インテリアデザイン

後席ゆったり、荷室もしっかり。 くつろぎと使い勝手にあふれる広さ。

広びろとした視界が、運転にゆとりを広げます。

ゆったりとした乗り心地の大きめシートは、タッチも柔らかく、質感高く。

艶やかな加飾パネルやメッキパーツが高級感を醸す「クオリティインテリア」。

バーガンディと黒を基調にした、カスタムのシックなインテリア。

精緻で立体的。先鋭的なカスタムの3眼メーター。

上質感ある仕立てが、乗るたびに心を満たす。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7

インテリアカラー

N-WGN Custom

  • N-WGN C/G/G・Lパッケージ/G・ターボパッケージ
  • N-WGN G 特別仕様車SSコンフォートパッケージ/ N-WGN G 特別仕様車SSコンフォートLパッケージ
  • N-WGN G・スタイリッシュパッケージ
  • N-WGN Custom G
  • N-WGN CustomG・Lパッケージ/特別仕様車SSクールパッケージ/G・ターボパッケージ/特別仕様車ターボ SSクールパッケージ

どの席もゆったり快適、しっかり積めて、使いやすい。

自由に使える広い空間

後ろの人もゆったり足が組めて、荷物まで入る、驚きの広さ。

[ 広い室内空間 ]

いままでの軽ハイトワゴンにはなかった広さ。
「軽」サイズの中で、大人4人がくつろげる空間と
普段の買物などにきちんと「使える」荷室を、Hondaの特許技術
「センタータンクレイアウト」などにより両立しました。

特許技術「センタータンクレイアウト」 広びろとした足元空間

ゆったりとくつろげる後ろ席空間

特許技術「センタータンクレイアウト」などで実現した、ひときわ広い足元。多段リクライニング機構や、幅の広いドアアームレストが、くつろぎをさらに深めます。

37cm (後席を一番後ろにスライドした際の荷室奥行)

後席を一番下げても「使える」荷室。

後席はスライドできる機構付。でも、普段の買物を積むのに、後席を前に動かさなくても、一番後ろにしたままで十分に「使える」荷室の広さを実現。

驚きの広さのヒミツは

エンジンルームを徹底的にコンパクトにし、前後方向に広い室内を実現。さらに、通常は後席の下にある燃料タンクを前席の下に置く「センタータンクレイアウト」で、後席から後ろの段差を劇的に低く。それにより、後席をより後ろに据えられ、後席の足元を広くできたほか、高さにもゆとりある空間としました。

驚きの広さのヒミツは

閉じる

後席を動かせば、後席にムリなく座れて、奥行クラストップレベル※の荷室に。

[ スライドリアシート ]

スライドリアシート

後席を一番前に動かせば、奥行クラストップレベルの荷室に。
しかもその時でも、後席の足元の空間がなくならず、ムリなく
座れるゆとり。みんな快適に乗りながら、まとめ買いの荷物も
のせられます。

※2015年7月現在。全高1,700mm以下の軽ハイトワゴンクラス。Honda調べ。

後席を一番前にしても、このゆとり

※2013年10月撮影

外からでも荷室を広げられる。

後席は背面にあるストラップでもスライド可能。後席を前に出す操作を、荷室側からでも行えます。

「かくし技」で、後席を一番後ろにしていても、ベビーカーが立てて積める。

[ 荷室アンダーボックス ]

荷室アンダーボックス

荷室アンダーボックス

荷室アンダーボックス

戻る
  • 1
  • 2
  • 3
次へ

クルマの後ろに燃料タンクがないからこそできた、底の深い大きな床下収納。床板をはね上げれば、後席を一番後ろに下げた状態で、A型ベビーカーでも縦に、しかも後ろの見通しをさまたげずに積めます。

戻る
  • 1
  • 2
次へ
床下にすっきり隠せる収納。 

床下収納として大容量のスペース。普段から積んでおきたい小物は床下にしまっておけば、荷室はいつもすっきり。全面を広く使うことができます。

奥行 39cm 深さ 29cm

さっとワンタッチで、より広い荷室に。

[ ワンタッチでたためるリアシートバック ]

ワンタッチでたためるリアシートバック

後席の肩にあるストラップを引きながら、背もたれを前に倒すだけで、すぐに広大な荷室に。もちろん外からでも操作できます。

ストラップ

ワンタッチでたためるリアシートバック

ワンタッチでたためるリアシートバック

ワンタッチでたためるリアシートバック

ワンタッチでたためるリアシートバック

ワンタッチでたためるリアシートバック

ワンタッチでたためるリアシートバック

ワンタッチでたためるリアシートバック

戻る
  • 1
  • 2
次へ
大きなものや長いものも積める。

後席背もたれを倒せば、ちょっと大きめの荷物や長いものを
積みたい時に便利です。

ソファのサイズ 幅80cm 高さ77cm 奥行70cm ※高さは脚部を入れた数値となります。

ソファ(アームチェア)

写真のソファ(アームチェア)は、TULLSTA お問い合わせ:イケア (写真は脚部を取り外した状態です。) ■ソファの形状によっては積めない場合があります。

快適空間

紫外線(UV)約99%カット※1。ジリジリした暑さを生む赤外線(IR)も抑えるガラスを、前にも、横にも。

紫外線(UV)約99%カット※1。ジリジリした暑さを生む赤外線(IR)も抑えるガラスを、前にも、横にも。

[ IRカット〈遮熱〉/UVカット機能付フロントウインドウガラス、
IRカット〈遮熱〉/スーパーUVカットフロントドアガラス ]

