検索
モータースポーツ > ロードレース世界選手権 > 開幕戦 カタールGP 決勝
2016.03.20 ロードレース世界選手権 開幕戦 カタール カタールGP 決勝

[MotoGP] マルケスが3位に入り、開幕戦で表彰台に立つ

[Moto2] Moto2クラスは波乱の展開で幕開け

[Moto3] ニッコロ・アントネッリが大接戦のレースを制する

2016年3月20日(日)・決勝  会場:ロサイル・インターナショナル・サーキット
天候:晴れ  気温:21℃  コースコンディション:ドライ  観客:1万1737人(3日間:2万4866人)
MotoGP レポート

シーズン開幕戦のカタールGP決勝は、予選2番手から好スタートを切ったマルク・マルケス(Repsol Honda Team)と、ポールポジション(PP)スタートのホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)、2列目スタートのアンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)の5人がトップグループを形成しました。しかし、イアンノーネが6周目に転倒してリタイア、優勝争いは4台に絞られました。

マルク・マルケスマルク・マルケス

マルク・マルケスマルク・マルケス

中盤にはロレンソを先頭に、ドヴィツィオーゾ、マルケス、そしてロッシと続き、ひとつのミスでトップグループから脱落するハイペースでレースは進行しました。緊迫した戦いの中、マルケスは終盤にドヴィツィオーゾを抜いて2番手に浮上。さらにロレンソを追撃しましたが、ドヴィツィオーゾに再び抜かれ、惜しくも3位でチェッカーを受けました。

ダニ・ペドロサダニ・ペドロサ

ジャック・ミラージャック・ミラー

優勝こそできませんでしたが、ウインターテストから苦戦してきた共通ECU(エンジン・コントロール・ユニット)のセットアップが大きく進んだことを実感させる戦いに大きな拍手が送られました。今大会の優勝タイムは、昨年より約7秒速いハイペースとなり、マルケスも昨年のタイムを約12秒更新。アルゼンチンGP、アメリカズGPと続く連戦での巻き返しに大きな期待が膨らみました。

ティト・ラバトティト・ラバト

予選7番手から決勝に挑んだダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、マーベリック・ビニャーレス(スズキ)とマッチレースを繰り広げ、ビニャーレスの追撃を振り切って5位でフィニッシュ。ジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は14位、ティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は15位となり、ポイントを獲得しました。カル・クラッチロー(LCR Honda)は、ペドロサ、ビニャーレスに続いて7番手を走行していた7周目に転倒し、リタイアに終わりました。

Moto2 レポート

Moto2クラスは、予選10番手から決勝に挑んだトーマス・ルティ(Garage Plus Interwetten)が、昨年のフランスGP以来、14戦ぶりの優勝を達成しました。ルティは、昨年のシーズン終盤戦のマレーシアGPで2位、バレンシアGPで3位になっており、3戦連続の表彰台を獲得しました。2位はルイス・サロム(SAG Team)、3位にシモーネ・コルシ(Speed Up Racing)という結果でした。

ルイス・サロム(左)、トーマス・ルティ(中央)、シモーネ・コルシ(右)ルイス・サロム(左)、トーマス・ルティ(中央)、シモーネ・コルシ(右)

今大会のMoto2クラスは、予選で上位につけた7名を含む8選手がジャンプスタートとなり、ライドスルーのペナルティーを科せられる大荒れの展開となりました。優勝候補だったアレックス・リンス(Paginas Amarillas HP 40)は22番手までポジションを落とし、その後の追い上げで8位。同じく優勝候補のサム・ロース(Federal Oil Gresini Moto2)もペナルティーで23番手までポジションを落とし、結果9位でフィニッシュとなりました。

ディフェンディングチャンピオンで2連覇を狙うヨハン・ザルコ(Ajo Motorsport)もジャンプスタートのため12位。予選9番手の中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)もジャンプスタートのペナルティーで14位という結果でした。また、ジャンプスタートの審議に時間がかかったことで20秒の加算となったフランコ・モルビデリ(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は2番手でチェッカーを受けるも7位へ。サンドロ・コルテセ(Dynavolt Intact GP)も5位でチェッカーを受けるも15位に降格となりました。PPを獲得したジョナス・フォルガー(Dynavolt Intact GP)は転倒リタイアでした。

