ギンブナのほうが比較的体高がある。 日本固有種のキンブナは雌雄比がほぼ1対1だが、ギンブナはほぼすべてがメスであり、雌性発生という方法で増殖する。 なお、フナの仲間は分類が非常に困難で、いまだに決定的な定説がないとされる。
ブラウントラウト
ブラウントラウト
昭和初期にアメリカから持ち込まれたといわれているが、詳細は不明。 体型はニジマスに似ているが、虹色の帯ではなく黒と朱色の斑点が特徴。この模様は個体によってかなり差がある。 肉食性で、甲殻類や昆虫、貝なども貪欲に捕食する。大型になると魚食性が強まる傾向がある。
ブラックバス
ブラックバス
ブラックバスが日本にやってきたのは1925年。実業家の赤星鉄馬氏によって芦ノ湖に移入された。その後、放流などによって日本全国に生息域を広げた。 スズキに似た体型で、頭部と口が大きい。緑褐色の体に黒い縦帯が入るが、模様は個体によって差がある。肉食性で甲殻類や魚類、昆虫などを捕食する。 現在では特定外来生物に指定されており、生体での釣り場からの持ち出しが禁止されている。また、自治体による条例などで、釣り場でのリリースが禁止されている場合もある。
ブリ
ブリ
細長い紡錘型で、背中は青緑色。目から尾ビレにかけて黄色っぽい縦帯が通っている。 稚魚は動物プランクトンなどを食べているが、成長するにつれておもに小魚を追うようになる。イワシやアジ、サバなどがおもなエサ。
ブルーギル
ブルーギル
体高があって扁平。全体的に青っぽい黄緑色で、生後約1年は暗い色の横縞が数本入っている。これは成長するにつれて不明瞭になる。 エラ(英語でギル)の後ろ端に黒い斑紋があるのも特徴。食性は雑食で、甲殻類や水生昆虫、水草などのほかに、小魚や魚の卵を食べることもある。
ブルックトラウト
ブルックトラウト
日本へは1902年に日光の湯ノ湖に持ち込まれた。現在は湯ノ湖のほかに湯川、明神池、梓川、摩周湖の周辺河川などで天然繁殖していることがわかっている。そのほかにも放流されたことがあるが、水質汚染や高温に弱いことから定着していないようだ。また他の種と交雑しやすく、天然および人工的な雑種が存在する。
ヘダイ
ヘダイ
姿形はクロダイに似ているが、全体的に白っぽい。また、体側に細い黄色の縦縞が通っていること、アゴが前に出ていない、体型が扁平で背中が張り出して見えるといった特徴がクロダイとの違いである。なお、一部の個体は成熟するとオスからメスに性転換する「雄性先熟」である。
ベッコウゾイ
ベッコウソイ
全体的に黄褐色で、濃い褐色の斑点がある。この模様がタケノコの皮やベッコウに見えることが名前の由来。メバルに比べると目はそれほど大きくない。 生命力が非常に強いことでも知られる。釣ってから締めずに置いておくと、ひと晩くらいなら冷蔵庫のなかで生きているほどだ。
ヘラブナ
ヘラブナ
釣り人のあいだでは「ヘラブナ」と呼ぶのが一般的。歴史的に見ると、ゲンゴロウブナを品種改良して生まれたのがヘラブナである。 ギンブナなどよりも体高が高く、背中が盛り上がったような体型をしている。 おもなエサは植物性プランクトン。
ホウボウ
ホウボウ
大きな頭と、半円形に広がるチョウのような胸ビレが特徴的。頭は硬い骨板に覆われていて、鼻先が前方に突き出ている。胸ビレは水平方向に広がり、鮮やかな青緑色に瑠璃色の縁取りと斑点がある。遊泳時にはこのヒレは使わずにたたんでいる。 また、胸ビレの一番下に脚のような軟条があり、海底を歩くように移動することができる。名前の由来は「ほうぼうを歩き回る」からとも、オスが浮き袋で「ボーボー」と鳴くからとも言われている。
ホッケ
ホッケ
アイナメに近縁だが、背ビレは深く欠刻せず、尾ビレは深く二叉することが特徴。生時には体側に暗色斑が現れる。
ボラ
ボラ
前後に細長くい体型で、前半部の断面を見ると背中側が平たい逆三角形になっている。側面には細い縦帯が数本、不明瞭ながら入っている。 雑食性で、おもなエサは石などに付着した藻類や、海底の沈殿物。 水質汚染に強いため、都市部の港湾などにも多く生息している。
