検索

走行性能

Photo : モンキー125

エンジン

タフでトルクフルな125cc空冷単気筒エンジン。

エンジンは、空冷4ストロークOHC。単気筒ならではの広域にわたるトルクフルな出力特性で、軽量なボディーをストレスなく加速させます。インジェクションシステムには、理想的な燃焼を追求するためにPGM-FIを採用。4速マニュアルトランスミッションによる痛快な走りとともに、毎日にうれしい経済性・環境性の両立を目指しました。

PGM-FI (Programmed Fuel Injection System)

電子制御による燃料噴射装置。大気の状態やエンジン回転数などから、コンピューターが常に理想的な燃料の使い方をコントロール。燃料を最適な量とタイミングで供給し、効率良くエンジンのパフォーマンスを引き出します。

Photo : モンキー125

タイヤ&ホイール

本格的な走りも楽しめる12インチの足まわり。

“Monkeyらしさ”のポイントになっている12インチの極太タイヤを、スタイリッシュなY字スポークデザインのアルミキャストホイールにセット。軽快なハンドリングと快適な乗り心地を追求したことで、リラックスしながらもキビキビした運転が楽しめる個性的な走りのフィーリングが生まれました。

サスペンション

倒立式フロントフォーク&ツインリアショック。

スチール製モノバックボーンフレームを基本に、倒立式のフロントフォークとツインリアショックをマウント。街乗りはもちろん、郊外へのツーリングなど様々なシーンで快適な走りを楽しめるバランスを追求しました。

Photo : モンキー125
Photo : モンキー125

ブレーキ

安心感のある走りを追求したブレーキシステム。

フロントには2ポッドキャリパーを、リアにはシングルポッドキャリパーを組み合わせたディスクブレーキを採用。安定した制動フィールによる、安心感のある走りを可能にします。さらにモンキー125〈ABS〉には、フロントのみが作動するABSを装備しました。

※モンキー125〈ABS〉のリアブレーキにはABS機能は装備されていません。
※ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABSを装備していない車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できません。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます。

Photo : モンキー125〈ABS〉