Moto3 レポート

Moto3クラスは、8台がトップグループを形成し、目まぐるしくポジションを入れ替える厳しい戦いとなりました。その中で予選7番手からオープニングラップ6番手につけたニッコロ・アントネッリ(Ongetta-Rivacold)が、大混戦の中で巧にスリップストリームを使い、ラスト2周で3番手と絶好の位置につけ、最終ラップにトップに浮上、開幕勝利を達成しました。昨年はチェコGPと日本GPで2勝を挙げて総合5位。今年は念願のタイトル獲得に向けて絶好のスタートを切りました。

ニッコロ・アントネッリニッコロ・アントネッリ

トップグループに加わったエネア・バスティアニーニ(Gresini Racing Moto3)は、フリー走行、予選と着実に調子を上げ、決勝では優勝争いに加わって5位。ホルヘ・ナバロ(Estrella Galicia 0,0)は、トップグループで優勝を狙っていましたが、最終ラップの最終コーナーでライバルと接触して7位でした。リビオ・ロイ(RW Racing GP BV)は、オープニングラップを制するも、2周目にライバルとの接触を避けるため、オーバーランを喫し10番手へとポジションを落としました。その後、猛列に追い上げて、トップグループのすぐ後ろの8位でフィニッシュしました。

予選29番手から決勝に挑んだ尾野弘樹(Honda Team Asia)は、追い上げて18位でフィニッシュ。チームメートでデビュー戦となるカイルール・イダム・パウィは22位でチェッカーを受けました。

MotoGP コメント

マルク・マルケス(MotoGP 3位)
「全力で戦いました。今回表彰台に上がったライダーと2週間前は、ラップタイムで1秒の差があったので、3位という結果はとてもうれしいです。Hondaとチームに感謝します。思っていたよりレースのペースは速かったです。難しいサーキットだったのですが、100%のパフォーマンスを発揮できたし、すばらしいレースウイークになりました。レースは、ほとんど(アンドレア)ドヴィツィオーゾの後ろでした。彼をパスできなかったからです。彼はストレートの加速がよくて、その遅れを取り戻すのが難しかったです。近づいても、再び遠ざかりました。難しいとわかっていましたが、残り4周でアタックしました。しかし、最終ラップにオーバーテイクされました。最終コーナーで再びチャレンジしましたが、届きませんでした。次戦以降は、もう少しサーキットとマシンとの相性がよくなることを願っています」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 5位)
「難しいレースでした。いいスタートを切ることができましたが、1コーナーで膨らんでしまいました。しかし、5番手か6番手に落ちただけで、トップグループを追うにはいいポジションでした。でも僕のペースが上がらず徐々に離れてしまいました。今回のレースでネガティブだったことは、5位という結果とトップとの差です。一方、ポジティブなことは、マシンについてさらに学ぶことができたことです。次のレースでは、もしかしたら前進できるかも知れません。体力的にも十分持ちました。このサーキットは僕たちにとって難しいことはわかっていました。次のアルゼンチンに向けて、どうすればいいのか考えなければなりません」

ジャック・ミラー(MotoGP 14位)
「今日は完走することができたし、多くのことを学びました。これが今大会の最もポジティブなことです。プレシーズンでケガをしてから、レースディスタンスを走ったのは今回が初めてです。足の調子もよかったので、とてもうれしいです。(ユージン)ラバティや、(アルバロ)バウティスタといいバトルができましたが、最終ラップに小さなミスをしてしまい、彼らにパスされたのは残念でした。いい経験になりました。次は昨年の大会で力強い結果を出せたアルゼンチンなので楽しみです」

ティト・ラバト(MotoGP 15位)
「楽なレースではありませんでしたが、最初のレースをポイント圏内でフィニッシュできてよかったです。チームに本当に感謝しています。自信が持てるように最後の数日は一生懸命がんばってくれました。トップとのギャップは思ったより大きいですが、経験とインフォメーションをたくさん積むことができました。速くなるために、なにが必要なのかを改めて感じることができました。これまでと同じように努力を続けたいです。MotoGPクラスでトップを走るのは、思っていたより大変ですが、無理だとは思わないし、前進するためにがんばります」

カル・クラッチロー(MotoGP リタイア)
「今日は電子制御が適切に働きませんでした。1コーナーではトラクションコントロールが全く働かず、かと思えば2コーナーでは機能するという状態でした。転倒した原因は、スロットルを閉じたにもかかわらず、アクセルが開いた状態だったことです。どうしてそういうことになったのか、調べてもらっているので、その結果を待つことになります。今日はトラクションコントロールが実際の走りと全く同調していない状態でしたが、それでもラップタイムはよかったし、最後まで走れると思っていただけに、とても残念でした」

