検索
モータースポーツ > SUPER GT 2017 > 2017年レース情報 > 第3戦 in オートポリス
  • トップページトップページ
  • SUPER GTについてSUPER GTについて
  • チーム/選手紹介チーム/選手紹介
  • レースレース
  • 特集特集
  • 年度別アーカイブ年度別アーカイブ

SUPER GT 500 第3戦 in オートポリス
2017年05月21日(日)

ピットスタートから追い上げた#17 KEIHIN NSX-GT(塚越/小暮)が2位表彰台を獲得
#100 RAYBRIG NSX-GT(山本/伊沢)も3位に入り、トップ3に2台のNSX-GTが食い込む


  • 天候:
    晴れ

  • コースコンディション:
    ドライ

  • 気温:
    22℃(14時00分時点)

  • 路面温度:
    31℃(14時00分時点)

2017 オートバックス SUPER GT第3戦「SUPER GT IN KYUSHU 300km」の決勝レースが5月21日(日)、大分県日田市のオートポリスで行われました。

昨日の予選でポールポジションを獲得した#100 RAYBRIG NSX-GT(山本/伊沢)は、レースがスタートすると見る間に後続を引き離し、順調に5周で6秒以上のマージンを築きました。ところが、アクシデントに伴い6周目からセーフティーカーが導入されたために、そのリードを失ってしまい、思うようなレース運びができませんでした。レース中盤のピットストップでついにライバルに先行を許してしまいましたが、その後も最後まで粘り強い走りを見せ、3位でフィニッシュしました。

一方、予選Q1でクラッシュを喫し、そのダメージを朝までかけて修復した#17 KEIHIN NSX-GT(塚越/小暮)は、ピットからのスタートを強いられ、序盤は大きく遅れをとりながらも、前述したセーフティカーランを利用して失地を回復。さらに後半を受け持った怏z選手が次々とオーバーテイクを披露。最後は燃料を使い切るまでプッシュし続けた結果、徹夜作業のメカニックにも報いる2位表彰台を手に入れました。

SUPER GT第4戦は7月22〜23日に宮城県のスポーツランドSUGOで開催されます。

Driver / Project Leader Comments

小暮卓史選手

♯17 ケーヒン リアル レーシング

昨日の予選ではQ1を担当しましたが、ポールポジションが狙える展開だったため、アタックで攻め過ぎてスピンを喫し、マシンに大きなダメージを与えてしまいました。その修復のために、結果的にピットスタートとなりましたが、今日はみんなに助けられて2位表彰台を手に入れることができました。怏z選手やチームのスタッフには心から感謝しています。次のSUGOはNSX-GTとの相性もいいと思いますし、自分も得意としているので、このいい流れを維持して次戦に挑みたいと思います。

塚越広大選手

♯17 ケーヒン リアル レーシング

レース前に自分たちが置かれていた状況を考えると、2位表彰台は上出来の結果でした。正直、ここまでできるとは思いませんでしたが、セーフティカーランになったことでチャンスが巡ってきました。これで次戦以降に向けていい流れを作れたと思います。ただ、レースはやはり勝たなければいけないので、そのためにはドライバーがもう少し余裕を持って走れるクルマに仕上げる必要があります。今後は、ウェイトを積んでも力強く戦えることを目標に、チームとともにさらに努力していきます。

山本尚貴選手

♯100 チーム・クニミツ

スタート直後は期待どおりの展開で「今日は勝てる!」と思いましたが、セーフティーカーが出てからはペースが伸び悩み、後続を引き離せなくなりました。後半を担当した伊沢選手は、コースインしたときに先行車やGT300クラスの車両がいたので思う通りに走ることができず、これがペースが伸び悩んだ原因になったようです。今日のレースでは2台のNSX-GTが表彰台に上れたのでよかったと思いますが、今後はチャンスが巡ってきたときには確実に勝てるよう、さらに入念な準備をしていきます。

伊沢拓也選手

♯100 チーム・クニミツ

今日のレースでは、せっかく山本選手がいいポジションでつないでくれたのに、自分がペースを上げられなかったため、トップの座を守りきれませんでした。コース上のゴミがタイヤに付着してグリップが落ちる“ピックアップ”の影響を受けたのは事実ですが、これに関係なく走れるドライバーもいるので、言い訳はできません。一方で、予選で速さが見せられたという意味では収穫のあるレースでした。次のレースまでにはテストもあるので、そこでよりいい方向性を見つけたいと思います。

佐伯昌浩

株式会社本田技術研究所 Honda GT プロジェクトリーダー

今日は荒れた展開の中、2台のNSX-GTが表彰台に上ったので、満足できるレースだったと思います。とりわけ2位に入った#17 KEIHIN NSX-GTは、ピットストップしたときにはまだ最下位だったので、後半を担当した怏z選手の奮闘が本当に素晴らしかったといえます。一方で、伊沢選手が苦しんだピックアップについては、様々な条件が複雑に絡み合っているため、根本的な原因を突き止めていかなければなりません。
次のSUGOは、昨年の展開を踏まえるとNSX-GTと相性がよさそうなので、いいレースをお見せできるよう引き続き全力で挑んでいきます。

Result

順位No.マシンドライバー周回数タイム/差
136au TOM'S LC500中嶋一貴/J.ロシター651:59'56.800
217KEIHIN NSX-GT塚越広大/小暮卓史6526.592
3100RAYBRIG NSX-GT山本尚貴/伊沢拓也6526.756
446S Road CRAFTSPORTS GT-R本山哲/千代勝正6527.138
523MOTUL AUTECH GT-R松田次生/R.クインタレッリ6527.779
637KeePer TOM'S LC500平川亮/N.キャシディ6528.399
1116MOTUL MUGEN NSX-GT武藤英紀/中嶋大祐641Lap
1264Epson Modulo NSX-GTベルトラン・バゲット/松浦孝亮641Lap
-8ARTA NSX-GT野尻智紀/小林崇志362Laps
  • ウォームアップに向かうNSX-GT勢
  • 徹夜の作業で決勝に間に合ったKEIHIN NSX
  • マシンに乗り込む山本選手
  • 4番グリッドから出撃したMUGEN NSX
  • RAYBRIG NSXを先頭にレースが始まった
  • 追撃を始めたARTA NSXとKEIHIN NSX
  • ポールポジションからレースをリードしたRAYBRIG NSX
  • 巧みに後続を抑えるRAYBRIG NSX
  • 接触でリヤフェンダーを痛めながら攻め続けるKEIHIN NSX
  • ライバルと競り合うEPSON NSX
  • ピットスタートから2位に躍進した塚越・小暮両選手
  • 粘り強い走りで3位表彰台を獲得した山本・伊沢両選手

1/12枚

  • 前の写真
  • 前の写真