VEZEL

お近くのお店を探す

デザイン

Photo:HYBRID Z・Honda SENSING(FF)インテリアカラーはパッションブラック メーカーオプション装着車

 ドライビングを楽しむためのデザイン。  

ドライバーを包み込むように、ディスプレイやスイッチ、センターコンソールを配置。
乗り込んだ瞬間から運転への期待が高まるコクピットをつくりました。
人の触れる部分に配した柔らかな質感のソフトパッドや、上質な色づかいなど、空間そのものの心地よさにもこだわっています。

流れるような操作感が気持ちいい、スマートタッチインテリア。

乗り込む前から、ドライブが終わるまで。指先を中心とした、流れるような操作性を追求しました。
使い慣れるほど、ドライバーをスマートに魅せるインテリアです。

  • 流れるような操作感が気持ちいい、スマートタッチインテリア。
  • 流れるような操作感が気持ちいい、スマートタッチインテリア。
  • 流れるような操作感が気持ちいい、スマートタッチインテリア。
  • 流れるような操作感が気持ちいい、スマートタッチインテリア。
  • 流れるような操作感が気持ちいい、スマートタッチインテリア。
  • 流れるような操作感が気持ちいい、スマートタッチインテリア。
  • 流れるような操作感が気持ちいい、スマートタッチインテリア。
  • 流れるような操作感が気持ちいい、スマートタッチインテリア。
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • Hondaスマートキーシステム
  • パワースイッチ
  • 運転席パワーシート(メモリー機能付)
  • フルオート・エアコンディショナー
  • Honda インターナビ
  • 電子制御パーキングブレーキ
  • ハイブリッド専用セレクトレバー
  • オートブレーキホールド機能
  • Hondaスマートキーシステム

    キーを携帯していれば、
    ドアハンドルを握るだけで解錠。

    ※Hondaスマートキーシステムは、施錠・解錠のときなどに電波を発信します。その際、植込み型心臓ペースメーカー等の医療用電子機器に影響を与える可能性があります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。

  • パワースイッチ

    室内に乗り込んだら、
    スイッチを押してシステム起動。

    ■ガソリン車は「プッシュエンジンスタート/ストップスイッチ」になります。

  • 運転席パワーシート(メモリー機能付) タイプ別メーカーオプション

    スイッチひとつでシートの調整位置を登録・呼び出しできるメモリー機能付。

  • フルオート・エアコンディショナー

    温度を設定すると、風量等を自動制御する
    フルオートエアコンはタッチパネル式。

    ■ハイブリッド車は左右独立温度コントロール式になります。

  • Honda インターナビ タイプ別メーカーオプション

    拡大/縮小/スクロールなど、
    スマートフォン感覚でナビ操作が可能。

    詳しくはこちら

  • 電子制御パーキングブレーキ

    スイッチを押すだけで
    パーキングブレーキ解除。

  • ハイブリッド専用セレクトレバー タイプ別設定

    軽快な操作が楽しめる、セレクトレバー。

  • オートブレーキホールド機能

    ブレーキペダルから足を離しても停車状態を保持。
    アクセルペダルを踏めば解除。

乗る人すべてが、ゆったりくつろげる空間。

ワイドなコンソールで仕切ることで、運転席と助手席それぞれを独立した空間に。またリアシートには、フォルムからは想像できないほどのゆとりを確保。 ドライバーだけではなく、同乗する家族やゲストもくつろげる空間をつくりあげました。ロングドライブを快適に楽しめるように、静粛性も徹底追求しています。