Moto2 コメント

トーマス・ルティ(Moto2 優勝)
「(フランコ)モルビデリのペナルティーのことはパルクフェルメに着くまで知りませんでした。でも彼のペナルティーがあってもなくても先にゴールしているので、自分のリザルトには関係ありませんでした。ただリスクはありました。彼がジャンプスタートのペナルティーでタイムが加算になることを知っていたら、もっと楽に走ることができたかもしれません。でも優勝できたので、とてもうれしいです。昨日の予選は思うようにいかなかったのですが、チームがすばらしい仕事をしてくれたのでとても感謝しています」

ルイス・サロム(Moto2 2位)
「表彰台に立てて、信じられない気持ちです。今日はただ全力で走っていました。母から最近レースを楽しんでいないから、12年や13年のように楽しんで走るようにしなさいと言われました。その言葉通り、昨日の予選から、とにかくプッシュしてきました。母や家族、そして、このような機会を与えてくれたチームに感謝しています。この2年は苦しかったです。今年は最終戦のバレンシアまでがんばります」

シモーネ・コルシ(Moto2 3位)
「たくさんのライダーがジャンプスタートして、クレイジーなレースになりました。レース序盤はプッシュしました。そしてたくさんのライダーをオーバーテイクしました。でも、今日の(ルイス)サロムはとても速かったです。最終的に表彰台に立ててとてもうれしいです。次戦アルゼンチンGPが楽しみです」

フランコ・モルビデリ(Moto2 7位)
「とてもいいレースができました。最初から最後まで優勝争いに加わることができました。そして9周に渡ってレースをリードすることができました。新しいチームの開幕戦でこのようなレースができてとてもうれしいです。残念ながら序盤に問題があり、僕の周りの多くのライダーが動いてしまいました。反射的に僕も動いてしまいました。チームには申し訳ない気持ちですが、ポジティブに考えたいです。とにかく優勝争いができました。これを次のアルゼンチンへつなげたいです」

中上貴晶(Moto2 14位)
「ジャンプスタートを取られてライドスルーのペナルティーを受けました。ライドスルーのサインはメーターパネルに出ていたし、サインボードでも出されました。しかし、自分はジャンプスタートしていないと思うし、今日の裁定には不満があります。今日はペースは悪くなかったし、十分に表彰台争いができたと思います。それだけにとても残念です」

Moto3 コメント

ニッコロ・アントネッリ(Moto3 優勝)
「スリップストリームを使い合うレースとなりました。こういうときは、勝てることもあるし、勝てないときもあります。今日は、ブラッド(ビンダー)が速くて、彼の後ろにいれば表彰台に立てると確信していました。彼はとても速かったし、スリップストリームが使えます。楽な週末ではなかったので、こうして優勝することができて、とてもうれしいです。体調が悪かったのですが、今日は少しよくなったので、プッシュすることができました。転倒しないように集中して走ることもできたし、ミスもしませんでした」

エネア・バスティアニーニ(Moto3 5位)
「レース序盤はマシンの感触がよくありませんでした。コーナーの進入がうまくいかず、そのため思ったように曲がることができませんでした。でもレース後半は速く走れるようになりました。そして最後はトップグループとのギャップを縮めることができ、5位でチェッカーを受けられました。まだシーズンは始まったばかりで、マシンのセットアップも完全ではありません。今の段階で、この結果はいいと思います。大事なポイントを獲得することもできました。次戦もベストを尽くします」

ホルヘ・ナバロ(Moto3 7位)
「今日はもっと大きな集団になると思っていましたが、(ブラッド)ビンダーがプッシュしたため、小さな集団になりました。レース中はタイヤのマネジメントに取り組みました。そして必要なときに必要なポジションにいられるようにしました。表彰台に上がれると思っていましたが、最終コーナーでライバルと接触して遅れてしまいました。表彰台に立てなかったのは残念ですが、とてもポジティブな週末だったと思います。アルゼンチンでもこの調子で一生懸命がんばります」

リビオ・ロイ(Moto3 8位)
「プラクティスセッションと予選で力強いパフォーマンスができたので、今回の結果は少し残念です。それでも8ポイント獲得できたのでうれしいです。シーズンのいいスタートになりました。もしかしたら、もっといい結果が出せたかもしれません。スタートはよかったです。何度かレースをリードできました。目標は引き離すことでしたが、ブラッド・ビンダーがオーバーテイクしてきたとき、思ったより膨らんでしまい大きく遅れました。ギャップを縮めるたびに、全力で走りましたが、ここでもシフトミスをして遅れてしまいました。プラクティスではトップになり、予選ではフロントローを獲得しました。そして8ポイント持って帰ることができます。もっと悪い結果になっていたかもしれないのでうれしいです」

