検索

11.30 Honda Diversity Forum 2017

2017年11月30日、都内ホテルにて女性活躍のKeyとなる主任層の女性従業員のモチベーション向上とネットワーク形成を目的とした「Honda Diversity Forum 2017」が開催された。フォーラムには全女性主任の8割約400名が参加。Hondaの人材多様性進化の画期的な一歩となった1日をレポートする。

Hondaの多様性への“本気度”を感じた1日 Hondaの多様性への“本気度”を感じた1日

2016年の女性管理職を対象とした「Honda Diversity Forum 2016」に続き、2017年は女性主任層を対象に開催された。13時に開幕し、懇親会を含め19時に終了。15名の役員と外部ゲストが、6時間にわたるフォーラムを見守った。

13:05 13:05

八郷社長 オープニングメッセージ

「新しいつながりをつくってほしい」 「新しいつながりをつくってほしい」

八郷社長のスピーチを皮切りにスタート。親しみのこもった笑顔と真剣な眼差しで、自身の生まれてからHondaに入るまでと、入社してからの35年間のキャリアについて熱く語った。

13:15 13:15

多様性推進室
向後室長 スピーチ

「目標を明確にしてチャレンジ!」 「目標を明確にしてチャレンジ!」

続いて人事部多様性推進室の向後室長は、「女性活躍に取り組む理由」「取り組みの成果と課題」「チャレンジとネットワークの重要性」について。そして、この日の「主役は参加者の皆さん」であると締めくくった。

※「取り組みの成果と課題」については施策制度ページをご覧ください。

参加者の声

  • Hondaの多様性は、まだまだ始まったばかり。女性に焦点を当てているのも通過点
  • 女性の意識改革も必要だが、男性の意識改革はもっと必要
  • 会社の本気度を理解することができて、やる気になった

13:30 13:30

日経BP社 執行役員 麓氏

基調講演「新時代を生きる
女性のキャリア戦略」

「キャリアのオーナーシップを持とう」 「キャリアのオーナーシップを持とう」

『日経WOMAN』の創刊メンバー、記者、発行人を経て日経BP社執行役員を務める麓氏。記者としての知見、キャリアデザイン学の研究者としての理論、そしてワーキングマザーとしての経験、この3つの観点から、現在がいかに女性活躍の千載一遇のチャンスであるか、キャリア構築のうえで必要なマインドなどについて講演。「仕事も私生活もうまくいく」ヒントを説いた。

リアルタイムアンケート

参加者1人に1個、アンケート回答用のボタンを配布。麓氏の問いかけに参加者がその場で回答できる参加型の講演となった。
「Hondaさんは日経BP社の実施する女性の活躍する会社ランキングで、昨年241位でした。さて今年は何位になっていたでしょう?」
という問いかけに対し、参加者は「1:ベスト10位以内 2:100位以内 3:200位以内 4:300位以内」から選択。3の回答が最も多く、昨年とあまり変わっていないのではという見方が大半。実際のランキングは85位とベスト100入りした

参加者の声

  • 社会の流れや、外から見たHondaのお話に説得力があった
  • 「居心地のいい場所から出る」「もう年だからと思わない」麓さんの言葉から元気をもらいました
  • 「チャンスに期限がある」なるほど!と思うと同時に何かが吹っ切れて、頑張ろうと思えた

WORK 01.

イントロダクション

さまざまな領域や年代の参加者が、10名ずつのグループに。
40卓のテーブルに女性主任が着席する会場は壮観だった。最初にグループごとに一人ずつ所属、名前、仕事内容など自己紹介。ほとんどが初めましての間柄。少し緊張気味にスタートした。

WORK 02.

グループディスカッション

「Hondaの多様性進化において自分が職場でできること」をテーマにグループワークを開始。各テーブルに管理職が1名アドバイザーとして加わった。短時間ながら活発な意見交換があり、全員で立ち上がって話しあうグループもちらほら。

WORK 03.

ラウンドテーブルミーティング

各テーブルに役員や外部ゲストが入り、意見交換。テーブルごと真剣に議論し、時には笑いを交え、メモを取る姿も見られた。「ずっと聞きたかったんですけど…」「本当のところどうなんですか!?」終了時間を知らせるアナウンスがあっても熱い議論がなかなか終わらないグループもあった。

WORK 04.

