• 釣り方 :
釣り方
新保明弘さん
新保明弘さん
海のルアー釣り全般に精通するマルチアングラー。
シーバスやメバル、オフショアのルアーフィッシングなどのほか、トラウトやタナゴ釣りまで柔軟にこなす。フィールドテスターとして、アイジェットリンク、アムズデザイン、エフテック、オーナーばり、シマノ、ピュア・フィッシング・ジャパンの商品開発などにも携わっている。

※このコンテンツは、2010年4月の情報をもとに作成しております。最新の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。

アオリイカのすみか

日本の沿岸にはさまざまなイカの仲間が生息している。アオリイカは北海道南部以南の各地で見られ、特に温暖な海で人気のターゲットだ。足場のよい堤防からねらうことが多いが、磯や砂浜、ボートなどからも釣ることができる。
静岡県の伊豆半島はアオリイカ釣りのメッカ。エギングブーム発祥の地のひとつだ
静岡県の伊豆半島はアオリイカ釣りのメッカ。エギングブーム発祥の地のひとつだ

釣りのシーズン

アオリイカ釣りは「春」と「秋」がおもなシーズンだ。春になると、産卵のために浅い場所にやってきて盛んにエサをとる。早い地域ではサクラの開花のころに開幕し、ゴールデンウィークのあとが最盛期。6月いっぱいまで楽しめるところが多い。
夏になると産卵を終えたアオリイカは死ぬが、10月ごろには成長した小型のイカが釣れるようになる。場所によっては1月上旬まで数釣りができる。
アオリイカの四季
春は大型アオリイカの季節。2kgを超える大物は少なく、憧れのターゲットだ
春は大型アオリイカの季節。2kgを超える大物は少なく、憧れのターゲットだ
秋になると、その年の夏に生まれた小型のアオリイカがたくさん釣れる
秋になると、その年の夏に生まれた小型のアオリイカがたくさん釣れる

エサ

アオリイカのおもなエサは生きた小魚だ。エサ釣りでは生きたアジを泳がせて釣ることが多い。エギングではエサを使わないけれど、アオリイカが普段何を食べているのかを知っておくと役に立つ。
「ヤエン」という釣り方でエサに使われるアジ。アオリイカは小魚を捕らえると首の付近から先にかじり始めることが多い
「ヤエン」という釣り方でエサに使われるアジ。アオリイカは小魚を捕らえると首の付近から先にかじり始めることが多い

そのほかの性質

「目がいい!」
アオリイカはほぼ全方位を見ることができると言われ、水の透明度が高ければ遠くからでもエギを追いかけてくる

「好奇心が強い!」
エギが不規則な動きをすると興味を示して近づいてくる。また、ピンクやオレンジなどの派手なカラーにも反応しやすい

「群れで動く!」
アオリイカは集団で行動していることが多い。まわりの人が釣れはじめたら連続してヒットすることがある
「目がいい!」「好奇心が強い!」「群れで動く!」
「目がいい!」「好奇心が強い!」「群れで動く!」
※このコンテンツは、2010年5月の情報をもとに作成しております。最新の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。

アオリイカについてもっと見てみよう!