検索
MotoGP 第16戦 オーストラリアGP 1日目フリー走行
2015/10/16

不安定な天候の中で、マルケスが首位発進。ペドロサは6番手

日本GPからの連戦となる第16戦オーストラリアGPのフリー走行は、目まぐるしく天候が変化する、難しいコンディションの中で行われました。MotoGPクラスの1回目、2回目のフリー走行は、ともにドライコンディションで行われ、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)がトップタイムをマークして初日を終えました。

マルケスは、小雨がぱらつく午前中のセッションで2番手。青空がのぞいた午後のセッションでは、決勝に向けたセットアップに取り組み、1分29秒台のハイペースで連続周回をこなしました。午前から午後にかけて行った、セッティングの変更がタイム短縮に大きく貢献。日本GP前に負傷した左手甲の状態はまだ完全ではありませんが、今季5勝目に向けて、大きく前進しました。

前戦の日本GPで今季初優勝を達成したダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、小雨と強い風の中で思うようにセットアップを進められず、青空がのぞいた午後の走行ではグリップ不足を解消できず、6番手に終わりました。しかし、予選と決勝に向けて多くのデータを獲得。2日目のフリー走行と予選で、再び上位狙う意気込みです。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 1番手)
「全体的にいい一日になりました。午前中は、小雨がぱらつく微妙なコンディションでしたので、慎重に走らなければなりませんでした。しかし、速いペースで走ることができました。午後のセッションは、決勝レースに近い時間帯であったこともあり、セットアップに集中して前進することができました。今大会もホルヘ(ロレンソ)がとても速いです。しかし、我々もいい状態になってきたし、ペースも一発のタイムも悪くはありませんでした。今日、最も大事だったのは、セットアップがいい方向に向かっているということでした」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 6番手)
「今日は、予選と決勝に向けて、左右非対称のフロントタイヤをテストしながらセットアップに取り組みました。しかし、コンディションが不安定で思ったようにセットアップを進めることができませんでした。午後はいくらかいい状態でしたが、思ったほどグリップせず、セッティングも進みませんでした。明日は天候がよくなりそうなので、引き続きセットアップに取り組みたいです」

リザルト

1日目フリー走行リザルト
順位 No. ライダー マシン F/O タイム/差
193マルク・マルケスHondaF1'29.383
299J.ロレンソヤマハF+0.050
325M.ビニャーレススズキF+0.135
429A.イアンノーネドゥカティF+0.161
535カル・クラッチローHondaF+0.196
626ダニ・ペドロサHondaF+0.493
79D.ペトルッチドゥカティF+0.638
838B.スミスヤマハF+0.649
946V.ロッシヤマハF+0.658
1041A.エスパルガロスズキF+0.730
1143ジャック・ミラーHondaO+0.744
1269ニッキー・ヘイデンHondaO+0.801
138H.バルベラドゥカティO+0.895
144A.ドヴィツィオーゾドゥカティF+1.068
1544P.エスパルガロヤマハF+1.169
1668Y.ヘルナンデスドゥカティF+1.277
1745スコット・レディングHondaF+1.390
1850ユージン・ラバティHondaO+1.527
1919A.バウティスタアプリリアF+1.877
2063M.ディ・ミリオドゥカティO+1.956
216S.ブラドルアプリリアF+2.194
2224T.エリアスYAMAHA FORWARDO+2.739
2376L.バズYAMAHA FORWARDO+2.926
2413アンソニー・ウエストHondaO+3.209
2555D.カドリンARTF+5.096

PHOTO GALLERY