検索

30万人以上が観戦に訪れる
歴史あるレース

インディアナポリス500マイルレース、通称インディ500は、一つの場所で開催され続けているレースとしては、世界で最も長い歴史を持っています。初開催は1911年で、レースは2度の大戦中を除いて毎年行われてきました。今年は102度目の開催です。F1世界選手権やル・マン24時間耐久レースも、歴史の面ではインディにかないません。

インディ500は観客動員数の多さでも世界ナンバーワンの座に君臨し続けています。全長2.5マイル(約4km)のコースは、バックストレッチを除いて背の高いグランドスタンドに囲まれていて、迫力があります。観客席の総数は一切公表されませんが、インフィールドに陣取る大勢のファンも含めれば、毎年の決勝日に集まるファンは優に30万人を超えています。それだけの人々が、毎年500マイルの長距離レースを同時体験するのです。

インディ500は、約1カ月に及ぶイベントです。5月初旬にプラクティスが始まり、決勝レースは5月末に行われます。この間には、丸1週間にわたるプラクティスと、2日間の予選が行われます。以前は、予選が2つの週末を使って行われ、その間のウイークデイにも練習を重ねていいスケジュールとなっていましたが、参戦チームの費用負担を減らすため、近年になってレースの日程が圧縮されました。それでも、一つの週末にプラクティスから決勝レースまでを行うほかのレースとは明らかに異なり、インディ500は、今年も約3週間という長期にわたって開催されます。

決勝を戦う33台に残るまでの
過酷な道のり

今年は、予選の前にプラクティスの期間として4日間が用意され、そのほぼすべての日に正午から夕方6時までという長時間にわたる走行が許されます。そして予選は週末の2日間を使い、インディ500特有のルールに従って、33のグリッドが決定されます。

インディ500の予選には、“1日で3度のアタックをしてよい”というルールがあります。通常のレースなら一発勝負ですが、インディ500では一度アタックを終えても、その記録を放棄することで、より速いタイムを出すべくアタックができるわけです。

予選初日はバンプデイと呼ばれます。全マシンが決勝進出をかけてアタックを行いますが、同時に翌日のポールデイでのグループ分けと出走順番も初日の予選で決まることになります。この予選でトップから9番手に入ったマシンには、翌日のポールデイでポールポジションを争う「ファスト9」に参加する権利が与えられます。最も遅いスピードの保持者は“オン・ザ・バブル”と呼ばれ、少しでも速いスピードを記録するドライバーが現れると、“オン・ザ・バブル”の選手は33個のグリッドから弾き出されるのです。これをバンプアウトと呼びます。この日も各エントリーが行えるアタックは3度まで。バンプアウトされる心配がないほど速い予選アタックを行える選手はいいのですが、そうでない場合は予選終了間際に、ライバルたちに逆転のチャンスを与えないギリギリのタイミングでコースインし、最後のグリッドを手に入れるという戦い方も考えられます。ただし、それを実現するためにはルールを熟知し、非常に冷静な状況判断能力を持ち、ときには運も必要です。

その翌日曜日には、決勝レースでのグリッド順を決めるポールデイが行われます。最速ドライバーが栄えあるポールポジション(PP)を手にできるのですが、インディ500の予選では一周の速さを競うのではなく、4周連続のスピードで争われます。ウイングをギリギリまで寝かせ、空気抵抗を減らしたマシンを使い、時速360kmを超えるスピードで行う4周の連続走行は、とてもデリケートです。ドライバーたちは高度なドライビングスキルを要求される上、ほかのレースとは比較にならない集中力も求められます。空気抵抗を減らすためにマシンを路面に押しつける力(ダウンフォース)を減らしたセッティングでは、気温、路面温度、風向きとその変化、風の強さ、湿度、タイヤの摩耗など、刻々と変化する状況によってマシンのハンドリングが影響を受けるため、変化を敏感に感じてドライビングを修正していかなければいけません。超のつくハイスピードでの走行には度胸も必要ですが、それ以上に冷静さ、マシンの状態を感じ取る能力、それに対応するだけの経験による裏付けも求められます。

ポールデイは午後2時45分に予選が始まり、まずは前日のバンプデイで10番手から33番手に入ったマシンがアタックを行います。そして午後5時からは、前日のバンプデイで1番手から9番手までに入った最速9人がポールポジションを争う「ファスト9」が行われます。予選終了の銃声が響き、33のグリッドが決定すると、翌月曜日から木曜日まではコース上を走行することが一切できません。ファイナルプラクティスが金曜日に開催され、土曜日は市内を巡るパレードが行われるからです。そして走行開始から3度目の日曜日には、決勝レースが盛大に行われます。

勝者の証は
シャンパンではなくミルク

インディ500は毎年5月末、メモリアルデイ(戦没将兵追悼記念日)の週末に開催されます。ピットストップを6回以上も行う長距離レースはドライバーだけでなく、マシンにとっても、チームのクルーたちにとっても過酷な戦いです。

4周連続の予選アタック、2日間にまたがる予選、バンプアウト合戦など、100年以上もの長い歴史を刻んできたインディ500には、数多の伝統、しきたりがあります。中でもユニークなのは、約1カ月にわたる死闘の末に勝者となったドライバーが、ビクトリーレーンで牛乳を飲むというものです。昨年には、Andretti Autosportから挑んだ佐藤琢磨選手が、この歴史あるレースを日本人ドライバーとして初めて制覇。ビクトリーレーンで牛乳を飲む栄誉を手にしました。

また、インディ500の優勝者は、栄誉とともに巨額の賞金を手にします。100年以上歴史を持つ500マイルレースであるインディ500は、現代に残るアメリカンドリームなのです。

INDY500

INDY500

ニュース