ホンモロコ
ホンモロコ
近縁のタモロコに似るが、身体は細長く、吻は尖り、口が上方を向き、1対の口ヒゲは短いなどといった遊泳魚としての特徴を備えている。さらに、側線より下方の縞模様が目立たないことも有力な識別点となる。成熟した雄には微細な追星が現われるが、婚姻色はあまり目立たない。形態は棲んでいる場所によって変化し、浅い池で養殖されたものは、底生魚としての体制が強化されてタモロコに近くなる。
マアジ
マアジ
背中は暗い緑色で側面は金色、腹側は銀白色。だが、生態によって色や体型が少し異なる。沿岸の岩礁に居着くタイプは体色が黄みがかっていて、比較的体高がある。一方の回遊型は全体的に黒っぽく、体型も居着き型と比べて細長い。また、尾ビレの前に「ぜんご/ぜいご」と呼ばれるトゲのようなウロコが並んでいる。 おもなエサは動物プランクトンや甲殻類、多毛類など。
マイワシ
マイワシ
背中が青緑色、側面から腹は銀白色に輝く。体側には黒い点が1列に並んでいるが、個体によっては点が消えていたり、2列になることもある。 体型は細長く、腹部が扁平で、断面は紡錘形。ウロコは薄くて非常に剥がれやすい。
マガレイ
マガレイ
マコガレイに似ているが、口がやや尖っていて、体型も少し細長い。また、目のない側の尾部の両脇に黄色い帯が通っている。 普段は海底に身を潜めており、多毛類や甲殻類などを捕食する。
マコガレイ
マコガレイ
仔魚の時期には動物プランクトンを食べ、成魚は多毛類や甲殻類、二枚貝などをおもに捕食する。口は入り口が小さいが、内側で広がっているため、大きなエサでも時間をかけて飲み込む。 体は楕円形で、褐色や茶褐色のまだら模様になっている。マガレイとよく似ているが、裏側(目のない側面)が真っ白なので見分けることができる。
マゴチ
マゴチ
体型は左右に平たく、頭部と口が大きい。普段は海底にべったりと腹をつけて身を潜め、エサが通るのを待ち伏せする。砂に潜ってしまえば海底と見分けがつかないほど。海底付近を通りかかる小魚や甲殻類、小型のタコやイカを捕食する。
マサバ
マサバ
体は細長い紡錘形で、ゴマサバに酷似しているが、断面がやや平たい。青緑色の背中に黒い波のような模様が入り、腹側は銀白色で模様はない。 肉食性で、動物プランクトンや小魚、頭足類などを好んで食べる。
マダイ
マダイ
体色は紫褐色を帯びた淡いピンクで、側面には瑠璃色の小さな斑点がある。若いうちは不明瞭な横縞が現われていて、成熟するにつれ消えていく。また、尾ビレの縁が黒く、ここでチダイやキダイと見分けることができる。 エサは甲殻類や小魚、貝や頭足類などさまざま。かなり頑丈な歯を持っており、エビやカニの硬い殻を噛み砕いて食べる。
マダコ
マダコ
8本の腕を持ち、体は伸縮性があって非常にしなやか。さらに体表には色素細胞が密集しており、数秒ほどで体色を周囲の色に合わせてカモフラージュすることができる。なわばり意識の強い生き物で、強い個体が環境のいい巣穴を確保する。外敵に襲われるとスミを吐いて相手の目をくらますことでも知られる。
マダラ
マダラ
タラ科魚類は背鰭を3基、臀鰭を2基もつことが最大の特徴である。本種は日本産の本科3種の中でもっとも大きくなり、上顎が下顎より突出すること、眼径と同じかやや長い口ヒゲをもつこと、頭が大きく腹部は肥大することなどから他種と見分けることができる。また、体側のまだら模様がくっきりしてることも大きな特徴である。
マツカワ
マツカワ
日本産の本属魚類は、本種とホシガレイ(V. variegatus)の2種で、ともに次の様な特徴をもつ。有眼側の鰓孔上端は胸ビレ上端よりも上にあり、歯は鈍い円錐形で有眼側でもよく発達し、上顎では2~3列の歯帯をなす。ホシガレイとは、背ビレと臀ビレに黒色帯(ホシガレイでは黒色斑)があることで見分けられる。1970年代に北海道南部で10数トンが漁獲されていたが近年資源量は激減し希少生物に指定された。2006年以降は人工種苗生産技術が確立されて毎年100万尾を超える大規模放流が続けられた。その結果、年間漁獲量は20トン未満から120トン以上に急増し、世界的にも例をみない栽培漁業の成功事例となった。
