荷室・収納

後席を動かせば、
後席にムリなく座れて、
奥行クラストップレベル※1
の荷室に。

後席を一番前に動かせば、奥行クラストップレベル※1の荷室に。しかもその時でも、後席の足元の空間がなくならず、ムリなく座れるゆとり。みんな快適に乗りながら、まとめ買いの荷物ものせられます。

スライドリアシート

スライドリアシート

イメージ図

スライドリアシート

スライドリアシート

イメージ図

外からでも
荷室を広げられる。

後席は背面にあるストラップでもスライド可能。後席を前に出す操作を、荷室側からでも行えます。

「かくし技」で、後席を一番後ろにしていても、
ベビーカーが立てて積める。

クルマの後ろに燃料タンクがないからこそできた、底の深い大きな床下収納。床板をはね上げれば、後席を一番後ろに下げた状態で、A型ベビーカーでも縦に、しかも後ろの見通しをさまたげずに積めます。

荷室アンダーボックス
  • 高さ82㎝

    ■ベビーカーの形状によっては積めない場合があります。

  • 高さ81㎝

    ■スーツケースの形状によっては積めない場合があります。

  • 高さ66㎝

    ■折りたたみ自転車の形状によっては積めない場合があります。

荷室アンダーボックス

高さ82㎝

■ベビーカーの形状によっては積めない場合があります。

荷室アンダーボックス

高さ82㎝

■スーツケースの形状によっては積めない場合があります。

荷室アンダーボックス

高さ66㎝

■折りたたみ自転車の形状によっては積めない場合があります。

床下に
すっきり隠せる収納。

床下収納として大容量のスペース。普段から積んでおきたい小物は床下にしまっておけば、荷室はいつもすっきり。全面を広く使うことができます。

奥行 39cm 深さ 29cm

床下にすっきり隠せる収納

床下にすっきり隠せる収納

奥行 39cm 深さ 29cm

さっとワンタッチで、より広い荷室に。

後席の肩にあるストラップを引きながら、背もたれを前に倒すだけで、すぐに広大な荷室に。もちろん外からでも操作できます。

ワンタッチでたためるリアシートバック

ワンタッチでたためるリアシートバック

ワンタッチでたためるリアシートバック

ワンタッチでたためるリアシートバック

大きなものや
長いものも積める。

後席背もたれを倒せば、ちょっと大きめの荷物や長いものを積みたい時に便利です。

ソファのサイズ

  • 80cm
  • 高さ77cm
  • 奥行70cm

※高さは脚部を入れた数値となります。

ソファ(アームチェア)

写真は脚部を取り外した状態です。

■ソファの形状によっては積めない場合があります。

大きなものや長いものも積める。

大きなものや長いものも積める。

ソファのサイズ

  • 80cm
  • 高さ77cm
  • 奥行70cm

※高さは脚部を入れた数値となります。

写真は脚部を取り外した状態です。

■ソファの形状によっては積めない場合があります。

大きなものや長いものも積める。。

使いやすさ

長い傘も、置き靴も
シートの下にすっきりと。

後席の下に燃料タンクがない「センタータンクレイアウト」だからこそできた収納スペース。これまで置き場所に困っていた傘なども、ここにすっきりとしまえます。

リアシートアンダートレー

リアシートアンダートレー

リアシートアンダートレー

リアシートアンダートレー

いろいろ置ける、
使い方さまざま、
引き出し式のトレー。

引き出して大きめトレーとして、しまったままでも小物置きとして、運転席からも助手席からも自在に使えるドリンクホルダー付のトレー。

スライドセンタートレー(ドリンクホルダー付)

スライドセンタートレー(ドリンクホルダー付)