各自まとめ&グループ内発表

スピーチや講演、グループディスカッションとラウンドテーブルミーティングでの「気づき」、そして自分が「職場で実施すること」の2点について各自シートに記入。「職場で実施すること」については付箋にも書き出し、会場に貼り出された。

参加者の声

  • 多様性の受容は、相手を知ることから。意見交換をすることで、意識改革につながっていくのでは
  • 主任層の方々の悩み等を共有できて良かったのと同時に、勇気づけられました
  • チャンス・気づきの機会提供に感謝。このイベントが「女性限定」でなくなることを楽しみにしています

16:45 16:45

人事・コーポレートガバナンス
本部長 
尾高執行役員 総評

「本気です!」 「本気です!」

参加への感謝を伝えるとともに、参加者の反応について不安と緊張のなか開催したフォーラムの成功に安堵していると語った。ラウンドテーブルミーティングでは、「本当に女性活躍を進めていくんですか?会社は本気なんですか?」と詰め寄られる場面もあったとか。「本気です、とお答えしました」と改めて固い決意を示していた。

17:30 17:30

懇親会

その後、ネットワークをさらに深めるため、懇親会を実施。
八郷社長はすべてのテーブルを周り、参加者との親睦を深めた。

乾杯挨拶 國井取締役

大変素晴らしいイベントでした。八郷さん、倉石さんをはじめ多くの役員の方がご出席だったことも、とても良かったと思います。私にとってもラウンドテーブルミーティングで直接女性主任とお話しできたのはとても有意義でした。現状が肌で感じられました。何人かから女性活躍の継続性について心配する声があがっていました。今回は何としても継続する必要がありますね!

閉会挨拶 倉石副社長

参加者から多く聞かれたのが「これだけいろいろな事業所・領域の人たちと一緒になったのは初めてで、とても刺激になった」という声でした。わずか数時間でしたが、各領域から集まったメンバーが様々な意見を交わすことで、新しいアイデアや意見が次々と生まれてくるのを、私もそばで見ました。このように部門を跨いだコミュニケーションは皆さんを元気にする。と同時に日本Honda、そして世界のHondaをより強くすると思います。

19:00 19:00

役員による見送り

盛況のうちに「Honda Diversity Forum 2017」は閉幕。15名の役員たちが出口の両サイドに並び、退場する参加者たちに声をかけ握手を交わしたり、記念撮影をしたりして見送った。

外部ゲストの声

日経BP社 執行役員 麓 幸子氏

今回のフォーラムを通じて、参加されていた女性の意識が変わっただけでなく、役員の意識も確実に変わったはず。Hondaの歴史的なイベントに参加させていただくことができました。一記者としてこのような経験は何よりの宝となります。ありがとうございました。

(株)キャリアバランス 創業者 弓 ちひろ氏

Hondaの多様性推進の取り組みへの熱い想いと誠実な想いがひしひしと伝わって来るフォーラムでした。参加者の皆様の終了後の笑顔が印象的でした。参加者の声から職場内の上司からのコミュニケーションの重要性をあらためて感じ、今後も研修等を通じてお役に立ちたいと思いました。

(株)アントレプレナーセンター
代表取締役社長
福島 正伸氏

すごくいいイベント。みんな待ってたと思う。これがどこまで続いていくのか、やり続けるのかという様子を見る人もいるのだろうが、やっていくのであれば自分も頑張るという人がHondaは多いはず。この後は火がついて「自分の出番」と思い頑張る人を、しっかり応援していくことが重要。

中央大学大学院
戦略経営研究科 教授
佐藤 博樹氏

素晴らしいフォーラムで、皆さんの熱意に感動しました。Hondaにおける女性活躍支援の本気度が、参加された主任の皆さんに伝わったことと思います。フォーラムへの参加経験は主任の皆さんの今後の仕事や生活におけるエネルギー源になるでしょう。ぜひ400人のエネルギーを次の飛躍につなげてください。今後の意欲的かつ持続的な取り組みに期待しています。

人事部多様性推進室より

フォーラムの成果と
これから

  • 参加率82%
  • 満足度86%

対象者469人中参加者384人で参加率は約82%。
フォーラム後の参加者アンケートでは満足度86%だった

Honda Diversity Forum 2017 事務局
多様性推進室 主任 
伊藤 智惠子
想定を上回る参加表明を受け、「皆さんに笑顔で帰ってもらう」をコンセプトに役員にもアイデアをいただき、当日は人事部門全体で運営しました。参加者から、これほど多くの女性主任がHondaにいること、同じ想いで働く仲間の存在に勇気をもらったという声をもらい嬉しく思いました。当日の様子やアンケート結果から、領域や世代間の違いを理解し、お互いをリスペクトし合っていることが伝わってきました。イベントを終え、今後はマネジメント層を含めた男性への多様性推進のさらなる浸透を図る必要があると感じています。継続して取り組んでいくとともに、今回の参加者の方々が各職場で多様性進化の取り組みをしていただくことを期待・応援しています。

※施策ページにも、「Honda Diversity Forum 2017」について掲載しています

  • Honda TV Web「Honda Diversity Forum 2017」の様子をダイジェスト動画でご紹介
  • NIKKEI STYLE 日経新聞(2018年1月22日朝刊・女性面)にHonda多様化進化の取り組みが掲載されました [記事を読む]