検索
モータースポーツ > SUPER GT 2017 > 2017年レース情報 > 第8戦 in ツインリンクもてぎ
  • トップページトップページ
  • SUPER GTについてSUPER GTについて
  • チーム/選手紹介チーム/選手紹介
  • レースレース
  • 特集特集
  • 年度別アーカイブ年度別アーカイブ

SUPER GT 500 第8戦 in ツインリンクもてぎ
2017年11月12日(日)

#17 KEIHIN NSX-GT(塚越/小暮)が
4台抜きで4位入賞


  • 天候:
    晴れ

  • コースコンディション:
    ドライ

  • 気温:
    16℃(13時25分時点)

  • 路面温度:
    23℃(13時25分時点)

2017 オートバックス SUPER GT最終ラウンド「MOTEGI GT GRAND FINAL」の決勝レースが、栃木県芳賀郡茂木町にあるツインリンクもてぎで開催されました。

決勝日となった本日は快晴に恵まれ、風はやや冷たいものの日中は気温が20℃を上回る1日となりました。

250kmで競われる決勝レースは午後1時30分過ぎに戦いの火蓋が切って落とされ、5台のNSX-GTはいずれも無難にスタートを切り、#100 RAYBRIG(山本/伊沢)は8番手、#17 KEIHIN(塚越/小暮)は11番手、#8 ARTA(野尻/小林)は12番手、#16 MOTUL(武藤/中嶋)は13番手、#64 Epson(バゲット/松浦)は14番手でオープニングラップを終えました。

上位を走る#100 RAYBRIGと#17 KEIHINは早めにピットストップを行う戦略を選択。この恩恵もあって、2台はテール・トゥ・ノーズとなりながら次第にポジションを上げていきます。

ときに順位を入れ替えながら周回を重ねた2台は、最終的に#17 KEIHINが4位、#100 RAYBRIGが5位となり、2台揃ってスタートポジションを上回る順位でチェッカードフラッグを受けました。

これで今季のSUPER GTは幕を閉じ、Honda勢では合計45ポイントを獲得した山本選手と伊沢選手が7番手、今季1勝を挙げて37ポイントを獲得した野尻選手と小林選手は9番手、同じく37ポイントの怏z選手と小暮選手は優勝回数の違いから10番手、鈴鹿1000kmを制して32ポイントを手に入れたバゲット選手と松浦選手は11番手、7ポイントの武藤選手と中嶋選手は19番手でタイトル争いを終えました。

Driver / Project Leader Comments

小暮卓史選手

♯17 ケーヒン リアル レーシング

タイヤが温まるまではペースが上がりませんでしたが、その後はマシンの感触もよく、いくつか順位を上げられました。早めにピットストップを行うレース戦略で#100 RAYBRIGを攻略する前にドライバー交代を行い、その後の怏z選手の頑張りで4位に入ることができたので、いいレースだったと思います。昨日の予選でもバランスは良好でしたが、僕はマシンに合ったドライビングができず、予選8番手に終わったのは残念でした。今年は勝てるレースがいくつかあったのに結果的に1勝も挙げられず、悔しい気持ちでいっぱいです。

塚越広大選手

♯17 ケーヒン リアル レーシング

僕はレース後半を担当しましたが、速いピット作業のお陰で上位でコースに復帰できました。その後、#100 RAYBRIGを追い上げていたところ、彼らの加速が瞬間的に鈍ることがあり、その隙に追い抜いて4番手となりました。本来は前を走るライバルに追い付いて表彰台を狙いたかったのですが、そのまま4位でフィニッシュしました。今日のクルマは3位を狙える速さがあったので、そのポテンシャルを成績に結びつけられなかったのは残念です。

佐伯昌浩

株式会社本田技術研究所 Honda GT プロジェクトリーダー

#100 RAYBRIGに一度だけ起きたシフトトラブルを除けば、5台のNSX-GTはいずれもトラブルなくレースを走りきりました。レース中のペースはライバル勢と比較しても遜色がなく、5台ともグリッドポジションより上位でレースを終えたのは好材料ですが、目標としていた表彰台には届きませんでした。
来季はオフシーズンテストで開発パーツの熟成を重ねてから開幕戦を迎えられるように準備を進めています。今後も皆さんのご声援をよろしくお願いします。

Result

順位No.マシンドライバー周回数タイム/差
123MOTUL AUTECH GT-R松田次生/R.クインタレッリ531:31'44.581
237KeePer TOM'S LC500平川亮/N.キャシディ536.263
338ZENT CERUMO LC500立川祐路/石浦宏明5313.353
417KEIHIN NSX-GT塚越広大/小暮卓史5319.962
5100RAYBRIG NSX-GT山本尚貴/伊沢拓也5320.537
646S Road CRAFTSPORTS GT-R本山哲/千代勝正5320.857
98ARTA NSX-GT野尻智紀/小林崇志531'01.721
1064Epson Modulo NSX-GTベルトラン・バゲット/松浦孝亮531'28.669
1116MOTUL MUGEN NSX-GT武藤英紀/中嶋大祐521Lap
  • 栃木県警警察本部の警察車両とDTMマシンが先導するパレードラップ
  • スタートから4ポジションアップでフィニッシュしたKEIHIN NSX
  • 終盤の4位争いを展開するKEIHIN NSXとRAYBRIG NSX
  • 後続を抑えポジションをキープするRAYBRIG NSX
  • グリッドでスタートの時を待つARTA NSX
  • 素早いピット作業により10位入賞のEpson NSX
  • セカンドアンダーブリッジを通過するMUGEN NSX
  • ドライバー全員でグランドフィナーレを迎える

1/8枚

  • 前の写真
  • 前の写真