ポケットモード

ポケットなどに入っている小物などをちょっと置いておく小物置きとして。

ポケットモード

トレーモード

お菓子を置いたり、化粧ポーチを置いたり。ちょっとしたテーブル代わりに使えるトレー。

トレーモード

ドリンクホルダー&トレーモード

ガムのボトルやハンドクリームなど立てて置きたいものを置くのにも便利なドリンクホルダー。

ドリンクホルダー&トレーモード

位置や仕組み、
みんなが使いやすい工夫を凝らした収納。

乗る人それぞれが、手の届きやすいところに、ちょっとした小物を置いておける。
そんな便利な収納スペースを豊富に用意しました。

チケットホルダー
(運転席側サンバイザー)

駐車券や通行券などをはさんでおけて便利。
内側にはバニティーミラーも。

チケットホルダー(運転席側サンバイザー)

ドリンクホルダー
(運転席/助手席)

エアコン吹き出し口の前にあるから、
冷たい飲み物を置く時にうれしい。

ドリンクホルダー(運転席/助手席)

ドライバーズロアポケット

サングラスや折たたみ傘など、
さっと取り出したい小物の収納に。

ドライバーズロアポケット

センターポケット

運転席からも助手席からも手が届く位置。
携帯電話やガムなどをちょっと置くのに便利。

センターポケット

スライドセンタートレー

普段は小物が入るポケットとして、トレーやドリンクホルダーを引き出せばちょっとしたテーブル代わりに。

スライドセンタートレー

コンビニフック(助手席フロント)

お買い物袋などをさっと掛けられる、
折りたたみ式のフック。

コンビニフック(助手席フロント)

センターロアボックス

手帳やカメラケース、CDなどをすっきり収納。

センターロアボックス

グローブボックス

車検証はもちろん、薄型ボックスティッシュが3個も入る大容量。

グローブボックス

インパネトレー(助手席側)

助手席に乗った人がちょっとした小物を置くのにも便利。

インパネトレー(助手席側)

ボトルホルダー付ドアポケット
(運転席/助手席)

地図や雑誌がすっぽり入るサイズ。

ボトルホルダー付ドアポケット(運転席/助手席)

ボトルホルダー(リア左右席)

後席に乗った人が飲み物や小物を置くのに便利。

ボトルホルダー(リア左右席)

シートバックアッパーポケット
(運転席/助手席)タイプ別設定

後席の人の手が届きやすい場所に、
中身の見えるメッシュ製のポケット。

シートバックアッパーポケット(運転席/助手席)

シートバックポケット(助手席)

地図や雑誌、お子様の絵本などの収納場所として。

シートバックポケット(助手席)

リアシートアンダートレー

後席のシート下に、傘や靴などがすっきりしまえるスペース。

リアシートアンダートレー

荷室アンダーボックス

普段から積んでおきたい小物は、
深底で大容量の床下収納に。

荷室アンダーボックス

室内写真

  • チケットホルダー(運転席側サンバイザーチケットホルダー)
  • ドリンクホルダー(運転席/助手席)
  • ドライバーズロアポケット
  • センターポケット
  • スライドセンタートレー
  • コンビニフック(助手席フロント)
  • センターロアボックス
  • グローブボックス
  • インパネトレー(助手席側)
  • ボトルホルダー付ドアポケット(運転席/助手席)
  • ボトルホルダー(リア左右席)
  • シートバックアッパーポケット(運転席/助手席)
  • シートバックポケット(助手席)
  • リアシートアンダートレー
  • 荷室アンダーボックス

※1 2017年10月現在。全高1,700mm以下の軽ハイトワゴンクラス。Honda調べ。

■インテリア写真は、ディーラーオプション(オーディオホールリッド)装着車です。

■室内写真はカットボディーによる合成写真。

■数値はすべてHonda測定値。

■シートアレンジの各操作は、異物をはさんでいないか確認の上、無理に力をかけず確実に行ってください。

■小物類は撮影のために用意したものです。

■安全のため走行の際は荷物をしっかり固定してください。

■各装備・仕様の詳しい設定につきましては、「主要装備表」「主要諸元表」をご覧ください。