乗る人すべてが、ゆったりくつろげる空間。

Photo:HYBRID Z・Honda SENSING(FF) インテリアカラーはジャズブラウン メーカーオプション装着車

テスト車両による静粛性能の試験風景

上級セダンでも使われる防音材を採用。

不織布タイプのフロアアンダーカバー※1や、上級セダンでも使われる高遮音性のフロアカーペット※2など、高性能の防音材を採用し、優れた静粛性を実現しています。

※1 FF車のフロント部。
※2 ハイブリッド車および、ガソリン車のRSタイプ。

インテリアカラー

シートで、カラーで、表情を変える。ヴェゼルの室内空間。

シートは座り心地のよいファブリックシートをはじめ、本革とプライムスムースをあしらったファブリックとのコンビシート、上質な艶をもたらす本革シート、さらにRS専用のスエード調シートの4種をご用意。インテリアカラーは、シート素材に合わせてコーディネート。コンビシートにはパッションブラックとジャズブラウンの2種を。本革シートには、ブラックレザーとブラックレザー(ブラック×アイボリー)の2種を設定しています。

※HYBRID X・Honda SENSINGにコンビシートを装着した場合、ドアライニングにステッチは施されません。

ブラック〈ファブリック〉 適用タイプ HYBRID HYBRID X・Honda SENSING G X・Honda SEINSING パッションブラック〈コンビシート〉 適用タイプ HYBRID Z・Honda SENSING ◎HYBRID X・Honda SENSING ◎はメーカーオプション プライムスムース しっとりとした質感の素材。上質な室内を演出するとともに、汚れやシワに強い機能性の高さも魅力です。 ジャズブラウン〈コンビシート〉 適用タイプ HYBRID Z・Honda SENSING プライムスムース しっとりとした質感の素材。上質な室内を演出するとともに、汚れやシワに強い機能性の高さも魅力です。 ウルトラスエード(R) 適用タイプ HYBRID RS・Honda SENSING RS・Honda SENSING ウルトラスエード(R)なめらかで上質な肌触りが魅力のスエード調素材。 色褪せや型くずれもしにくいので、メンテナンス性にも優れています。 ブラックレザー〈本革シート〉適用タイプ ◎HYBRID Z・Honda SENSING ◎X・Honda SEINSING ◎はメーカーオプション ブラックレザー(ブラック×アイボリー)〈本革シート〉適用タイプ ◎HYBRID Z・Honda SENSING ◎はメーカーオプション
  • ブラック
    〈ファブリック〉
  • パッションブラック
    〈コンビシート〉
  • ジャズブラウン
    〈コンビシート〉
  • ウルトラスエード®
    〈コンビシート〉
  • ブラックレザー
    〈本革シート〉
    メーカーオプション
  • ブラックレザー
    (ブラック×アイボリー)
    〈本革シート〉 メーカーオプション

荷室&シートアレンジ

フォルムからは想像できないほどの、大きな荷室。

もっと詳しく見る

日常でも、レジャーでも、思いつくままに使えるように。
スマートなフォルムの中に、大きくて使いやすい荷室をつくりました。
荷室のサイドまで、仕立ての良さにこだわっています。

ゆとりの荷室容量393L ※ハイブリッド車(FF) ゆとりの荷室容量393L ※ハイブリッド車(FF) ゆとりの荷室容量393L ※ハイブリッド車(FF)
ゆとりの荷室容量 393L ※ハイブリッド車(FF)
118cm 最大開口部幅
80cm 荷室床面長(5名乗車時)
荷物を表示する
開口部地上高65cm

開口部が「大きくて低い」から、使いやすい。

9.5インチのゴルフバッグも積み込みやすい、ワイドな開口幅。開口部の地上高もクラストップレベルの低さを実現。重いものを、高く持ち上げなくてすむので積み込みも容易です。

※ 2016年2月現在。1.5L〜2.0LクラスのSUVとして。Honda調べ。

■数値はすべてHonda測定値。また荷室容量はVDA方式による。

■ハイブリッド車とガソリン車、FF車と4WD車でそれぞれ荷室容量・形状が異なります。

広いだけじゃない。マネのできない多彩なシートアレンジがある。

乗る人の数や、使うシーン、積みたい荷物にあわせて、自在に使えるシートアレンジ。
後席の座面をはね上げることで、高さのある空間を生み出す「チップアップ機構」など、Hondaならではのアレンジも自慢です。

