検索

ROUND 02

日本日本 栃木県
ツインリンクもてぎ
2017.05.27(土)-28(日)
トライアル

第2戦 日本

トニー・ボウ、圧勝で日本GP Day1を制す

日曜日1日制の大会が多く組まれている今シーズンのトライアルGP、ヨーロッパ勢にとって遠征となる日本GPはそんな中、土曜日と日曜日の2日制で開催されます。その1日目、ツインリンクもてぎのハローウッズの森を舞台とした15セクション2ラップの戦いは、Repsol Honda Teamのトニー・ボウが王者の貫録で勝利、チームメートの藤波貴久が3位表彰台に登壇し日本のファンの喝采を浴びました。

ボウはこれでアウトドア2連勝、そして今シーズンのボウはインドア大会も含め、これまで負けなしの戦いが続いています。今回の勝利で、ボウは91勝目をマーク。今回は、朝の雨の影響でほとんどすべてのセクションが泥だらけ、厳しいトライアルの中での争いとなりました。

金曜日の雨、そして土曜日未明から朝にかけての雨で、難セクションぞろいとなったもてぎの15セクションですが、それでもボウは水を得た魚のように難セクションを走破していきます。ボウを除くすべてのライダーが走破不可能だったセクションを、ボウだけが華麗に突破していくセクションがいくつもありました。この勝利で、ボウはランキングトップを維持したばかりでなく、ランキング2位のアダム・ラガに、早くも12点差をつけることに成功しました。

地元での大会となる藤波は、地元ファンの声援を受けて実力を発揮します。スタートは7番手、トップライダーのラインを見ながら戦いを進めます。途中、苦しい戦いもありましたが、最終的には4位に1点差で3位表彰台を獲得しました。これで藤波は、日本GPで27度目の表彰台獲得となりました。

Repsol Honda Teamでもっとも早いスタートとなったのはハイメ・ブストでした。ブストにとっては難しい複雑なトライアル。それでもブストは表彰台争いを続けたのですが、試合後半の減点が多く、惜しくも6位で試合を終えることになりました。

日本GPの2日目は、明日開催され、ボウのスタートは10時2分となっています。途中、20分間の休憩インターバルを含んで、試合終了は15時23分の予定です。

今大会、Repsol Honda Teamの3名は、他の参加メンバーと心を一つにして、元MotoGPチャンピオンの故ニッキー・ヘイデンに思いを捧げての戦いとなりました。

1日目コメント

トニー・ボウ(優勝)
トニー・ボウ(左)、藤波貴久(右)「シーズンのスタートを最善のかたちで切ることができて、そしてHondaの地元レースである日本GPでの勝利に、本当にうれしい思いです。雨で濡れた難しいコンディションで2ラップを戦いましたが、多くのHonda関係者の見守る中でこの結果を出せたことが、なにより大きな成果となりました。難しいコンディションですが、明日も、同じようにいい結果を出せるように努力します」

藤波貴久(3位)
藤波貴久「表彰台に立つことは、自分にとっては大きな命題です。そして日本GPでの表彰台は、他の国での表彰台とは違う、大きな意味を持っています。今回のトライアルは、本当にハードで、難しいものでした。テクニック的にはもちろん、精神的にも厳しいもので、表彰台を狙うライダーが数多く存在しました。今日の3位は、満足いくものだったと思います。2位とは僅差ではありましたが、4位や5位とも僅差でした。そんな中での表彰台獲得。明日ももう一度この日のような戦いをしたいと思いますが、もちろんそれは簡単なことではありません」

ハイメ・ブスト(6位)
ハイメ・ブスト「1ラップ目は、かなりうまくいったと思いますし、多くのセクションを走破することができていました。しかし、2ラップ目にはセクションの多くがより滑りやすくなっていて、いくつかミスをしてしまいました。明日は最初から最後までうまくいくように願っています。うまく走れれば、あらゆる危険も減っていくからです」

ミゲール・シレラ監督
「今日のトライアルは、本当に厳しく、難しいものでした。ボウは、この複雑な条件の中、自分の実力を見事に発揮して、ライバルとの差を決定的にしてくれました。明日の戦いも難しくなるだろうと思いますが、Hondaのホームグラウンドであるもてぎでの戦いに、きっとまた勝利をもたらしてくれるだろうと確信しています。藤波はいつもどんなときでも最大限の結果を求めて努力をしていますが、今回もまたとてもいい結果を残すことができました。ブストは6位という結果を向上させるために、より多くの努力をしなければいけないと思います。もちろん彼はそれを承知していますが、それは簡単なことではありません。チームはこういった難しい戦いの中、いい仕事をしてくれました。その努力が、結果に最大限に表れています」

1日目リザルト

順位 No. ライダー マシン ラップ1 ラップ2 総減点
1 1 トニー・ボウ Honda 26 22 48
2 22 J.ダビル ガスガス 32 40 72
3 3 藤波貴久 Honda 35 39 74
4 47 J.ファハルド ヴェルティゴ 35 40 75
5 67 A.ラガ TRS 42 35 77
6 69 ハイメ・ブスト Honda 41 49 90
20 97 小川友幸 Honda 56 59 115

フォトギャラリー

トニー・ボウ

トニー・ボウ

トニー・ボウ

トニー・ボウ(中央)、藤波貴久(右)

藤波貴久

藤波貴久

藤波貴久

トニー・ボウ(左)、藤波貴久(右)

ハイメ・ブスト

ハイメ・ブスト

ニュース