検索

Round01-02日本岡山国際サーキット

FIA-F4 決勝

2018年04月07日(土)-08日(日)

名取鉄平が開幕戦を、角田裕毅が第2戦を制する

4月7日(土)~8日(日)、岡山国際サーキット(岡山県)でFIA-F4選手権シリーズが開幕しました。HFDP(ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)からは角田裕毅、名取鉄平の2人が参戦しました。角田は2年目、名取は1年目のシーズンです。土曜日午前中に行われた公式予選では角田が第1戦、第2戦のポールポジションを獲得しました。

シリーズ第1戦は、土曜日の午後に開催。スタート直後、接触により角田がリタイアしましたが、予選3番手の名取が2番手へポジションアップ。さらには11周目に先頭車両をオーバーテイクして首位に立つとそのままフィニッシュし、初優勝を遂げました。

日曜日の午前中に開催されたシリーズ第2戦では、ポールポジションからスタートした角田が危なげなく首位に立つと周回毎に後続を引き離して独走に持ち込みました。後方では名取が3番手につけましたがペースが上がらず、11周目に4番手へ後退。角田は独走のまま15周を走りきり今季初優勝を遂げ、HFDPは開幕2連勝を飾ることになりました。名取は4位に入賞し、それぞれ選手権ポイントを獲得しました。

コメント

名取鉄平(優勝/4位)
「第1戦決勝ではスタートで失敗して順位を4番手まで落としてしまいましたが、運よく2番手に上がれたので、後半チャンスを探して走り、ここが勝負だと思って攻めた結果、首位に出られました。前半落ち着いて走り、首位に立ってからも冷静に自分のペースを維持できました。この流れで、チャンピオンに向けてポイントを重ねていきたいと思います」

角田裕毅(リタイア/優勝)
「スタートで失敗しなければ勝てると自信を持っていました。少し後ろから攻められたのですが、1コーナーをトップで駆け抜けられたので、その後はレース中のコースレコードを狙って全力でプッシュし続けました。前に出てからは何も不安はありませんでした。第1戦で無得点だったのが痛いですが、焦らずに少しずつポイントを獲ってチャンピオンにつなげたいと思います」

リザルト

Round 01

順位 No. ドライバー チーム 周回数 タイム/差
16名取鉄平HFDP/SRS/コチラレーシング15 23'28.165
225細田輝龍DRPF415 +2.467
316澤田真治 MediaDoADVICS影山F110 15 +3.030
455金澤力也 SPASHAN Works Racing 15 +9.411
536小川颯太FTRSスカラシップF415 +10.052
639浦田裕喜SACCESS RACING F415 +10.627
RT5角田裕毅HFDP/SRS/コチラレーシング 0 +15Laps

Round 02

順位 No. ドライバー チーム 周回数 タイム/差
15角田裕毅HFDP/SRS/コチラレーシング1523'15.843
225細田輝龍DRPF415+16.174
316澤田真治MediaDoADVICS影山F11015+19.685
46名取鉄平HFDP/SRS/コチラレーシング15+20.279
555金澤力也SPASHAN Works Racing15+21.651
636小川颯太FTRSスカラシップF415+23.737

ポイントランキング

ドライバー

順位 No. ドライバー チーム 総合ポイント
16名取鉄平HFDP/SRS/コチラレーシング37
225細田輝龍DRPF436
316澤田真治MediaDoADVICS影山F11030
45角田裕毅HFDP/SRS/コチラレーシング25
555金澤力也SPASHAN Works Racing22
636小川颯太FTRSスカラシップF418

ランキング詳細

フォトギャラリー

モータースポーツ >  Dream Challenge > 2018 第1・2戦 岡山国際サーキット 決勝 (FIA-F4)

ニュース