尾野弘樹(Moto3 18位)
「レースウイークを通じて、もっともいい走りができました。自己ベストも出すことができたし、走りの内容は悪くなかったと思います。昨日の予選は転倒しましたが、それまでのいい走りを今日はしっかり再現することができました。ポイントは獲得できませんでしたが、次戦につながるレースになりました」

MotoGP リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
199J.ロレンソヤマハ42'28.452
24A.ドヴィツィオーゾドゥカティ+2.019
393マルク・マルケスHonda+2.287
446V.ロッシヤマハ+2.387
526ダニ・ペドロサHonda+14.083
625M.ビニャーレススズキ+15.423
744P.エスパルガロヤマハ+18.629
838B.スミスヤマハ+18.652
98H.バルベラドゥカティ+21.160
1045S.レディングドゥカティ+24.435
1141A.エスパルガロスズキ+35.847
1250E.ラバティドゥカティ+41.756
1319A.バウティスタアプリリア+41.932
1443ジャック・ミラーHonda+41.982
1553ティト・ラバトHonda+54.953
RT6S.ブラドルアプリリア+11Laps
RT76L.バズドゥカティ+14Laps
RT35カル・クラッチローHonda+16Laps
RT29A.イアンノーネドゥカティ+17Laps
RT68Y.ヘルナンデスドゥカティ+21Laps
Moto2 リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
112トーマス・ルティKALEX40'14.293
239ルイス・サロムKALEX+9.610
324シモーネ・コルシSPEED UP+9.665
455ハフィズ・シャーリンKALEX+13.558
577ドミニク・エガーターKALEX+16.064
652ダニー・ケントKALEX+16.114
721フランコ・モルビデリKALEX+20.047
840アレックス・リンスKALEX+20.170
922サム・ロースKALEX+22.019
1010ルカ・マリーニKALEX+24.249
1144ミゲル・オリベイラKALEX+24.254
125ヨハン・ザルコKALEX+24.570
1314ラタパーク・ウィライローKALEX+25.664
1430中上貴晶KALEX+26.992
1511サンドロ・コルテセKALEX+29.736
1654マティア・パシーニKALEX+30.404
1723マルセル・シュローターKALEX+38.446
182イェスコ・ラフィンKALEX+46.363
1932アイザック・ビニャーレスTECH 3+46.543
2070ロビン・マルホウザーKALEX+1'18.323
2133アレッサンドロ・トヌッチKALEX+1'25.002
228エフレン・バスケスSUTER+1'39.572
RT49アクセル・ポンスKALEX+4Laps
RT97チャビ・ビエルゲTECH 3+5Laps
RT19ザビエル・シメオンSPEED UP+6Laps
RT73アレックス・マルケスKALEX+14Laps
RT94ジョナス・フォルガーKALEX+18Laps
RT60フリアン・シモンSPEED UP+19Laps
RT57エドガー・ポンスKALEX+19Laps
Moto3 リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
123ニッコロ・アントネッリHonda38'12.161
241B.ビンダーKTM+0.007
321F.バグナイアマヒンドラ+0.148
45R.フェナティKTM+0.435
533エネア・バスティアニーニHonda+0.606
68N.ブレガKTM+0.625
79ホルヘ・ナバロHonda+0.674
811リビオ・ロイHonda+1.710
965P.エッテルKTM+8.611
1084ヤコブ・コーンフェールHonda+10.947
1195ジュール・ダニーロHonda+12.379
1236J.ミルKTM+12.380
1320F.クアルタラロKTM+12.401
1464B.ベンドスナイダーKTM+12.726
1544アーロン・カネットHonda+12.784
166M.エレーラKTM+12.939
1716A.ミニョKTM+17.152
1876尾野弘樹Honda+17.367
1919G.ロドリゴKTM+17.451
207アダム・ノロディンHonda+17.519
2155A.ロカテリKTM+17.566
2289カイルール・イダム・パウィHonda+17.608
2340D.ビンダーマヒンドラ+31.939
2410A.マスボープジョー+31.949
2558J.ゲバラKTM+32.120
264ファビオ・ディ・ジャンアントニオHonda+32.333
2717J.マクフィープジョー+32.547
2824鈴木竜生マヒンドラ+32.812
2943S.バルトリーニマヒンドラ+34.584
3098K.ハニカマヒンドラ+59.105
3177L.ペトラルカマヒンドラ+59.109
323F.スピラネッリマヒンドラ+1'34.948
RT88J.マルティンマヒンドラ+1Lap
MotoGP ポイントスタンディング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
-199J.ロレンソヤマハ25
-24A.ドヴィツィオーゾドゥカティ20
-393マルク・マルケスHonda16
-446V.ロッシヤマハ13
-526ダニ・ペドロサHonda11
-625M.ビニャーレススズキ10
-744P.エスパルガロヤマハ9
-838B.スミスヤマハ8
-98H.バルベラドゥカティ7
-1045S.レディングドゥカティ6
-1141A.エスパルガロスズキ5
-1250E.ラバティドゥカティ4
-1319A.バウティスタアプリリア3
-1443ジャック・ミラーHonda2
-1553ティト・ラバトHonda1