マトウダイ
マトウダイ
成魚はやや楕円形だが、幼魚のころはほぼ円形に近い体型で、かなり平べったい。また、側面に不規則な縦帯が見られ、中央付近に白い縁取りの大きな黒い斑点がある。
マハゼ
マハゼ
海底におなかをつけて暮らす底生魚。泳ぐ時は胸ビレを羽ばたかすようにする。基本的には肉食性で、多毛類や甲殻類などを食べる。 南日本ではウロハゼと同じ場所に見られるが、マハゼのほうが小型で、やや細長く、ウロハゼは下アゴが前に出ている。
マハタ
マハタ
浅場から深場まで広く生息する日本を代表するハタ。体側に幅広い濃褐色横帯をもち、横帯の上には不定形の淡色斑が並ぶことが多い。ただし、大型個体では一様に黒褐色になる。近縁のマハタモドキに似るが、尾ビレの後縁が狭く白色に縁どられることで区別できる。
マルアジ
マルアジ
マアジに似るが、体高がやや低くて体の断面が丸くほっそりしており、側線のカーブが緩やかで、セイゴ(楯鱗)は体の後半の直走部のみにあり、尾柄部に小離鰭があることで区別することができる。マアジよりも体色が青味がかることからその名がついた。
マルソウダ
マルソウダ
ヒラソウダと合わせて「ソウダガツオ」と呼ばれることが多い。マルソウダのほうがやや小型で、より沖合いにいる傾向がある。 また、ウロコのある箇所がヒラソウダより長く、第2背ビレ下方を超える。
ムロアジ
ムロアジ
ムロアジ属の代表種。本属の特徴として体は細長い紡錘形で側線の直走部に稜鱗(ゼイゴ)があり、尾柄部には小離鰭がある。同属の他種とは、背ビレ前方の鱗に覆われたエリアが眼の中央よりも前方に張り出し、稜鱗は側線直走部の3/4を覆い、生鮮時は体側中央を走る黄色縦帯が鮮明で尾ビレは上葉が黄色・下葉が灰褐色、口内の下顎側は黒色色素胞で覆われることで区別することができる。
メゴチ
メゴチ
各種に共通した特徴は、体は縦偏して鰓の部分が最も幅広く尾に向かって細くなり、体表がネバネバの粘液に覆われ、前鰓蓋骨には鋸歯をもつ強い棘がある、口は下向きで小さいことなど。各種とそれぞれの雌雄に特有の特徴は、第1背ビレ、臀ビレ、尾ビレ、体の斑紋などに現れる。
メジナ
メジナ
体型は扁平な卵型で、灰色がかった青緑色。体高が高く、頭部は丸みを帯びている。 クチブトとオナガは一見よく似ているが、オナガはエラブタの縁が黒く、尾ビレの切れ込みがやや深い点などで判別できる。
メダイ
メダイ
体はやや細長くて側偏し、尾ビレは深く二叉する。体色は黒っぽく、若魚では青みがかり(別名アオメダイ)、老成魚では赤味がかるもの(別名アカメダイ)がある。その名のとおり眼が大きいことが特徴で、頭部がやや出っ張っている。体表から大量の粘液を分泌する。
メバル
メバル
夜行性で、名前のとおり目が大きく、視力がよい。岩礁の周囲を群れで遊泳するが、頭を上に向けて中層で立ち泳ぎしていることもある。 肉食性で、多毛類や甲殻類のほか、小魚なども捕食する。 従来は1種と考えられていたものが近年になって分類された。背面が黒く(青味がかることもある)、胸ビレも黒いクロメバル、全体的に赤みを帯びたアカメバル、やや色の薄いシロメバルの3種。胸ビレの軟条の数で見分けることができ、それぞれ16本、15本、17本である。
ヤマトイワナ
ヤマトイワナ
イワナの日本固有亜種で、イワナは本亜種のほかアメマス(S. leucomaenis leucomaenis)、ニッコウイワナ(S. leucomaenis pluvius)、ゴギ(S. leucomaenis imbrius)の4亜種とするのが一般的。本亜種は、体に瞳孔径の50%以上に達する大きな有色斑をもつことで、ニッコウイワナとゴギを除く他のイワナ属魚類と区別できる。さらに、体側に白斑が全くないかあってもごくわずかなこと、体側により小型で紅色の小斑が散らばることでそれら2亜種と見分けることができる。ニッコウイワナの人為放流により交雑が進み、絶滅の危機に瀕している。2011年までの木曽川水系110支流のうち、純系の本亜種が生息していたのは4支流のみという悲しむべき調査結果がある。現在はさらに厳しい状況にあると思われ、最も深刻な国内外来種問題のひとつである。
