VEZEL

お近くのお店を探す

安全性能

先進の安全運転支援システムHonda SENSINGがもたらす、より高い安心と快適。タイプ別設定

Hondaは、『Safety for Everyone』の安全思想のもと『事故に遭わない社会』の実現を目指し、
リアルワールドでの実態に基づく開発を行っています。
『事故に遭わない社会』の達成に向けてHondaは早期から独自研究を進めるとともに、実用化に努めてきました。
2002年には、カメラを用いた「LKAS〈車線維持支援システム〉」を、
2003年には世界で初めてミリ波レーダーを用いた「追突軽減ブレーキ〈CMBS〉」を実用化。
そして、蓄積してきたこれらの技術をさらに進化させ、高機能化。
先進の安全運転支援システムが「Honda SENSING」です。

Honda SENSING

8つの先進機能で、走行時も停車時も安心・快適に。

  • 衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉 衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉 車両や歩行者を検知し、衝突の危険がある場合に表示や音によって警告。緊急時には、ブレーキを作動して衝突回避・被害軽減を図ります。
  • 歩行者事故低減ステアリング 歩行者事故低減ステアリング 車線を外れ、路側帯の歩行者と衝突が予測される際、音と表示で警告し、ステアリングも制御して回避操作を支援します。
  • ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉 ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉 アクセルペダルを踏まずに設定した車速を保つクルーズコントロールに、前走車を検知し、自動で加減速を行う機能を追加。高速道路などで車速と車間を適切に制御します。
  • LKAS〈車線維持支援システム〉 LKAS〈車線維持支援システム〉 車両が車線の中央に沿って走行できるように、高速道路などでのステアリング操作を支援し、運転負荷軽減を図ります。

衝突激減ブレーキ

衝突激減ブレーキ

ミリ波レーダーと単眼カメラを融合した高精度な検知機能で前走車や対向車、歩行者にも作動し、対向車の場合にはステアリング振動による体感警報などによって回避操作を促します。また、リアクティブフォースペダル装備車は同時にアクセルペダル振動でも注意を促します。

衝突激減ブレーキ01

前走車との衝突回避をブレーキで支援。
約5km/h以上の幅広い速度域で作動。

衝突激減ブレーキ02

歩行者との衝突回避もブレーキで支援。

衝突激減ブレーキ03

対向車の場合には、ステアリングの振動による体感警報も作動します。

衝突激減ブレーキ04

歩行者事故低減ステアリング

歩行者事故低減ステアリング

約10km/h~40km/hで走行中に車線を外れ、路側帯の歩行者と衝突しそうな際、音と表示で警告。ステアリングも制御して回避操作を支援します。

ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉

ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉

ミリ波レーダーと単眼カメラで前走車との車間距離と速度差を検知。適切な車間距離を保つようにアクセルやブレーキの制御を行い、高速道路などにおける運転負荷軽減を図ります。

ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉01

設定車速内で加減速し、前走車を追従。

ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉02

割り込みの際には、追従ターゲットを自動切り替え。

LKAS〈車線維持支援システム〉

LKAS〈車線維持支援システム〉

単眼カメラで走行車線を検知。車両が走行車線の中央に沿って走行できるようにステアリング操作を支援し、高速道路などでの運転負荷軽減を図ります。また、車線を外れそうになる場合、マルチインフォメーション・ディスプレイ内の表示とステアリング振動による警告も行います。

  • 路外逸脱抑制機能 路外逸脱抑制機能 車両が車線を外れそうな場合に、 ステアリング振動と表示で警告し、 車線内へ戻すようにステアリングを制御します。
  • 誤発進抑制機能 誤発進抑制機能 前方に障害物があるにも関わらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、急加速を抑制するとともに、音と表示で注意を促します。
  • 先行車発進お知らせ機能 先行車発進お知らせ機能 停車時に前方の車両の発進を検知。表示と音で知らせます。
  • 標識認識機能 標識認識機能 道路標識を認識。マルチインフォメーション・ディスプレイ内に表示することで、標識への注意を促し、安全運転を支援します。

路外逸脱抑制機能

路外逸脱抑制機能

車両が車線を外れそうな場合に、ステアリング振動とマルチインフォメーション・ディスプレイ内の表示で警告を行い、車線内へ車両を戻すようにステアリングを制御。また、逸脱量が大きいと予測された場合は、ブレーキも併用して逸脱しないように支援します。

路外逸脱抑制機能01

誤発進抑制機能

誤発進抑制機能

停車時や約10km/h以下で走行中、近距離に前走車などがあることをミリ波レーダーが検知。急にアクセルペダルを踏み込んだ場合の急加速を抑制するとともに、ブザーとマルチインフォメーション・ディスプレイ内の表示で注意を促します。また、リアクティブフォースペダル装備車は同時にアクセルペダル振動でも注意を促します。

