燃費

革新の燃費性能。

SPORT HYBRID i-MMDハイブリッドシステム

HYBRID・Honda SENSING(8人乗り)

燃料消費率
(国土交通省審査値)※1

JC08モード

26.0

km/L

燃料消費率
(国土交通省審査値)※1

WLTCモード

20.8

km/L

市街地モード


20.3km/L※2

郊外モード


22.2km/L

高速道路モード


20.5km/L

* WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード。市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定。郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定。高速道路モード:高速道路等での走行を想定。

ハイブリッドシステム

革新の燃費性能。未体験の走り。タイプ別設定

エンジンは主に発電に徹し、幅広い領域をモーターで走る。このシステムがもたらすのは、革新の燃費性能と今までにない走行体験です。

革新の燃費性能。未体験の走り。

驚きの走行体験を。
モーターを主役にしたシステム。

モーターは回りはじめた瞬間から最大トルクを生む特性を備えます。オデッセイ ハイブリッドの走行用モーターは、実にV6 3.0Lエンジン※3の最大トルクに匹敵するトルクを発生し、幅広い速度域で力強く滑らかな加速を追求。さらに静粛性にも優れ、上級ミニバンにふさわしい快適性も備えています。

走行用モーターのトルク特性

最高出力/最大トルク

ガソリンを徹底的に
使わないために。

モーターのみで走るEVドライブモードを発進のみでなく街中走行など様々な場面で実行し、優れた燃費性能を実現。力強い加速時や高速クルーズ時などはエンジンも活用。よりスポーティーな走りをもたらすSレンジも備えています。

[EVドライブモード] バッテリーからの電気でモーターのみで走行する

[ハイブリッドドライブモード] エンジンで発電した電気でモーター駆動する

[エンジンドライブモード] エンジン直結クラッチをつなぎ、エンジンで走行する

静かに走りたい時に。EVスイッチ。

ONにするとバッテリーからの電力を使い、モーターだけで走行※4。住宅街の走行でエンジン音を控えたい時などに便利です。

静かに走りたい時に。EVスイッチ。

効率を突き詰めて実現する、
革新のハイブリッドシステム。

SPORT HYBRID i-MMD

2モーター〔走行用 / 発電用〕

2モーター〔走行用 / 発電用〕

システムの要。高出力・高トルクを発揮する走行用モーターと、高効率な発電を行う発電用モーター。

2.0L アトキンソンサイクル DOHC i-VTEC エンジン

2.0L アトキンソンサイクル DOHC i-VTEC エンジン

発電用モーターの動力源、高速クルーズ時の動力源という二役を担い、低燃費とハイパワーを両立。

電動サーボブレーキシステム

電動サーボブレーキシステム

減速エネルギーを電気として高効率に回収してバッテリーに蓄えるとともに、自然なブレーキフィールを実現。

PCU〔パワーコントロールユニット〕

PCU〔パワーコントロールユニット〕

電流や電圧を自在にコントロールする知能デバイス。バッテリーが発生する電圧を最大700Vまで昇圧させるコンバーターなどをコンパクトに内蔵。

エンジン直結クラッチ

エンジン直結クラッチ

高速クルーズ時はクラッチをつなぎ、エンジン動力を直接タイヤに伝えることでパワーロスの少ない高効率な走行を生む。

IPU〔インテリジェントパワーユニット〕

IPU〔インテリジェントパワーユニット〕

リチウムイオンバッテリーやDC-DCコンバーターなどの機能を集約。

リチウムイオンバッテリー

リチウムイオンバッテリー

減速エネルギーを回生した電気と、エンジンの力で発電した電気を蓄え、走行用モーターに供給。軽量・小型ながら高出力を発揮。

ガソリンエンジン

ガソリン車も、低燃費。

2.4L 直噴 DOHC i-VTECエンジン

JC08モード

走行燃料消費率
(国土交通省審査値)

※1

14.0

※2

km/L

ABSOLUTE・Honda SENSING(FF/8人乗り)
 

2.4L DOHC i-VTECエンジン

JC08モード

走行燃料消費率
(国土交通省審査値)

