Enjoy Fishing with Honda! Honda釣り倶楽部

ホーム > Honda流 釣りの遊び方 > クルマ別の釣り具積載例 > 【No.1】N BOX、N-ONE編

Honda流 釣りの遊び方 クルマ別の釣り具積載例 釣り人のわがままにしっかりこたえるHondaのクルマの釣り具積載例をご紹介します!

No.1 N BOX、N-ONE編

カープフィッシングのタックルも余裕で収納!釣り人のわがままにこたえる軽自動車2台

機動力が高い軽自動車は釣行の際、頼もしい足として活躍してくれますが、一方で、荷物の積載量が気になるところ。
また、遠出する際などは走行性能も……。
荷物がたくさん積めて、よく走る軽自動車。こんな釣り人のわがままに、しっかりとこたえてくれるのがN BOXN-ONEです。
というわけで、今回は荷物が多い「カープフィッシング」のタックル一式をこの2台に積み込んでみました!

No.1 N BOX、N-ONE編

※このコンテンツは、2013年6月の情報をもとに作成しております。

期待と釣り具をストレスなくフィールドまで運んでくれます。

今回のパートナーは、軽自動車でありながらクラスを超えた積載力が魅力のN BOXと、質感、安全、走りにこだわったプレミアムな軽、N-ONE
軽自動車らしからぬストレスのない走りで、期待と釣り具をフィールドまで快適に運んでくれるクルマです。
10年ほど前からヨーロッパで大流行しているカープフィッシングは、釣りとキャンプが合体したようなスタイルが主流です。
テント、チェア、ワンバーナー、食糧……。待っている時間を充実させるためのこだわりが、荷物のひとつひとつから見受けられます。
それでは、カープフィッシングタックルをこの2台に積んでみましょう!

N BOX G・ターボ パッケージ オプション装着車 ボディカラー:クールミスト・メタリック
このクルマの詳細情報はこちら
N-ONE Premium Tourer(ターボ) オプション装着車 ボディカラー:2トーンカラースタイル<ミラノレッド&ブラック>
このクルマの詳細情報はこちら

今回積載したタックルはこちら

N BOXN-ONE
積載したタックル一覧
1 リュックサック
FOX『55L リュックサック』

55Lの大容量タイプ。このなかにはリール、仕掛け、ワンバーナー、食糧などがぎっしり。
奥行32cm×幅53cm×高さ55cm

2 バッカン
Abu Garcia『バッカン26ショルダーベルトタイプ』

ボイリー(エサ)を入れるのにぴったり。奥行26cm×幅40cm×高さ26cm

3 防水トートバッグ
Abu Garcia『防水トートバッグ L』

雨具などの濡れものを入れるのにグッド。逆に濡らしたくないものにも。サイズは48×25×63cm

4 カープチェア1
UK.DAIWA『インフィニティ スペシャリストチェア』

リビングに置きたくなる座り心地。テーブル付き。収納サイズは71×61×20cmで、重量は5.6kg

5 カープチェア2
DAIWA『カープチェア』

欧米規格の大型リクライニングチェア。収納サイズは『スペシャリストチェア』とほぼ同じ。
重量は5.1kg

6 テント
DAIWA『カープハーフテント』

構造は傘と同じで、設営は簡単。収納時のサイズは180×15×15cm

7 アンフッキングマット
FOX『コンパクトアンフッキングマット』

釣ったコイを乗せるマット。直接地面に置くと魚へのダメージが大きいのでカープフィッシングではマットの使用がマナー

8 ロッドポッド
FOX『Aポッド+』

軽量コンパクトなサオ立て

9 ロッド×2
Abu Garcia『ブレードX』

鮮やかな赤が映えるカープフィッシング専用ロッド。3本継ぎで、仕舞い寸法は127.5cm

10 ネット
FOX『ウォーリアーS』

カープフィッシング専用の大型ネット。仕舞い寸法は106cm

閉じる

カープフィッシングタックルがラクラク積めました!

ロッドなどの釣り具以外にテントやチェアなど、まるでキャンプに行くみたいにたくさんの道具がありましたが、ご覧のとおり積めました。
しかも、まだまだスペースがあります。
積み込む際のワンポイントアドバイスは、テント、チェアといった重量があり、かさばるものは優先的に場所を決めてしまうこと。その後、ロッドなど壊れやすいものは最後に上に乗せるように積み込むことが大切です。
また、積み込む際に注意したいのは、運転席からの後方視界を充分に確保すること。天井まで積み上げるようなことは避けましょう。

N BOXの場合 N BOXの場合 ※安全のため走行の際は荷物をしっかりと固定してください。
  • 積む前
  • 積んだ後
  • 積む前
  • 積んだ後
N-ONEの場合 N-ONEの場合 ※安全のため走行の際は荷物をしっかりと固定してください。
  • 積む前
  • 積んだ後
  • 積む前
  • 積んだ後

家族や友人と一緒に楽しむのにうってつけ

カープフィッシングでは仕掛けを入れた後はじっくりとアタリを待ちます。待っている時間をいかに充実させるかも大事なのです。
だから、座り心地のよいチェアや突然の雨や風、日差しにも対応できるテントも用意し、万全な状態で臨むのです。
澄んだ空気にきれいな景色。ゆったりとチェアに座りながらコーヒーを飲み、友人や家族と語り合いながらアタリを待つ時間は格別。
1m超の大ものがヒットするという夢を抱きながら……。

家族や友人と一緒に楽しむのにうってつけ

ページのトップへ戻る