検索

デザイン

Photo:PCX

先進感とプレミアム感を演出したスタイリング。

流麗で伸びやかなフォルムを基調とし、特徴的なボディーカバーの有機的な曲面とカラーリングが生む光と影のコントラストにより、先進感とプレミアム感を演出。また、ボディーカバーとロアカバーのつながりを意識した造形とすることで、ボディー全体として一体感を持たせ、塊感ある力強いデザインとしています。

Photo:PCX150

重厚でシャープな印象のLEDヘッドライト。

ヘッドライトとポジションランプの間に配した車体色のカバーにより、大型のコンビネーションライトの重厚感の中にシャープな印象を追求。また斜めに切りあがったロービームと、ハイビームの組み合わせにより、それぞれの点灯時に、全く異なった表情を演出しています。さらに、ロービーム点灯部を囲むように配置されたポジションランプと、LEDならではの細長いウインカーにより、精悍な印象を表現しています。

Photo:PCX

PCXらしい存在感を放つテールランプ。

左右に伸びる上下二段に配したテール&ストップランプは、上段と下段の幅を変えることにより、リアボディーをスリムに保ちつつ大型化。さらに独特な発光形状により、重厚感の中にシャープな印象を加え、後方からもPCXならではの独自の存在感を放ちます。

Photo:PCX

プレミアム&シックな印象のハンドル回り。

ハンドル回りは、クロムメッキ塗装のハンドルカバーの上にブラック塗装のハンドルアッパーカバーを配置。それぞれの色合いのコントラストにより、プレミアムな中にもシックな印象を持たせました。また、クロムメッキのテーパー形状ハンドルウエイトにより、上質な印象を演出しています。

Photo:PCX

細部にまでこだわった上質感。

マフラーはシルバーとブラックのツートーン。さらにモーターサイクルイメージのテールキャップを装備。ハンドルのグリップエンドには、シルバーを採用するなど、細部にまで質感にこだわっています。

Photo:PCX

Photo:PCX
Photo:PCX
Photo:PCX
Photo:PCX
Photo:PCX ※メーターまわりの写真は機能説明のため任意に点灯したものです。
Photo:PCX
Photo:PCX
Photo:PCX
Photo:PCX