検索
INTERVIEW

トップセールスインタビュー

自分を認めて頂くことの喜び。
だから営業が好き!

阿部 紗也加 ABE SAYAKA

2011年入社

Honda Carsの営業職としてのやりがいについて教えてください

クルマという高価な商品を、自分を通してご購入してもらえるところですね。営業の自分を認めて買っていただけたことへの喜びと感謝は、大きなやりがいになっています。がんばったらその分数字として表れ、評価してもらえるところもやる気に結びついています。また、Honda車は、気軽に乗れる軽自動車から高級なスポーツカーまで、多彩なクルマがそろっているのが特徴です。お客様の幅広いご要望にしっかりと対応できるラインナップである上、それぞれのお客様のタイプに合わせた接客をするのがとても楽しいです。

営業の仕事をする上で心がけていることはなんですか?

自分はプロであるということを常に意識し、「自分がお客様と同じ立場だったら」と考えて“理想の営業像”を作り、その通りに動くことを実践しています。お客様へのレスポンスは、とにかく早急に。分からないことがあれば、詳しいスタッフをその場に呼んで、一緒に対応してもらうようにしています。こうした行動はお客様の満足につながるだけでなく、お店や自分の価値を高めることにもなるんです。特に他のスタッフを巻き込んでいくことは、お店のアットホームな空気を伝えられたり、万が一自分が不在の時でも、お客様から他のスタッフに直接相談しやすくすることで、お店全体でお客様を守っていくことができます。

ディーラーの営業は、まだまだ「男性の仕事」というイメージがありますが

今の日本では、「女性がディーラー営業?」という空気が少なからずあるかもしれません。でも、そこを一歩踏み出せば、面白いことが見えてくると思います。私の目標は誰も成し得なかったようなスピードで、好成績を残していくことです。女性はメカニックの知識があまりない方も多いと思いますが、全部を一気に覚える必要はなく、段階を踏んで覚えられるので大丈夫です。営業をする上で大事なのは、知識よりも、お客様を大切にする気持ちですからね。

メッセージ

Honda Carsの営業は、価値もサイズも大きな商品を販売できるからこそ、得られるよろこびが非常に大きいです。成長していく実感や、自分の存在意義を感じられて、毎日生き生きと働けています。「自分はクルマに詳しくないし…」と就職の選択肢から外してしまうのは、本当にもったいない仕事だと思います。若い女性の方々も、自分が思っている以上に活躍できるかもしれませんよ。女性営業はずっと若々しくいられるので、その点でもおすすめです(笑)。楽しい仕事なので、ぜひ一度チャレンジしてみてほしいです。

  1. ホーム
  2. Honda Cars WOMAN
  3. トップセールスインタビュー