検索
MotoGP 第3戦 アメリカズGP 予選
2016/04/09

マルケスが2戦連続、アメリカズGPでは4年連続のポールポジションを獲得

第3戦アメリカズGPの予選は、初日から好調な走りをみせるマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、予選でも好走し、ポールポジション(PP)を獲得しました。これで、前戦アルゼンチンGPから2戦連続、アメリカズGPでは初開催から4年連続でPPを獲得しました。これでマルケスは、MotoGPクラスで32度目。3クラス通算で60度目のPP獲得となりました。

マルケスは、この日の午前に行われた3回目のフリー走行で2分3秒台の快速ラップで周回を重ねてライバルを圧倒。総合トップでQ2への進出を決めました。さらに、予選セッション前に行われるフリー走行でもトップタイムをマークすると、上位12台で行われるQ2でもすばらしい走りを披露、サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)に集まったファンを魅了しました。アメリカズGPにおいて、4年連続でPPを獲得したことで、初開催の2013年からの4連勝と、2011年、12年のMoto2時代を含め、アメリカで行われたレースでの10連勝の達成に期待が膨らみました。

初日8番手のダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、午前中のフリー走行で7番手、予選で8番手と、思うようにタイムを更新できませんでした。今大会はタイヤのグリップをうまく引き出せずに苦戦が続いています。引き続き、決勝日のウォームアップでセットアップにトライして、決勝に挑みます。前戦アルゼンチンGPでは、今季初表彰台となる3位。今大会は2戦連続の表彰台獲得を目指します。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP ポールポジション)
「ポールポジションを獲得できてとてもうれしいです。ここアメリカでは、フィーリングがよくて気持ちよく乗れています。しかし、予選では完ぺきなアタックとはならず、ヤマハの2人と接近戦になっているので、明日はミスをしないよう、ベストを尽くします。レースウイークの全体的な進み具合には満足しています。コースに出るたびに、マシンの感触が少しずつよくなりました。レースに向けてのペースもよく、戦闘力がありそうです。タイヤはとてもうまく機能しています。しかしオースティンでも、いつものように正しいタイヤを選択することがとても重要です。体力的にも、ペース的にも厳しいレースになると思います。しかし、マシンの状態がよく快適に走れているので、優勝争いができると思います」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 8番手)
「今週はここまでのところ、厳しい戦いが続いています。一生懸命取り組んでいるのですが、グリップのレベルに問題があり、速く走ることができません。午後はハードタイヤを試しましたが、ベストの走りができる状態ではありませんでした。マシンにとって最良のセットアップを見つけるのに苦戦しています。引き続きレースに向けて、一生懸命がんばります。いいスタートを切るためには、本当に集中しなければなりません」

リザルト

予選リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム
193マルク・マルケスHonda2'03.188
299J.ロレンソヤマハ2'03.257
346V.ロッシヤマハ2'03.644
429A.イアンノーネドゥカティ2'03.913
525M.ビニャーレススズキ2'04.247
635カル・クラッチローHonda2'04.265
74A.ドヴィツィオーゾドゥカティ2'04.339
826ダニ・ペドロサHonda2'04.379
941A.エスパルガロスズキ2'04.408
1045S.レディングドゥカティ2'04.485
1138B.スミスヤマハ2'04.988
1276L.バズドゥカティ2'05.159
1344P.エスパルガロヤマハ2'04.867
148H.バルベラドゥカティ2'04.944
1550E.ラバティドゥカティ2'05.425
166S.ブラドルアプリリア2'05.625
1751M.ピロドゥカティ2'05.702
1868Y.ヘルナンデスドゥカティ2'06.029
1919A.バウティスタアプリリア2'06.049
2053ティト・ラバトHonda2'06.562
2143ジャック・ミラーHonda2'05.684

PHOTO GALLERY