タイプ別設定

お肌の大敵、紫外線(UV)をほぼカット。さらに、腕や顔にジリ
ジリした不快な暑さを生む赤外線(IR)を軽減し、冷房効果も高
めるガラスを、前席の窓3面※2に採用しました。

※1:Honda調べ。ISO9050基準。 ※2:フロントドアコーナーガラスは除く

日焼けの原因、紫外線(UV)をほぼカット。

肌に感じる暑さの原因、赤外線(IR)も軽減。

前席の窓3面※2で、UV約99%カット※1+IRカット。日差しの強い時も、快適にドライブできます。

プラズマクラスター技術搭載 フルオート・エアコンディショナー

運転中、お肌にハリ・ツヤを与え、キメを整える。※1

※1

[ プラズマクラスター技術搭載
 フルオート・エアコンディショナー ]

タイプ別設定

空気の浄化や脱臭だけでなく、お肌にもうれしい効果のあるプラズマクラスター技術を搭載したフルオート・エアコンディショナー。

*【イオン発生量について】
当技術マークの数字は、プラズマクラスター作動時の各席(着座時の顔面高さ)で測定した空中に吹き出される1cm3あたりのイオン個数の平均値の目安です。

アレルクリーンシート

アレルゲン物質の活性を抑えるシート。

[ アレルクリーンシート ]

シート表皮にダニやスギ花粉などのアレルゲン物質が付着した際、その活動をほぼ完全に抑制します。

※ダニアレルゲン98%、スギ花粉アレルゲン97%を不活性化。Honda社内実車テスト値。

アレルフリー高性能脱臭フィルター

空気中のアレルゲンを分解除去。

[ アレルフリー高性能脱臭フィルター ]

外気を取り込む際にスギ花粉だけでなく、アレルギー性疾患を引き起こすアレルゲンのほとんどをシャットアウト。

室内のアレルゲンを5分以内※に半減、15分※でほぼ捕獲して、フィルター内部で処理。車内の空気をクリーンに保ちます。
※Honda社内実車テスト値。

使いやすさ

リアシートアンダートレイ

リアシートアンダートレイ

リアシートアンダートレイ

戻る
  • 1
  • 2
  • 3
次へ

長い傘も、置き靴もシートの下にすっきりと。

[ リアシートアンダートレイ ]

後席の下に燃料タンクがない「センタータンクレイアウト」だからこそできた収納スペース。これまで置き場所に困っていた傘なども、ここにすっきりとしまえます。

スライドセンタートレイ(ドリンクホルダー付)

スライドセンタートレイ(ドリンクホルダー付)

[ スライドセンタートレイ(ドリンクホルダー付) ]

引き出して大きめトレイとして、しまったままでも小物置きとして、運転席からも助手席からも自在に使えるドリンクホルダー付のトレイ。

ポケットモード

ポケットモード

ポケットモード

戻る
  • 1
  • 2
次へ

ポケットに入っている小物などをちょっと置いておく小物置きとして。

トレイモード

トレイモード

トレイモード

戻る
  • 1
  • 2
次へ

お菓子を置いたり、化粧ポーチを置いたり。ちょっとしたテーブル代わりに使えるトレイ。

ドリンクホルダー&トレイモード

ドリンクホルダー&トレイモード

ドリンクホルダー&トレイモード

戻る
  • 1
  • 2
次へ

ガムのボトルやハンドクリームなど立てて置きたいものを置くのにも便利なドリンクホルダー。

位置や仕組み、みんなが使いやすい工夫を凝らした収納。

クリックで拡大イメージがご覧いただけます

数字アイコン表示・非表示数字アイコン表示・非表示

[ 便利な収納 ]

乗る人それぞれが、手の届きやすいところに、
ちょっとした小物を置いておける。
そんな便利な収納スペースを豊富に用意しました。

N-WGN

駐車券や通行券などをちょっとはさんでおける便利なチケットホルダー(運転席側サンバイザー)

冷たい飲み物にうれしい、エアコン吹き出し口前に設置したドリンクホルダー(運転席/助手席)

いつでもさっと取り出せる位置にサングラスや折りたたみ傘などを収納、ドライバーズロアポケット

携帯電話やガムなどをちょっと置ける。運転席からも助手席からも手が届くセンターポケット

普段は小物が入るポケット。引き出せばトレイになる、ドリンクホルダー付のスライドセンタートレイ

お買物袋などをかけておくのに便利なコンビニフック

手帳やカメラケース、CD/DVDなどが収納できるフタ付のセンターボックス

助手席に乗った人がちょっと小物を置くのにも便利なインパネトレイ(助手席側)

車検証はもちろん、薄型ボックスティッシュが3個も入る大容量9.5Lのグローブボックス

地図や雑誌がすっぽり入るサイズのボトルホルダー付ドアポケット(運転席/助手席)

後席に乗った人が使いやすい、ヒジかけに設置したボトルホルダー(リヤ左右席)

後席の人に使いやすい。中身が見えるメッシュのシートバックアッパーポケット(運転席/助手席)

地図やお子様の絵本などを入れておけるシートバックポケット(助手席)

傘など長いものや靴などがすっきりしまえるリアシートアンダートレイ

床板を上げれば荷室の高さが+約29cm。約60Lの荷室アンダーボックス

冷たい飲み物にうれしい、エアコン吹き出し口前に設置したドリンクホルダー(運転席/助手席)

地図や雑誌がすっぽり入るサイズのボトルホルダー付ドアポケット(運転席/助手席)

後席の人に使いやすい。中身が見えるメッシュのシートバックアッパーポケット(運転席/助手席)