ランキング詳細

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
-1ヤマハ25
-2ドゥカティ20
-3Honda16
-4スズキ10
-5アプリリア3

ランキング詳細

チーム

順位 チーム 総合ポイント
-1Movistar Yamaha MotoGP38
-2Repsol Honda Team27
-3Ducati Team20
-4Monster Yamaha Tech 317
-5Team SUZUKI ECSTAR15
-6Avintia Racing7
-7OCTO Pramac Yakhnich6
-8Aspar Team MotoGP4
-9Aprilia Racing Team Gresini3
-10Estrella Galicia 0,0 Marc VDS3

ランキング詳細

Moto2 ポイントスタンディング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
-112トーマス・ルティKALEX25
-239ルイス・サロムKALEX20
-324シモーネ・コルシSPEED UP16
-455ハフィズ・シャーリンKALEX13
-577ドミニク・エガーターKALEX11
-652ダニー・ケントKALEX10
-721フランコ・モルビデリKALEX9
-840アレックス・リンスKALEX8
-922サム・ロースKALEX7
-1010ルカ・マリーニKALEX6
-1144ミゲル・オリベイラKALEX5
-125ヨハン・ザルコKALEX4
-1314ラタパーク・ウィライローKALEX3
-1430中上貴晶KALEX2
-1511サンドロ・コルテセKALEX1
-1654マティア・パシーニKALEX0
-1723マルセル・シュローターKALEX0
-182イェスコ・ラフィンKALEX0
-1932アイザック・ビニャーレスTECH 30
-2070ロビン・マルホウザーKALEX0
-2133アレッサンドロ・トヌッチKALEX0
-228エフレン・バスケスSUTER0

ランキング詳細

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
-1KALEX25
-2SPEED UP16

ランキング詳細

Moto3 ポイントスタンディング

ライダー

順位 No. ライダー マシン 総合ポイント
-123ニッコロ・アントネッリHonda25
-241B.ビンダーKTM20
-321F.バグナイアマヒンドラ16
-45R.フェナティKTM13
-533エネア・バスティアニーニHonda11
-68N.ブレガKTM10
-79ホルヘ・ナバロHonda9
-811リビオ・ロイHonda8
-965P.エッテルKTM7
-1084ヤコブ・コーンフェールHonda6
-1195ジュール・ダニーロHonda5
-1236J.ミルKTM4
-1320F.クアルタラロKTM3
-1464B.ベンドスナイダーKTM2
-1544アーロン・カネットHonda1
-166M.エレーラKTM0
-1716A.ミニョKTM0
-1876尾野弘樹Honda0
-1919G.ロドリゴKTM0
-207アダム・ノロディンHonda0
-2155A.ロカテリKTM0
-2289カイルール・イダム・パウィHonda0
-2340D.ビンダーマヒンドラ0
-2410A.マスボープジョー0
-2558J.ゲバラKTM0
-264ファビオ・ディ・ジャンアントニオHonda0
-2717J.マクフィープジョー0
-2824鈴木竜生マヒンドラ0
-2943S.バルトリーニマヒンドラ0
-3098K.ハニカマヒンドラ0
-3177L.ペトラルカマヒンドラ0
-323F.スピラネッリマヒンドラ0

ランキング詳細

コンストラクター

順位 コンストラクター 総合ポイント
-1Honda25
-2KTM20
-3マヒンドラ16

ランキング詳細

MotoGP

マルク・マルケス

マルク・マルケス

ダニ・ペドロサ

ジャック・ミラー

ティト・ラバト

Moto2

ルイス・サロム(左)、トーマス・ルティ(中央)、シモーネ・コルシ(右)

Moto3

ニッコロ・アントネッリ