検索
MotoGP 第11戦 チェコGP 1日目フリー走行
2015/08/14

マルケス2番手、ペドロサ4番手で初日を終える。厳しい暑さの中、Repsol Honda Teamの両選手が貴重なデータを獲得

インディアナポリスGPから2連戦となった第11戦チェコGPのフリー走行は、最高気温33℃という厳しい暑さの中で行われました。ブルノは森に囲まれたサーキットで、体感温度は実際の気温よりもかなり高くなります。ピットでの計測では、気温は40℃近くまで上昇。ライダーにとっても、タイヤにとっても厳しい一日となりました。

その厳しい条件の中で、転倒者も多くなりました。ドイツGP、インディアナポリスGPに続き、3連勝を狙うマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、午前中のセッションでは7コーナーで、午後のセッションでは9コーナーで転倒を喫しました。しかし、ベストタイムもアベレージも更新することに成功し、2番手で初日を終えました。

この日のベストタイムはホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)が午前中にマークしたタイムでした。コンディションが厳しくなった午後のセッションでは、マルケスがベストタイムを更新してセッションのトップタイムをマーク。総合2番手は変わりませんでしたが、土曜日に向けて大きなステップを刻みました。

ダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)は、午前中にマークしたベストタイムで4番手につけました。ペドロサは、午後のセッション3周目の14コーナーで転倒を喫します。原因はフロントフォークからオイルが漏れ、それがリアタイヤに付着したためで、不運の転倒となりました。ペドロサは、このアクシデントで左足を強く打ちましたが、幸いにも骨折はありませんでした。転倒により午後のセッションを無駄にしてしまったペドロサですが、気持ちを切り替えて土曜日のフリー走行と予選に挑みます。

コメント

マルク・マルケス(MotoGP 2番手)
「今日はとてもポジティブな一日でした。このサーキットは簡単ではないのですが、多くの貴重なデータを得ることができました。今日は1周のラップタイムはよかったのですが、それをキープするのがとても難しかったです。FP2ではトップタイムをマークできたし、連続周回でアベレージを上げることにも成功しました。(ホルヘ・)ロレンソが速いタイムで周回しているので、それはとても重要なことでした。午後の走行では、ロレンソのペースに近づくことができました。明日はさらにペースを上げて、その差を縮めたいと思います」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 4番手)
「フロントフォークにトラブルがあり、そのトラブルで出たオイルがリアタイヤにかかって、転倒してしまいました。この転倒で左足を強く打ちました。左足首のレントゲンを撮ってチェックしましたが、幸いなことに骨折はありませんでした。ただ、打撲がひどいので、しっかり処置し、明朝に状態を見てみます」

リザルト

1日目フリー走行リザルト
順位 No. ライダー マシン F/O タイム/差
199J.ロレンソヤマハF1'56.589
293マルク・マルケスHondaF+0.014
329A.イアンノーネドゥカティF+0.251
426ダニ・ペドロサHondaF+0.285
54A.ドヴィツィオーゾドゥカティF+0.322
646V.ロッシヤマハF+0.539
744P.エスパルガロヤマハF+0.579
838B.スミスヤマハF+0.638
941A.エスパルガロスズキF+0.703
1035カル・クラッチローHondaF+0.730
1168Y.ヘルナンデスドゥカティF+1.045
129D.ペトルッチドゥカティF+1.076
1325M.ビニャーレススズキF+1.108
148H.バルベラドゥカティO+1.219
1545スコット・レディングHondaF+1.361
166S.ブラドルアプリリアF+1.985
1743ジャック・ミラーHondaO+2.013
1869ニッキー・ヘイデンHondaO+2.050
1963M.ディ・ミリオドゥカティO+2.090
2050ユージン・ラバティHondaO+2.157
2119A.バウティスタアプリリアF+2.170
2276L.バズYAMAHA FORWARDO+2.179
2315A.デ・アンジェリスARTF+3.181
2471C.コルティYAMAHA FORWARDO+3.575
2517カレル・アブラハムHondaO+4.762

PHOTO GALLERY