検索

Honda WANDER STAND CONCEPT

  • Honda WANDER STAND CONCEPT

  • Honda WANDER STAND CONCEPT

  • Honda WANDER STAND CONCEPT

  • Honda WANDER STAND CONCEPT

  • Honda WANDER STAND CONCEPT

  • Honda WANDER STAND CONCEPT

  • Honda WANDER STAND CONCEPT

  • Honda WANDER STAND CONCEPT

  • Honda WANDER STAND CONCEPT

  • Honda WANDER STAND CONCEPT

  • Honda WANDER STAND CONCEPT

  • Honda WANDER STAND CONCEPT

  • Honda WANDER STAND CONCEPT

  • Honda WANDER STAND CONCEPT

  • Honda WANDER STAND CONCEPT

  • Honda WANDER STAND CONCEPT
  • Honda WANDER STAND CONCEPT
  • Honda WANDER STAND CONCEPT
  • Honda WANDER STAND CONCEPT
  • Honda WANDER STAND CONCEPT
  • Honda WANDER STAND CONCEPT
  • Honda WANDER STAND CONCEPT
  • Honda WANDER STAND CONCEPT
  • Honda WANDER STAND CONCEPT
  • Honda WANDER STAND CONCEPT
  • Honda WANDER STAND CONCEPT
  • Honda WANDER STAND CONCEPT
  • Honda WANDER STAND CONCEPT
  • Honda WANDER STAND CONCEPT
  • Honda WANDER STAND CONCEPT

Honda WANDER STAND CONCEPT

Wander(自由に動き回る、散歩)+ Stand(立って乗る)

自動運転技術「Honda Omni Traction Drive System」などの新たな技術で、移動先での新たな体験や発見を提供する次世代のモビリティー。人を主役に考え、気楽な楽しさ安心感をモダンなデザインで表現したモデルです。
詳細はこちら

Honda WANDER WALKER CONCEPT

  • Honda WANDER WALKER CONCEPT

  • Honda WANDER WALKER CONCEPT

  • Honda WANDER WALKER CONCEPT

  • Honda WANDER WALKER CONCEPT

  • Honda WANDER WALKER CONCEPT

  • Honda WANDER WALKER CONCEPT

  • Honda WANDER WALKER CONCEPT

  • Honda WANDER WALKER CONCEPT

  • Honda WANDER WALKER CONCEPT

  • Honda WANDER WALKER CONCEPT

  • Honda WANDER WALKER CONCEPT

  • Honda WANDER WALKER CONCEPT

  • Honda WANDER WALKER CONCEPT

  • Honda WANDER WALKER CONCEPT
  • Honda WANDER WALKER CONCEPT
  • Honda WANDER WALKER CONCEPT
  • Honda WANDER WALKER CONCEPT
  • Honda WANDER WALKER CONCEPT
  • Honda WANDER WALKER CONCEPT
  • Honda WANDER WALKER CONCEPT
  • Honda WANDER WALKER CONCEPT
  • Honda WANDER WALKER CONCEPT
  • Honda WANDER WALKER CONCEPT
  • Honda WANDER WALKER CONCEPT
  • Honda WANDER WALKER CONCEPT
  • Honda WANDER WALKER CONCEPT

Honda WANDER WALKER CONCEPT

いつでも・Wander(自由に動き回る)+ Walker(歩行者)

いつでも・どこでも・誰もが気軽にお出かけしたくなる“街なか一人乗りマイクロ・ムーバー”。
都市インフラへのアクセス性を高める便利さと安心感を、シンプルなデザインで表現しています。
詳細はこちら

Light Weight Super Sports Concept

  • Light Weight Super Sports Concept

  • Light Weight Super Sports Concept

  • Light Weight Super Sports Concept

  • Light Weight Super Sports Concept

  • Light Weight Super Sports Concept

  • Light Weight Super Sports Concept

  • Light Weight Super Sports Concept

  • Light Weight Super Sports Concept
  • Light Weight Super Sports Concept
  • Light Weight Super Sports Concept
  • Light Weight Super Sports Concept
  • Light Weight Super Sports Concept
  • Light Weight Super Sports Concept
  • Light Weight Super Sports Concept

Light Weight Super Sports Concept

魅せるスペック、魅せるライディング、存在感を追求した、ライトウエイト・スーパースポーツ

「アグレッシブ&スピードシェイプ」をデザインコンセプトとし、ロングノーズで低く構えたクラウチングスタイルにより、スピード感ある佇まいを実現。また、硬質で塊感のある面構成とシャープエッジとの組み合わせが、アグレッシブさをより強調しています。さらに、機能部品など細部にも配慮した造形により、クラスを超えたクオリティーを追求し、次世代のHondaライトウエイト・スーパースポーツの方向性を予感させるモデルです。

EV-Cub Concept

  • EV-Cub Concept

  • EV-Cub Concept

  • EV-Cub Concept

  • EV-Cub Concept

  • EV-Cub Concept

  • EV-Cub Concept

  • EV-Cub Concept

  • EV-Cub Concept

  • EV-Cub Concept

  • EV-Cub Concept
  • EV-Cub Concept
  • EV-Cub Concept
  • EV-Cub Concept
  • EV-Cub Concept
  • EV-Cub Concept
  • EV-Cub Concept
  • EV-Cub Concept
  • EV-Cub Concept

