検索

走行性能

エンジン

感性に訴える走りの魅力を追求。

エンジンは、軽量・コンパクトなPGM-FI採用745cm3水冷直列2気筒。低回転域でのゆとりあるトルク感はそのままに、中・高速での心地良いパワーフィールを追求。さらに、低振動化に対応する2軸バランサーにより扱いやすさと快適性に貢献している。ピストンストロークはロングストロークタイプとし、低・中速回転域で高効率な燃焼を行い、常用回転域での走る楽しさと省燃費を両立。また、排出ガスの浄化効率を高める2段構造のキャタライザーを導入し、PGM-FIとあいまって環境性能にも貢献している。また、内部構造を2室化し短縮することで、マスの集中を図り、さらに排気音のパルス感にもこだわった異型断面マフラーを採用している。

Photo : NC750X Dual Clutch Transmission〈ABS〉 E Package

Dual Clutch Transmission

ライダーの好みのシフトタイミングに近づけるSモード。

走行モードには、状況に応じて適切なシフトアップ/ダウンを自動的に行う「ATモード」、シフトスイッチにより任意に変速できる「MTモード」を設定。さらにATモードには、一般走行に適した「Dモード」とスポーティーな走行に適した「Sモード」を採用。「Dモード」はライダーの操作から市街地やワインディングなどさまざまな走行環境を判断し、適切に変速を制御している。「Sモード」は、より好みにあった走行を可能とするため、3段階のシフトタイミングを選択し記憶できるよう設定。よりスポーティーに高回転域を多用するレベル3から、中回転域をメインとしてトルクフルに走行できるレベル1までライダーの好みに近いシフトタイミングを選択可能としている。また、スロットル開閉時の車体挙動変化の低減や、ATモード時の登降坂判別によるシフトタイミングの熟成、エンジン始動後のインギア待ち時間の短縮、シフトダウン可能車速域の拡大など、よりDCTの魅力を追求している。

*NC750X Dual Clutch Transmission〈ABS〉 E Packageに装備

■右側ハンドルスイッチ操作イメージ図

Honda セレクタブル トルク コントロール

ライダーが後輪への駆動力のレベルを選択できる
Honda セレクタブル
トルク コントロール。

後輪への駆動力のレベルを必要に応じて任意に選択できるHonda セレクタブル トルク コントロールを装備。左手元のハンドル上部に配置されたレベル切替スイッチで、ライダーによる後輪駆動力のレベル選択(2レベル+オフ)が可能。レベル設定オンの状態では走行中、前・後輪の回転差を感知し、そこから算出したスリップ率がライダーの選択した所定のレベル以上となった場合、ECUが後輪のタイヤがスリップしたと判断し、燃料噴射を最適にコントロール。エンジントルクの最適化により後輪駆動力を抑制する。システム作動時はメーターパネルのインジケーターの点滅で、システムが作動していることを知らせる。

* NC750X 〈ABS〉 E Package、NC750X Dual Clutch Transmission〈ABS〉 E Packageに装備
※Honda セレクタブル トルク コントロールはスリップをなくすためのシステムではありません。Honda セレクタブル トルク コントロールはあくまでもライダーのアクセル操作を補助するシステムです。したがって、Honda セレクタブル トルク コントロールを装備していない車両と同様に、無理な運転までは対応できません。

■Honda セレクタブル トルク コントロール システム概念図

  • ※一部の写真は海外仕様車(NC750X Dual Clutch Transmission〈ABS〉)です。
    ※走行写真は海外で撮影したものです。※一部の写真はアクセサリー装着車です。
    ※走行写真は、プロライダーによる走行を撮影したものです。一般公道で走行する場合は制限速度を守り、無理な運転をしないようにしましょう。