検索

ROUND 01

カタールGP ロサイル・インターナショナル・サーキット 2017.03.25(土)・予選

開幕戦 カタールGP

予選が雨のためキャンセル
マルケスが3番手、ペドロサが7番手から決勝に臨む

2017年3月25日(土)・予選  会場:ロサイル・インターナショナル・サーキット
天候:雨  コースコンディション:ウエット

開幕戦カタールGPの予選は、前夜から断続的に降った雨のためにキャンセルとなりました。レースディレクションは、ウエットコンディションで20分間のフリー走行を行い、夜間走行でもウエットコンディションでの走行が可能かどうかの判断を、選手たちにゆだねることを決めました。しかし、雨が上がってほとんどの部分で路面が乾いたものの、コースの至るところに水たまりが残り、川が流れ、レインタイヤでもスリックタイヤでも危険な状態のためにフリー走行をキャンセル。コース上の排水作業を行いながらドライコンディションになるのが待たれましたが、一向になくならないため、午後8時過ぎに土曜日のすべての走行のキャンセルが決まりました。

この結果、3クラスともにそれまでのフリー走行の総合順位でグリッドが確定。マルク・マルケス(Repsol Honda Team)がフロントロー3番手、ダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が7番手、カル・クラッチロー(LCR Honda)が9番手、ジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)が16番手、ティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)が19番手から決勝に挑みます。

なお中止を決めたレースディレクションは、午後9時過ぎに会見を開き、代表者としてロリス・カピロッシ氏が、経緯と決勝レースについて次のように語りました。

「前夜から降り始めた雨は雨量が多く、雨が上がりコースの80%ほどはドライコンディションになったのだが、ところどころコース上に水たまりができている状態だった。コースコンディションを整えようとポンプで水をくみ上げるなど必死の作業を続けたが、10分後には同じ状態に戻ってしまうためレースはできないと判断した。天候だけは、どうなるかはだれにも分からないし、明日の天候、コンディションを見て、最終的には選手たちの意見を聞いて判断したい。明日も状況が変わらなければ月曜日に延期することになるだろう」

新しいスケジュールでは、日曜日の現地時間午後3時20分からMoto3、Moto2、MotoGPの3クラスのウォームアップを通常より10分長い30分間ずつ行い、午後6時からMoto3クラス(18ラップ)、午後7時20分からMoto2クラス(20ラップ),午後9時からMotoGPクラス(22ラップ)の決勝レースが行われることになりました。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 3番手)
「ベストリザルトではないですが、フロントローからスタートできるのはとてもいいことです。今日は決勝に向けてたくさん仕事をしたかったのですが、雨のために走行がキャンセルになり、それができませんでした。安全を最優先した結果です。今日のコンディションはとても危険でした。昨日から今朝にかけて、本当に強い雨でした。走行はできませんでしたが、最終的にテストとフリー走行で300周以上を走れました。どのライダーもレースに向けての準備が整っているし、それを思えばいいポジションにいると思います。あとはベストを尽くすだけ。時間が延長された明日のウォームアップでいろいろと確認し、決勝に挑みたいです。とにかく、トラックが十分に乾いて、天気が安定するのを願っています」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 7番手)
「今日の予選は、ラップタイムを上げるチャンスだと思っていましたが、予選のキャンセルは正しい判断だったと思います。その結果、決勝では7番手からスタートすることになりました。決勝に向けてタイヤチョイスは決まっていますが、明日のウォームアップで路面コンディションをしっかり確認する必要があります。明日のウォームアップは、おそらくコンディションがよくないと思うし、セットアップを試すような状況ではないと思います。とにかく、明日の決勝のコンディションがどうなるかを見て、ベストを尽くすだけです」

ジャック・ミラー(MotoGP 16番手)
「安全を考えれば、今日の予選のキャンセルは正解だったと思います。ファンのために走りたいという気持ちはありますが、とてもそういう状態ではありませんでした。予選ではポジションを上げたいと思っていました。16番手というのは思っていたようなグリッドではありません。とにかく、フィーリングは悪くないので、明日のレースはいい戦いをする自信があります」

ティト・ラバト(MotoGP 19番手)
「とてもハードな一日だったのでとても疲れました。というのはジョークですが、レースディレクションが予選をキャンセルしたのは、正しい判断だったと思います。レインタイヤで走るには乾きすぎていたし、かといって、スリックタイヤでは、路面の濡れた部分で大きなリスクがあると思ったからです。ポジティブな点では、明日のレースに向けて体力を温存できたことです。いずれにしても、明日のウォームアップが楽しみです。今日みたいな雨がまた降らないことを祈っています」

MotoGP リザルト フリー走行 Combined

順位 No. ライダー マシン タイム/差
125M.ビニャーレスヤマハ1'54.316
229A.イアンノーネスズキ+0.532
393マルク・マルケスHonda+0.596
45J.ザルコヤマハ+0.692
54A.ドヴィツィオーゾドゥカティ+0.726
645S.レディングドゥカティ+0.769
726ダニ・ペドロサHonda+0.797
894J.フォルガーヤマハ+0.892
935カル・クラッチローHonda+0.895
1046V.ロッシヤマハ+1.098
119D.ペトルッチドゥカティ+1.119
1299J.ロレンソドゥカティ+1.145
1319A.バウティスタドゥカティ+1.265
1476L.バズドゥカティ+1.308
1541A.エスパルガロアプリリア+1.318
1643ジャック・ミラーHonda+1.643
1717K.アブラハムドゥカティ+1.687
1842A.リンススズキ+1.863
1953ティト・ラバトHonda+2.052
208H.バルベラドゥカティ+2.409
2122S.ロースアプリリア+2.538
2244P.エスパルガロKTM+2.800
2338B.スミスKTM+3.338

ニュース