検索
MotoGP 第2戦 アルゼンチンGP 1日目フリー走行
2016/04/01

マルケスが首位、ペドロサが2番手。Repsol Honda Teamが好調なスタートを切る

第2戦アルゼンチンGPが、4月1日(金)に、アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで開幕しました。開幕の前日は青空が広がり、最高気温は32℃を記録。開幕初日はさらに気温が上がり35℃という猛暑となりました。加えて、湿度も高く、選手にもマシンにも厳しい条件の一日となりました。

今年で3年目を迎えるアウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドは、使用頻度が少ないため、セッションをこなすごとに路面のグリップが上がり、トップタイムが大きく更新されやすいのが特徴となっています。昨年の大会でも、初日のフリー走行から決勝までの間に、トップタイムが約3秒更新されました。今年は、気温も路面気温も高く、タイヤに厳しい条件となり、さらにバンピーな部分が増えたことで、全体的に昨年のタイムに比べて、2秒ほど遅いタイムとなりました。

その厳しい条件の中で、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、気温が26℃の1回目のセッションで2番手、35℃の猛暑となった2回目のセッションでは、トップタイムをマークしました。3年連続となるポールポジションの獲得に向けて、大きく前進しました。マルケスに続いたのが、チームメートのダニ・ペドロサで、マルケスから0.025秒差の2番手。Repsol Honda Teamとしては今季初の1-2スタートとなりました。

ペドロサは、昨年の大会、右腕の手術のため欠場しています。今年は2年ぶりのアルゼンチンGP出場となりますが、初開催となった2014年は、マルケスに続いて2位でフィニッシュ。今年は、2年ぶりのRepsol Honda Teamの1-2フィニッシュが期待されます。

以下、ジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)が4番手、カル・クラッチロー(LCR Honda)が5番手と続き、“HondaRC213V”がトップ5に4台入るという、すばらしいスタートとなりました。ルーキーのティト・ラバト(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は18番手でしたが、フィーリングはよく、2日目のタイムの短縮とポジションアップが期待されます。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 1番手)
「今日は少し奇妙な一日になりましたが、最後はいい感触となり、トップタイムでフィニッシュすることができました。レースウイークを通して、コンディションはかなり変わると思います。期待したほどではありませんが、最初のセッションから次のセッションまでの間に、路面がよくなったのがわかりました。今日は、路面コンディションが昨シーズンより悪いので、昨年のタイムとはかなり差があります。しかし、これはみんなも同じなので、できる限りこの状況にマシンを合わせていきたいと思います」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 2番手)
「今日はドライコンディションで走ることができました。路面はとても汚れていました。そのため、タイムが思ったより少し遅かったです。それでもマシンのセットアップに一生懸命取り組みました。そして明日雨が降った場合に備えてタイヤのテストも行いました。ポジティブな1日になりましたが、明日も引き続き前進できるようにがんばります」

ジャック・ミラー(MotoGP 4番手)
「今日の結果にとても満足しています。マシンの状態はとてもよく、ベストタイムだけではなく、ユーズドタイヤでのロングランでもいいラップを刻めました。路面コンディションは、周回するごとに変化しましたが、それに合わせて走ることができました。この調子を決勝までキープしたいです。今日はロッシの後ろを走っているときに、8コーナーであやうく接触しそうになりました。何もなくてよかったです」

カル・クラッチロー(MotoGP 5番手)
「今日は路面コンディションが悪く、スリッピーで、路面との接地感を感じ取るのが難しい一日でした。しかし、全体的には、それほど悪い一日ではなかったと思います。今日はHonda勢全体がよくて、とてもうれしい一日でした。チームはいい仕事をしてくれました。しかし、データをしっかり分析して評価しなくてはいけない部分もあります。ベストなタイヤを選択するためにも、しっかり話し合わなければなりません。明日もしっかりテストに取り組んで、今日のようないい日にしたいです」

ティト・ラバト(MotoGP 18番手)
「18番手という順位ですが、自分としてはとても有意義な一日でした。トップとのタイム差はあるし、トップグループのライダーたちは信じられないくらい速いのですが、マシンのフィーリングがとてもよくて、着実に前進することができました。今日はHonda勢がみんな速かったし、それが、とても励みになりました。明日はその差を縮め、ポジションを上げられるようにがんばります」

リザルト

1日目フリー走行リザルト
順位 No. ライダー マシン タイム/差
193マルク・マルケスHonda1'41.579
226ダニ・ペドロサHonda+0.025
325M.ビニャーレススズキ+0.468
443ジャック・ミラーHonda+0.796
535カル・クラッチローHonda+0.872
645S.レディングドゥカティ+0.879
746V.ロッシヤマハ+0.986
841A.エスパルガロスズキ+0.997
938B.スミスヤマハ+1.016
104A.ドヴィツィオーゾドゥカティ+1.056
118H.バルベラドゥカティ+1.085
1250E.ラバティドゥカティ+1.145
1344P.エスパルガロヤマハ+1.195
1499J.ロレンソヤマハ+1.240
1529A.イアンノーネドゥカティ+1.374
1676L.バズドゥカティ+1.475
1768Y.ヘルナンデスドゥカティ+1.663
1853ティト・ラバトHonda+1.959
1919A.バウティスタアプリリア+2.221
206S.ブラドルアプリリア+2.313
RT51M.ピロドゥカティ-

PHOTO GALLERY