※1

13.6

 

km/L

G・AERO Honda SENSING(FF/8人乗り)
 

レギュラーガソリンで爽快な走りを実現。
ABSOLUTE専用 直噴 DOHC i-VTECエンジン。

燃料をシリンダー内に直接噴射することでより効率的にパワーを取り出す直噴エンジン。ハイパワーを発揮しながらレギュラーガソリン対応とし、経済性も追求しています。

2.4L 直噴 DOHC
i-VTECエンジン

最高出力 140kW/6,400rpm(FF)

最大トルク 237N・m/4,000rpm(FF)

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

[ABSOLUTE・Honda SENSING、ABSOLUTE・EX Honda SENSING]

2.4L 直噴 DOHC i-VTECエンジン

全域トルクフル、高速域まで伸びやかな
DOHC i-VTECエンジン。

低速域から力強いトルクを発生し、オデッセイを高速域まで伸びやかに加速するDOHC i-VTECエンジン。スムーズさと静粛性も大きな魅力です。

2.4L DOHC
i-VTECエンジン

最高出力 129kW/6,200rpm(FF/4WD)

最大トルク 225N・m/4,000rpm(FF/4WD)

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

[G・AERO Honda SENSING]

2.4L DOHC i-VTECエンジン

スムーズかつ低燃費なCVT ガソリン車

ガソリン車全タイプにCVTを採用。スムーズな加速と低燃費を両立し、アクセルペダルを踏み込んだ瞬間から力強い加速が続く、スポーティーな制御も施しています。

スムーズかつ低燃費なCVTガソリン車

環境性能

停車時に
燃料を無駄に使わない。
アイドリングストップ
システム。

停車時にエンジンを自動停止※5するシステム。走行中にエアコンの冷気を蓄える「蓄冷エバポレーター※6」により、アイドリングストップ中も冷風を持続させ、快適性を向上させます。

停車時に燃料を無駄に使わない。アイドリングストップシステム。

エコ運転を
クルマがサポートする
エコアシスト。

燃費の状態にあわせてメーター色が変化する「コーチング機能」。走りを低燃費モードへ自動制御する「ECONモード」。ハイブリッド車はエコ運転度を表示する「ティーチング機能」も備えています。

エコ運転をクルマがサポートするエコアシスト。

ハイブリッド車は、
「平成32年度燃費基準+50%」に対応。

「平成32年度燃費基準+50%達成車」

「平成32年度燃費基準+50%達成車」

ハイブリッド車

「平成27年度燃費基準+20%達成車」

「平成27年度燃費基準+20%達成車」

ABSOLUTE・Honda SENSING(FF/7人乗り)

ABSOLUTE・Honda SENSING(FF/8人乗り)
〈センターコンソールボックス装着車〉

ABSOLUTE・EX Honda SENSING(FF)

「平成27年度燃費基準+10%達成車」

「平成27年度燃費基準+10%達成車」

G・AERO Honda SENSING

ABSOLUTE・Honda SENSING(FF/8人乗り)
〈センターコンソールボックス非装着車〉

ABSOLUTE・Honda SENSING(4WD)

ABSOLUTE・EX Honda SENSING(4WD)

ハイブリッド車は、
平成30年排出ガス基準75%低減レベルをクリア。

「平成30年排出ガス基準75%低減レベル」認定車

「平成30年排出ガス基準75%低減
レベル」
認定車

ハイブリッド車

「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」認定車

「平成17年排出ガス基準75%低減
レベル」
認定車

ガソリン車

※1 燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

※2 装着するメーカーオプションによって燃料消費率は異なる場合があります。

※3 Hondaのこれまでの、V6 3.0L車の最大トルクとの比較。Honda調べ。

※4 バッテリー残量やエアコンの作動状況などによってEV走行ができない場合もございます。詳しくは販売会社にお問い合わせください。

※5 条件によってはエンジンを停止させない場合があります。

※6 タイプ別設定

■掲載のイラストには、機能説明のための作動イメージが含まれます。

■メーター類は撮影のため点灯。

■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「主要装備表」「主要諸元表」をご覧ください。