誤発進抑制機能01

誤発進抑制機能02

先行車発進お知らせ機能

先行車発進お知らせ機能 

信号待ちでの一時停止時などに、前方の車両の発進をミリ波レーダーが検知し、ブザーとマルチインフォメーション・ディスプレイ内の表示で知らせます。

標識認識機能

標識認識機能

単眼カメラで道路標識を認識。マルチインフォメーション・ディスプレイ内に表示することで標識への注意を促し、安全運転を支援します。

■写真はすべて作動イメージです。■イラストはすべて機能説明のためのイメージです。

■各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。車両をご使用になる前に必ず取扱説明書をお読みください。各システムは、いずれも道路状況、天候状況によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。
■衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉は、約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両(二輪車や自転車等を除く)に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。対向車両(二輪車や自転車等を除く)と歩行者に対しては、自車が約80km/h以下で走行中の場合に作動します。
■歩行者事故低減ステアリングは、約10km/h〜40km/hで走行中に、システムが歩行者側への車線逸脱と歩行者との衝突を予測した場合に、ステアリング操作による回避を支援します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。
■ACCは、約30km/h〜約100km/hで作動します。急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用してください。
■LKAS〈車線維持支援システム〉は、約65km/h〜約100km/hで作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者がステアリングから手を放した状態や、運転者が意図的に車線を越えるようなステアリング操作をしているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。
■路外逸脱抑制機能は約60km/h〜約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。
■誤発進抑制機能は、停車時や約10km/h以下で走行しているとき、自車のほぼ真正面の近距離に車両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジンやモーターなどのパワーシステム出力を抑制し、急な発進を防止するとともに、音と表示で接近を知らせます。
■先行車発進お知らせ機能は、先行車との車間距離が約10m以内で、先行車の発進を検知しても自車が停止し続けたときに作動します。
■標識認識機能は最高速度、はみ出し通行禁止、一時停止、車両進入禁止の標識を認識し、マルチインフォメーション・ディスプレイに表示します。一時停止、車両進入禁止は約60km/h以下で作動します。自車の単眼カメラから見て、車両等の陰になった道路標識は認識することができません。

日々の安心のために、多彩な装備をご用意。

もっと詳しく見る
新・安全性能総合評価で最高ランクの「5つ星」を獲得。 ヴェゼルは安全の追求を重ねた結果、平成26年度自動車アセスメントの新・安全性能総合評価において平成26年度JNCAPファイブスター賞を受賞しました。※国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構による、自動車の安全性能の試験・評価 ■試験車両:HYBRID Z

新・安全性能総合評価について

運転のしやすさ

見晴らしのよさから、乗り降りしやすさまで考え抜きました。

スタイリッシュなデザインと広い空間を両立させながら、都市での扱いやすさも兼ね備えるために。
人間工学のアプローチから様々な検証を繰り返し、運転しやすく、乗り降りしやすい、ジャストサイズを導きました。

見晴らしのよさから、乗り降りしやすさまで考え抜きました。
運転しやすい取り回しの良さ。

運転しやすい取り回しの良さ。

都市の細街路や、駐車場、交差点でも扱いやすい、最小回転半径5.3m。右左折時等に運転しやすいように、すっきりした視界にもこだわりました。

※ RSタイプは5.5m。

アイポイント「+100mm※」という安心。

アイポイント「+100mm※」という安心。

様々なクルマで検証を行い、アイポイントの目安をセダン+100mmとして設計。
運転を快適にする「見晴らしの良さ」と、「スマートなデザイン」の両立を追求しています。

※ 一般的なセダンとの比較。Honda調べ。

見えにくい位置を映し出すドアミラー。

見えにくい位置を映し出すドアミラー。

助手席側ドアミラーの下部に、目視しにくい車両左側面を映す、
プリズムミラーを内蔵。後退時などでの安心感を高めます。

プリズムアンダーミラー視野範囲イメージ
乗り降りのしやすさも追求。

乗り降りのしやすさも追求。

段差等も乗り越えやすい最低地上高185mmをベースに、多くの方が乗り降りしやすいと感じられる座面の高さを設計しています。

※ FF車

燃費・走行性能

「クラストップ※1の低燃費」と「スポーティーな走り」の融合。ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」

もっと詳しく見る

低回転域から高回転域まで効率よくパワーを発揮する「直噴1.5L i-VTECエンジン」に、
回りはじめた瞬間から最大トルクを生む「モーター」を掛け合わせる。
クラストップ※1の低燃費と2.0Lエンジンに匹敵するハイパワー※2を両立するとともに、
7速デュアルクラッチのATとすることで、アクセルに対するダイレクトな加速感を実現。
2つのクラッチを交互につなぐので変速もスムーズ。

※1 2016年2月現在。SUVとして(EV、プラグインハイブリッド車を除く)。Honda調べ。 ※2 Hondaの2.0L車の最高出力との比較。

「クラストップ※1の低燃費」と「スポーティーな走り」の融合。ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」
HYBRID(FF)JC08モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)27.0 km/LHYBRID(4WD)J08モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)23.2km/L

ガソリン車も優れた燃費性能。

G(FF)JC08モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)20.6 km/L
■燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

日常走行からワインディングまで、しなやかで上質な走り。

強度の高いハイテン材を多用した軽量高剛性ボディと低重心化により、高い運動性能を獲得。さらに、適切な足まわりのセッティングによる、しなやかで上質な乗り心地も実現しています。

日常走行からワインディングまで、しなやかで上質な走り。

ドライな路面から、雨や雪のシーンまで安心な走り。ハイブリッド × リアルタイムAWD 〈インテリジェント・コントロール・システム〉

もっと詳しく見る

電子制御とすることで、より緻密に前後輪のトルク配分をコントロールする4WDシステム〈リアルタイムAWD〉。
ドライな路面から、雨や雪のシーンまで安心で快適な走りをもたらします。

ドライな路面から、雨や雪のシーンまで安心な走り。ハイブリッド × リアルタイムAWD 〈インテリジェント・コントロール・システム〉
スペック・大きさについて

■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「装備一覧」「主要諸元」をご覧ください。