ヤマメ
ヤマメ
背中は緑がかった黄褐色で、腹側は白い。側線の周囲は淡い紅に染まっている。そのうえに楕円形のパーマークが並んでいるが、これは大型になると薄れることが多い。渓流域では30cmを超えると大ものとされる。また、下流のダム湖などにいったん下って再ソ上する個体は「戻りヤマメ」と呼ばれ、大型化するため人気がある。
ヤリイカ
ヤリイカ
槍のように尖ったヒレを持つのが名前の由来。オスのほうが大型で、メスはややずんぐりした体型になる。 主食は小魚で、腕で抱きつくようにして捕食する。スルメイカよりも腕が短いので、小ぶりのエサを好む。
ヤリタナゴ
ヤリタナゴ
タナゴなかではやや体高が低い。口の横に1対の短いヒゲがある。 通常は銀白色で、産卵期になるとオスはエラブタや胸ビレが淡紅色に染まる。 日本産のタナゴとしてはもっとも広範囲に生息している種であり、「タナゴ釣り」といえばヤリタナゴを指すことが多い。
ユメカサゴ
ユメカサゴ
胸ビレ上半部の後縁と尾ビレ後縁は浅く湾入し、側線の上下に暗色線がなく、鰓蓋には不明瞭な大暗色斑があり、体側には不明瞭な赤いまだら模様がある。また口内が黒いことからノドグロとも呼ばれる。
ヨコシマサワラ
ヨコシマサワラ
サワラに似るが体高があり、体側に多くの横縞があること、側線が第2背ビレ後方で急に下方に曲がることで区別することができる。
ヨソギ
ヨソギ
カワハギ(Stephanolepis cirrhifer)に似るが、最大でも20cmに満たない小型種で、雌雄で体形が異なる。カワハギとは、体がやや細長いこと(雄ではより顕著)、腹ビレが変化した鞘条鱗の可動部が細長いこと(カワハギは可動部が短い)、雄の尾ビレは先端が糸状に伸長すること(雌雄とも尾ビレは糸状に伸びない)で区別することができる。雌雄とも体側に2本の濃褐色縦帯をもつことも区別点となるが、不規則なまだら模様をもつ個体では不明瞭。かつて雄はナガハギと名づけられていたことがある。
ヨロイメバル
ヨロイメバル
大きくても20cm程度で、メバル属のなかでは体長が比較的短い。
レイクトラウト
レイクトラウト
イワナ属の中でも最も大型となり、背ビレに虫食い状の斑紋があることで、カワマス(S. fontinalis)を除く同属他種と区別できる。カワマスとは、生時に臀ビレ前縁に白色帯のみがあること(カワマスには白色帯と黒色帯がある)、尾ビレの切れ込みが深いこと、体背部の虫食い状斑が特に成魚(50cm以上)では不明瞭になること(カワマスでは終生明瞭)で区別できる。体色は、緑色がかった灰色の個体が多いが、緑色が強いもの、褐色・銀色や黒色を帯びるものなど変化に富む。腹、のど、各ヒレを除く体全体は地色より淡い多数の小斑点で覆われる。小斑点の色は、淡白色、銀色、灰色、黄色、金色を呈する。
ロウニンアジ
ロウニンアジ
体は側偏して体高が高く、頭部が張り出している。眼の位置は高く、吻端よりはるか上にある。第2背ビレ軟条は18~20で前部は高く鎌状となる。幼魚は体高がより高く、腹ビレ、臀ビレ、尾ビレ下葉が黄色い。また、体側には不明瞭な4本の暗色横帯が現れることがある。
ワカサギ
ワカサギ
体型は細長く、背びれの後ろに小さなアブラビレがある。近縁種のチカによく似ているが、腹ビレが背ビレより少し前方についていることで見分けられる。 きれいな水質に棲むイメージがあるが、実際は富栄養化などの水質悪化に強いため、放流によって各地に定着している。
分類から探す
釣期から探す
釣期
0 魚種
※この図鑑は、釣り人のために作られています。
そのため魚の名称は標準和名ではなく、釣りの人の間で呼ばれている通称名が使われているものもあります。