EV-Cub Concept

「継承と進化」をテーマとした、近距離移動用パーソナルコミューター

「環境にやさしく」「世界中の人々に愛され、生活に役立つ」存在でありたいという想いと共に、初代スーパーカブの「扱いやすく経済的な二輪車」という考えを継承した近距離移動用パーソナルコミューターです。重量部品であるバッテリーを車体中央の低い位置に配置することで、乗降のしやすさを確保するとともにマスの集中化と低重心化を図るなど、取り回しやすい車体を追求。充電は、レッグシールド内側に配置されたプラグにより、家庭用コンセントで充電可能という気軽さ。バッテリー自体も着脱可能とすることで、より幅広いシチュエーションにも配慮しています。カラーリングは、クリーンなイメージと質感の高さを併せ持ったパールホワイトを採用しました。

Super Cub Concept

  • Super Cub Concept

  • Super Cub Concept

  • Super Cub Concept

  • Super Cub Concept

  • Super Cub Concept

  • Super Cub Concept

  • Super Cub Concept
  • Super Cub Concept
  • Super Cub Concept
  • Super Cub Concept
  • Super Cub Concept
  • Super Cub Concept

Super Cub Concept

「継承と進化」のもう一つの答え。低燃費エンジン採用のスーパーカブ

EV-Cubが近距離移動を想定したコミューターであるのに対し、Super Cubでは、1チャージあたりの航続距離がより長い低燃費エンジンを搭載。初代スーパーカブの「やさしい曲面基調のスタイリング」をモチーフとしながら、よりシンプルに洗練させ、一目でスーパーカブと伝わるデザインとしました。車体はHonda独自の使い勝手の良さを追求したレイアウトを継承。カラーリングは、キャンディーブルーメタリックとライトブルーパールの組み合わせとすることで初代スーパーカブを想起させながらも、さらなる深みと高級感のある色調としています。

GROM50 Scrambler Concept-One/Two

  • GROM50 Scrambler Concept-One

  • GROM50 Scrambler Concept-Two

  • GROM50 Scrambler Concept-One

  • GROM50 Scrambler Concept-Two

  • GROM50 Scrambler Concept-One

  • GROM50 Scrambler Concept-Two

  • GROM50 Scrambler Concept-One

  • GROM50 Scrambler Concept-Two

  • GROM50 Scrambler Concept-One

  • GROM50 Scrambler Concept-Two

  • GROM50 Scrambler Concept-One

  • GROM50 Scrambler Concept-Two

  • GROM50 Scrambler Concept-One

  • GROM50 Scrambler Concept-Two

  • GROM50 Scrambler Concept-One
  • GROM50 Scrambler Concept-Two
  • GROM50 Scrambler Concept-One
  • GROM50 Scrambler Concept-Two
  • GROM50 Scrambler Concept-One
  • GROM50 Scrambler Concept-Two
  • GROM50 Scrambler Concept-One
  • GROM50 Scrambler Concept-Two
  • GROM50 Scrambler Concept-One
  • GROM50 Scrambler Concept-Two
  • GROM50 Scrambler Concept-One
  • GROM50 Scrambler Concept-Two
  • GROM50 Scrambler Concept-One
  • GROM50 Scrambler Concept-Two

GROM50 Scrambler Concept-One/Two

若者にバイク本来の魅力を伝えるために生まれた、異なるコンセプトを持つ2つのモデル

Concept-Oneは、「Neoレトロ スクランブラー」をキーワードに、本物志向の若者に向けたバイクらしいシンプルな車体構成でデザイン。タンクパッドを採用したフューエルタンクやパンチングタイプのマフラーガードなど素材感にまでこだわったノスタルジックな雰囲気と、フル液晶タイプのデジタルメーターや、中央に「HONDA」ロゴを配し周囲のリングが光る、独特なデザインのLEDヘッドライトなどにより新鮮な印象を両立。街中ではもとより、ガレージの片隅に置いてあるだけでも存在感を放つ質感を持ちながら、普段着で乗れる気軽さも備えたモデルです。
Concept-Twoは「Modern スクランブラー」をキーワードに開発。コンパクトな車体に新しいスタイルを追求し、シートを支えるリアフレームには軽量・高剛性のモノコック構造を採用。つくりこみにもこだわった次世代のスクランブラースタイルとしています。さらに、都会的な雰囲気にミリタリーテイストをミックスし、男らしさと堅牢さを表現。オンロード、オフロードを問わずどこにでも行けそうなイメージを持ったモデルです。

E500 Prototype

  • E500 Prototype

  • E500 Prototype

  • E500 Prototype

  • E500 Prototype

  • E500 Prototype

  • E500 Prototype

  • E500 Prototype

  • E500 Prototype

  • E500 Prototype

  • E500 Prototype

  • E500 Prototype
  • E500 Prototype
  • E500 Prototype
  • E500 Prototype
  • E500 Prototype
  • E500 Prototype
  • E500 Prototype
  • E500 Prototype
  • E500 Prototype
  • E500 Prototype

E500 Prototype

シンプル・フレンドリー・コンパクトを表現した、蓄電機の新たなカタチ

“どこでもコンセント”をコンセプトに、発電機が使用できない場所やこれまで発電機に縁がなかった人にも安心して日常使用している消費電力500Wまでの家電製品が使用できる蓄電機。
「シンプル・フレンドリー・コンパクト」をキーワードに、角のとれた親しみやすいBOXスタイルを採用しています。2017年春の発売を目指して鋭意開発中です。

Back to Top