ノーマル・モード 5人乗っても、それぞの旅行カバンを積めます。
ユーティリティ・モード 2人乗って、マウンテンバイクを2台載せられます。ユーティリティ・モード 2人乗って、マウンテンバイクを2台載せられます。
トール・モード 後席をはね上げれば、背の高い荷物も積めます。後席片側アレンジで、腰掛けながらブーツを履きかえることも。 トール・モード 後席をはね上げれば、背の高い荷物も積めます。後席片側アレンジで、腰掛けながらブーツを履きかえることも。
ロング・モード 助手席も倒すことで、サーフボードのような長尺物も積むことができます。 ロング・モード 助手席も倒すことで、サーフボードのような長尺物も積むことができます。
  • ノーマル・モード
  • ユーティリティ・モード
  • トール・モード
  • ロング・モード

■写真は機能説明のため、カットボディによる合成写真です。■写真の自転車は、26インチMTBを使用。前輪を外した状態。■ハイブリッド車とガソリン車、FF車と4WD車でそれぞれ荷室容量・形状が異なります。■自転車や小物類の形状、サイズ等によっては積めない場合があります。■数値はすべてHonda測定値。 ■小物類は撮影のために用意したものです。■安全のため走行の際は荷物をしっかり固定してください。

簡単操作でさらに大きな荷室に。ダイブダウン
簡単操作でさらに大きな荷室に。ダイブダウン
簡単操作でさらに大きな荷室に。ダイブダウン
簡単操作でさらに大きな荷室に。ダイブダウン

簡単操作でさらに大きな荷室に。ダイブダウン

操作はワンアクション。リアシート左右に備えつけられたレバーを引くだけでシートを収納できます。6:4分割可倒式なので片側のシートのみを収納することも可能です。

背の高い荷物が積みやすい。チップアップ機構

背の高い荷物が積みやすい。チップアップ機構

後席の座面をはね上げれば、背の高い荷物が積める荷室空間にアレンジ可能。片側のシートのみを上げることもできるので、室内でブーツを履き替えるときなどに便利です。

便利な収納

多彩な機能を備えたハイデッキセンターコンソール。

多彩な機能を備えたハイデッキセンターコンソール。

いろんなモノがスマートに収まり、さまざまな用途にフレキシブルに対応。これまでになかった使いやすさを実現したコンソールです。

  • マルチユーティリティドリンクホルダー マルチユーティリティドリンクホルダー
  • アームレスト付コンソールボックス アームレスト付コンソールボックス アームレスト付コンソールボックス
  • フロントコンソールポケット(LED照明付)
  • マルチユーティリティドリンクホルダー

    押し下げれば深底になる底面やワンタッチ式のフラップを備えているので、容器の太さや高さにあわせて調整することができます。

  • アームレスト付コンソールボックス

    小物類などを収納できるコンソールボックス。リッドとして、質感にこだわったアームレストを採用しています。

  • フロントコンソールポケット(LED照明付)

    ハイデッキセンターコンソールのフロント下部には、アクセサリーソケットを備えるコンソールポケットを。両サイド部にスマートフォンホルダーも備えてあります。

    Photo:メーカーオプション(Honda インターナビ)装着車

手の届くところに、必要な数だけ、使い勝手のよい収納を。

  • グローブボックスグローブボックス
  • ドアポケット(運転席/助手席)ドアポケット(運転席/助手席)
  • ボトルホルダー(全ドア)ボトルホルダー(全ドア)
  • シートバックポケット(運転席)シートバックポケット(運転席)タイプ別設定
  • シートバックポケット(助手席)シートバックポケット(助手席)
  • コートフック(リア右側)コートフック(リア右側)
  • タイダウンフック(4ヶ所)タイダウンフック(4ヵ所)

■メーター類は撮影のため点灯。
■画面はハメコミ合成。
■インテリアの写真は機能説明のための、カットボディによる合成写真です。
■数値はすべてHonda測定値。
■小物類は撮影のために用意したものです。
■安全のため走行の際は荷物をしっかり固定してください。
■Ultrasuede®、ウルトラスエード®は東レ株式会社の登録商標です。
■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「装備一覧」「主要諸元」をご覧ください。